【ネタバレ】「霧の高みの不思議な家」H・P・ラヴクラフト

THE STRANGE HIGH HOUSE IN THE MYST (1926)
Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集7 (創元推理文庫)
東京創元社
H・P・ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集7 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ 海の神々

いよいよラヴクラフト全作品ネタバレビューもコンプリート間近となってきました。
この後、残すは「超時間の影」「カダス」のみです!
これまで気持玉をクリックしてくれた皆さま、ありがとうございます。
本作もラヴ先生との別れにふさわしい、切なさを感じる怪奇というよりファンタジーな一編。

「魔宴」の舞台となった港町キングスポートが再び登場するほか、「恐ろしい老人」「ウルタールの猫」など、いろいろな過去作品とリンクしています。(恐ろしい老人がいい人になっててワロタwww)
キングスポートを流れるミスカトニック河が海に注ぐ辺り、海に張り出した断崖の上に不思議な一軒家があった。
誰が住んでるのかも不明だし、当然地元の人間から恐れられている。
町に引っ越してきた哲学者オウルニイは、この家に興味を持ち、訪ねてみようとするが、なんと!
張り出した断崖に通じる道は1本もない。
この家には、海に向かって、つまり何もない空中に面して、ただ1つのドアがあったのだ・・・


★衝撃の結末★

オウルニイは道なき道をよじ登り、どうにか不思議な家に到着。
中は無人のようだが・・・ その時、ただ1つのドアが開いて、何者かが「帰って」きた。
隠れていたオウルニイは見つかってしまい、中へ招待される。
空中に面したドアから帰宅した「家の主人」は、優しい声をした不思議だが親切な人物で、アトランティスの時代まで遡る古代の物語を、オウルニイに語ってきかせる。
やがて、ドアがノックされ、ネプチュ-ン、トリトンをはじめとする海神たちが入ってきた。
この中に、後にクトゥルウ神話で唯一人間の味方となる神ノーデンスも混ざってます。(「ニャル子さん」にも登場しましたね!)
オウルニイ家の主人とともにノーデンスの巨大な貝殻に乗りこみ、天空へと旅立って、不思議で素晴らしい体験をするのだった。

やがてオウルニイは自宅へ、家族のもとへと帰ってくるが、その目が輝くことは2度となかった。
神々と、あまりに楽しく素晴らしい体験をしたので、オウルニイの魂は永遠に、崖の上の不思議な家に残ったままなのだ。
家族とともに過ごし、仕事をこなすオウルニイは、もはや魂の抜け殻にすぎないのだ。

現実の生活や人間同士の関わりには何の価値もなく、夢こそが唯一美しく価値のあるものだというラヴ先生の強烈な現実否定が本作でも健在です。
ラヴ先生の愛読者になる人って、多かれ少なかれ現実と折り合いがうまくつけられないタイプの人たちなんでしょうね・・・




シスレー 「ポールマルリーの洪水」 原画同縮尺近似(4号) sisler-02-02
(世界の名画)プリハード株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シスレー 「ポールマルリーの洪水」 原画同縮尺近似(4号) sisler-02-02 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



コンスタブル 「ソールズベリー大聖堂」 原画同縮尺近似(8号) constable-01
(世界の名画)プリハード株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンスタブル 「ソールズベリー大聖堂」 原画同縮尺近似(8号) constable-01 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



コンスタブル 「水門を通る船」 原画同縮尺近似(10号) constable-03-03
(世界の名画)プリハード株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンスタブル 「水門を通る船」 原画同縮尺近似(10号) constable-03-03 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック