ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「未知なるカダスを夢に求めて」H・P・ラヴクラフト(後編)

<<   作成日時 : 2014/01/30 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

THE DREAM-QUEST OF UNKNOWN KADATH (1927)
Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫)
東京創元社
H・P・ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




前編のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201401/article_15.html

では続きをどうぞ。


6、猫たちに囲まれて地球へジャンプするカーター、気がつくと大都ダイラス・リーンの宿屋のベッドに横たわっていた。
あらためて帆船に便乗させてもらい、オリアブ島へ出航。
途中、海底に沈んだ都の上を通過。
「神殿」に登場する海底都市か?)
「忘れられた夢の国ザル」を目指す帆船とすれちがう。
「白い帆船」エントリーを参照)

7、オリアブ島に上陸、ングラネク山を目指す。
危険な登山の末、ついに岸壁に刻まれた巨大な「神の顔」を目にする。
なんと、その顔は・・・
これ↓

( `ハ´)アイヤー 「神の顔」とは細目の中国人顔だったアルか!

と、その時・・・ 蝙蝠の翼をもつ真っ黒いノッペラボウ「夜鬼(夜魔、ナイト・ゴーント)」の群れがカーターを襲い、空中へ拉致する!
「ニャル子さん」第1話から登場するも、すっかりザコ・モンスターとなってしまったナイト・ゴーントですが、その得意技は「くすぐり攻撃」(笑)
しかしゴムのような感触の、目も口もない真っ黒な人にくすぐられるって、けっこう不気味ではないでしょうか。

8、ナイト・ゴーントどもはカーターを恐ろしい伝説のトォーク山脈に置き去りにする。
ここは巨大なドール族が這い回る領域であるが、食屍鬼(グール)の領域との境界も近い。
カーターは元は人間だったピックマンという食屍鬼と友人関係にあったので、食屍鬼と接触、助けを求める。
「ピックマンのモデル」エントリー参照)

9、ピックマンの仲間である3匹の食屍鬼の案内で、口が縦に裂けた怪物ガグの街を通り抜ける。
カンガルーのような獣ガーストの襲撃をかわしながら巨大な塔を登りきり、石の蓋を開けると、そこは2で訪れた「魔法の森」であった。
なんかロール・プレイング・ゲームみたいやなー。

10、3匹の食屍鬼に助けてくれた礼を言い、別れたカーターは、光の都セレファイスを目指す。
「セレファイス」エントリー参照)
セレファイス猫の長老と接触、いろいろと情報をもらう。
現世では悲惨な最期を遂げた「セレファイス」の主人公クラネスとも会見。

11、セレファイスの港に「凍てつく薄明のインクアノク」からの船が到着。
その乗組員たちこそ、細目の中国人顔、神々の子孫だったのだ。
カーターは彼らと交渉、インクアノクへ帰国の際に同乗させてもらうことに。

12、おそらくチベットあたりをイメージしたと思われるインクアノク縞瑪瑙の都に到着。
カーターはヤク(チベットに生息する実在の動物)を借り受け、北へ北へと進んでいく。
ここで像よりも巨大で馬のような頭部を持つ怪物「シャンタク鳥」の襲撃を受ける。
シャンタクを操ってるのは、かつてダイラス・リーンでカーターを誘拐した怪しい商人
またしてもカーターを連れ去る。

画像


「ニャル子さん」に登場する「シャンタッ君」のおかげで、今ではすっかり可愛いイメージになってしまったシャンタク鳥ですが(笑)
シャンタッ君の声を「ジャッジメントですの」「すばらっ」などの名セリフでおなじみ新井里美さんがやっていたとは、気づかなかったわー。
新井さん「イスの大いなる種族」の声もやってらっしゃいましたね。

13、「凍てつく荒野レン」石造修道院に連れてこられたカーター、おぞましい大神官の前に引き出される。
ここでカーターの反撃、怪しい商人「ガグの棲む地下世界」へと通じる穴に突き落とし、脱出。
自らも暗黒の穴に落ちる。

14、穴を滑り落ちて、出てきた場所は死都サルコマンドの遺跡。
そこでは、かつて助けてくれた3匹の食屍鬼が、月世界のヒキガエル状生物に拷問を受けていた。

15、カーターナイト・ゴーントを利用して食屍鬼の集落まで飛んでいき、ピックマンとともに救助部隊を編成。
カーターの指揮でヒキガエル状生物を攻撃、攻め滅ぼす。
ナイト・ゴーント善神ノーデンスに仕える怪物であり、食屍鬼とも協力関係にあるらしい。

16、ピックマン食屍鬼ナイト・ゴーントを護衛に付け、カーターを神々の座すカダスまで送り届けると約束。
ナイト・ゴーントを乗物にして、一隊は北へと飛んでいく。
インクアノクの大山脈を越える時、超巨大なガーゴイルの石像が追ってくる。
これをかわすため、一気に高度を上げると、恐るべき宇宙の気流のような力に捕まり、一隊は「未知なるカダス」の山頂にある巨大な塔に引き寄せられるのであった。(カダスって山の名前だったのね・・・ チベットの聖なる山カイラスがモデルかな?)

17、ついにカダスへと到着したカーター、しかし巨大な塔の内部に、願いを聞いてもらうはずの神々はいなかった。
かわりに現れたのは、人間の姿をした「這いよる混沌ニャルラトホテプ」カーターに語っていわく、
カーターがもう1度訪れたいと願う「壮麗きわだかな都」とは、カーターが幼少期の思い出をもとに、想像力で作り出した夢の都に他ならぬ。
その都があまりに美しいので、本来ならこのカダスにいるはずの神々が、皆そろって夢の都に引っ越してしまい、自分たちの仕事も忘れ、カダスに戻ろうともしない。
カーター、いっちょお前が夢の都まで行って、神々にカツを入れて、このカダスまで連れ戻しておくれ。
というわけなので、カーターシャンタク鳥に乗せられ、自らの想像力が作り出した、あれほど訪れたいと望んだ夢の都に向け、出発するのだった。

18、しかしシャンタク鳥が真っ直ぐに向かったのは、夢の都ではなく、狂った神アザトースが待ち受ける宇宙の中心・・・
ニャルラトホテプは、カーターにまんまと一杯食わせたのである。
人間の分際でカダスまでやってきたカーター夢の世界のマスターとなりつつあるカーターを永遠の狂気に落とすべく、アザトースの玉座へと追いやったのだ!
性格が悪すぎ、ニャルラトホテプ


★衝撃の結末★

カーターシャンタク鳥から飛び降り、宇宙の深遠へと落下していく。
善神ノーデンスが彼を救い、「壮麗きわだかな都」に着地させる。
ついにたどり着いたその都、それはカーターが少年時代を過ごしたニューイングランドの町の記憶であった。

ここでカーターは、ボストンの居室で、長い夢から目を覚ます。
遥かなるカダスでは、ニャルラトホテプ神々カダスに連れ戻し、激しく罵るのであった。

ラヴクラフトのエントリーは、この後もうちょっと続きますぞ。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】「未知なるカダスを夢に求めて」H・P・ラヴクラフト(後編) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる