【ネタバレ】映画「007/サンダーボール作戦」(3)

バンバン、キスキスバンバン、キスキスバンバン大好き



007 サンダーボール作戦 アルティメット・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007 サンダーボール作戦 アルティメット・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




見どころ:鮫のプールに落ちて

ラルゴの邸に潜入したボンド、手下の1人ともみあってプールに落ちる。
ここでラルゴが「ピコーン(顔文字略)そうだ、ボンド鮫のエサにしよう」
そういう回りくどい殺し方を選ぶから、いつも逃げられるんだよ!
まずプールをシャッターで封鎖、鮫飼育用プールとのゲートを開く。
(なんのために、こんな構造になってるんだか・・・)
ボンド携帯用ボンベ(4分間呼吸可)を使い、辛くも脱出。

撮影時、ガラス板でプールを区切って、コネリー側とのいる側に分ける予定だったが、ガラスが1枚足りず、1mの隙間から鮫が入ってきてコネリーは「どひゃーっ」となったらしい。(ひどい話・・・)
と遭遇して驚くショットは、演技ではなかったのだ。
こういうことが積み重なって、コネリー「ボンドなんかやってられねえ!」と思うようになったんだろうね。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_2.html


見どころ:フィオナとの情事

ホテルに戻ったボンド、隣の部屋(ポーラの部屋)のバスルームには、ちゃっかり女殺し屋フィオナが。
ベッドインする2人、だがラルゴの手下ボンドを連行すべく現れる。
「私と寝られて良かった?」というフィオナの問いに、「国家への勤労奉仕だ」と軽く流すボンドがナイス。
ここで流れる主題歌のスロー・インストもアダルトな雰囲気で良い。

さらに詳しいネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201502/article_5.html


見どころ:パレードに紛れて逃走

外はお祭り、「ジャンカヌー」のカーニバル。
酔っ払いが「飲みなよ!」と差し出す酒と、フィオナのタバコの火を利用して脱出するボンド、カーニバルに紛れて逃げ回る。
後の作品で登場する「リオのカーニバル」「パリオ」の先駆けとなるシーンですな。
ボンドの行く先々でイベントが開催される!

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_11.html


見どころ:キスキスバンバンを踊りながら

ダンス・パーティー真っ盛りのクラブに逃げこむボンド
ここで流れる曲は、本来主題歌となるはずだった「ミスター・キスキスバンバン」のインスト。
「ゴールドフィンガー」と同じく、ジャズの素養のあるジョン・バリーが手がけた演歌っぽいテイストの名曲なのですが、映画のタイトル「サンダーボール」が歌詞にまったく出てこないということで、ボツになったそうです。
「シェイクン、ノット・スティアード」という記念CDに収録されてますよね。

さて、キスキスバンバンといえば、誰もがチキ・チキ・バン・バンを連想するわけですが。
007の原作者イアン・フレミングが1964年に書いた子供向け物語「空飛ぶ自動車(チキ・チキ・バン・バン)」、発表時期が本作の撮影期間とかぶってますなあ。
キスキスバンバンが先か、チキチキバンバンが先か、ちょっとわからないですのでWikiを見てみると、なんとチキチキバンバン(正確にはChitty Chitty Bang Bang)は1920年代に実在したレーシングカーだって。
あの有名な歌が登場するミュージカル映画「チキ・チキ・バン・バン」は1968年なので、歌としては「ミスター・キスキスバンバン」が先ですけどね。
最近、バリバリバンバンなんてCMもやってますな(笑
管理人もアイポンですが、ソフトバンクつながらないですけどねー。

それはそれとして、ここでフィオナに捕まるボンド
が、ボンドを狙った銃弾はフィオナの命を奪うのだった。

さらに詳しいネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_3.html


見どころ:鮫の海に爆撃機発見

沈んだ爆撃機を探索して、ヘリで飛び回るボンドライター
ゴールデン・グロットという海域名にピンときて(ラルゴが飼育してるの品種と同じ名前)、よく調べると、カモフラージュされた爆撃機を発見!
がウヨウヨ泳ぐ海に潜って、操縦席を調べるボンド
非常に英国冒険小説っぽい雰囲気の場面です。
パイロットのドッグタグと腕時計を回収。


見どころ:海底でドミノとデート

水中でドミノとランデヴーするボンド、浜に上がる際、ドミノがウニを踏んでしまう。
口で棘を吸いだしてやるボンド、なんかいやらしい。
ドミノ役のクローディーヌ・オージェは、映画解説者の水野晴郎氏が1番好きと言っていたボンドガール。
「ボクもドミノの足ペロペロしたい!」と思いながら見ていたかもしれません。

ボンドは回収したドックタグと腕時計を見せる。
兄の死を悟って涙するドミノ

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201502/article_2.html


見どころ:ヴァーガスを仕留める

そこへ、こっそり接近するヴァーガス
銃にサイレンサーを装着しています。
振り向きざま、ボンド水中銃の一撃で仕留める。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_15.html


見どころ:原爆を運び出す

ドミノのくれたヒントによって、ラルゴ・チームの集合場所を知ったボンド、チームの一員になりすまして、行動をともにする。
とある岩礁の下に、原爆の隠し場所を発見!
が、ラルゴに見つかり、チームの1人と格闘。
その間にラルゴたちは原爆を運び出し、ゲートを閉め、ボンドを閉じこめてしまう。


#04 007/サンダーボール作戦

1 ついに完成した黄金パターン、南国の海で007祭り!
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_18.html
6 本格的プレタイトル・アクションでスーパー秘密兵器時代到来
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_23.html
5 「暗号名サンダーボール作戦だ」1度は言ってみたい、このセリフ
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_22.html
4 初の出張Qラボ、初の女殺し屋、初の水中アクション
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_21.html
3 バンバン、キスキスバンバン、キスキスバンバン大好き
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_20.html
2 驚異の海底バトル、これ本当に50年近く前の映像か!?
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_19.html
7 *** シリーズ第4作「サンダーボール作戦」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_1.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2016年12月12日 20:05
>そういう回りくどい殺し方を選ぶから、いつも逃げられるんだよ!

あっはっはっこれまた、あうちさんらしいコメントです

>「汚れた俳優」も草刈さんなんでしょうか・・・

当時、彼は○麻疑惑がありました。そして「汚れた英雄」の試写会。キャストもスタッフも列席
司会者が「それではこの素晴らしい映画をご覧下さい。タイトルは『汚れた俳優』です。」
一同「・・・・・。」
司会者「あっこれはシャレになりませんね
ビートたけしさんがオールナイトニッポンで話していた事です

>実際に裁判ではマクロリーが勝った
>ブロッコリファミリーは彼のせいでメチャクチャになった

不死身のジェームズ・ボンドでも解決できない問題ですな

マクロリーやブロッコリから見れば本当に貧乏で低賃金労働者の蟷螂の斧。
今日もクタクタです・・・
あうち
2016年12月12日 22:14
とうろうさん、今日もお疲れ様です。
お体だけは気をつけてください・・・

どひゃー「汚れた英雄」はそんなことがあったですか!
しかし逮捕されなかったところを見ると、シロだったということですかね・・・
最近同じような事件があったばかりですが、あの人もあわてて引退しなくてもよさそうなものですが・・・

ところで話が変わりますが、最近知った話ですが「テレマークの要塞」という戦争映画で「女王陛下」よりも早くスキーアクションが登場したそうです。(ユーチューブで探してもスキーのシーンはなかった)
とうろうさんはこの映画、見たことありますか?
蟷螂の斧
2016年12月13日 21:11
>「テレマークの要塞」

未見ですすみません。

>あの人もあわてて引退しなくてもよさそうなものですが・・・

慌てた理由は?

>「汚れた英雄」はそんなことがあったですか!

「汚れた俳優事件」のちょっと前。またまたビートたけしさん草刈さんの弁明記者会見について。
たけしさん「あの会見は笑ったね。『私は絶対にやってませんやってませんよ・・・・(間を置いて)外国でもやってません』あんなもん○麻をやってるって言ってるようなもんじゃねーか
高田文夫先生「ギャハハハッ(爆笑)」
昭和の時代だからこそ許された会話かも?

>コネリーは「どひゃーっ」

このエピソードを書いてる本。結構あるようですね
ジェームズ・ボンドが不死身なのは映画の中だけかな?
あうち
2016年12月13日 22:23
とうろうさんも未見でしたか。
もしスキーアクションの動画が見つかったらお知らせします。

あれだけあわてたってことは、やはり黒なんでしょうか・・・
個人的には海外で大麻をやるくらいならOKかと思います。(海外で吸っても日本国籍である限り違法らしいですね)
草刈正雄やっぱりやってたのか笑
でもコカインとなるとマフィアとかからんでくるし犯罪性が高くなりますなー
例のフライデー報道の人は海外に逃げてるらしいけど

そりゃサメと正面から遭遇すれば笑
蟷螂の斧
2016年12月14日 19:19
>草刈正雄やっぱりやってたのか笑

どうなんでしょう?次の行は怖過ぎます・・・

>そりゃサメと正面から遭遇すれば笑

遭難しなくて良かった。
撮影中の事故と言えば「トワイライトゾーン」を思い出します。コンバット・・・

>コネリーも「ボンドなんかやってられねえ!」

懸命な選択だと猪俣勝人先生が言ってました。
日野康一先生曰く「ボンド役に飽き飽きしたコネリーが、嬉しそうに生き生きと演技している」作品「素晴らしき男」一度見たいです「楽しい小品」だそうです。
あうち
2016年12月14日 22:29
「素晴らしき男」ですか。私も見かけたらチェックします。
「風とライオン」のコネリーもイキイキしてましたねえ。

サンダース軍曹ですね・・・
どうりであの話、中途半端なところで終わってると思いました。
「トワイライトゾーン」もレビューしてますので、よかったらどうぞ。
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_10.html

この記事へのトラックバック