【ネタバレ】映画「エイリアン」

ALIEN (1979)



エイリアン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
2012-07-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エイリアン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえないずら

前エントリー「遊星からの物体X ファスコン」に続きまして、冬のモンスター祭り第2弾「エイリアン」でーす。
「ロッキー」のラストでシルベスター・スタローン「エイリアーーーン!」と叫ぶので召喚されてしまった「エイリアン」
今さらネタバレとか、マヌケな感じがしますな・・・

エイリアンをデザインしたのは天才画家H・R・ギーガー
彼はクトゥルウ神話に登場する魔道書から名前を取った「ネクロノミコン」という画集を出版しており、この画集を見たリドリー・スコット監督が衝撃を受け、彼を抜擢したそうだ。
(かつて国書刊行会が出してたラヴクラフト全集は、この「ネクロノミコン」カバー絵にしていたので、本屋で買うのもためらわれる異様で禍々しい装丁になってましたな)
主役のエイリアンだけでなく、遺跡と化した巨大な宇宙船のセットなどもギーガーの仕事で、それまでのSF映画と一線を画す悪夢のような生々しい雰囲気をかもし出しており、これだけでもこの映画を作った価値があるというもの。
ま、ヴィジュアル的な素晴らしさには目を見張るが、映画として、そんなに面白いわけじゃないんですよねえ・・・
同じリドリー・スコット監督の「ブレードランナー」もそんな感じでしたな。


*** ネタバレあらすじ ***

宇宙貨物船ノス・・・ノモ・・・なんとか号
救難信号をキャッチ、ある星に着陸
そこにはギーガーのデザインした巨大宇宙船
大柄な宇宙人(服のサイズ6Lくらい)の死体
ここだけで、もうおなかいっぱい
ジョン・ハートでかい卵が並んでる部屋を発見
が開いてジョン・ハートの顔にグバアッ
ちなみにジョン・ハート「コンタクト」宇宙人を発見するプロジェクトのスポンサーになった人、「こんなことになるんだったら、スポンサーになるんじゃなかった」と悔やんでも遅い
顔にエイリアンの子供を貼り付けたまま、
ジョン・ハートは宇宙船に収容される
しばらくすると子供は自然に外れて、
ジョン・ハートは元気になる
しかし食事中・・・ うえっ・・・ ジョン・ハートの腹から・・・
腹から・・・ チ○ポが! チン○がコンニチワ!

それは○ンポではなく、エイリアンの子供が産みつけた卵から孵化した子供エイリアンだった。
こうして宇宙船内に侵入したエイリアン、乗組員たちを1人また1人と襲っていく。(食ってるのか、殺すだけか、不明)
乗組員の1人が実はロボットで、異星の生物を発見したら地球に持ち帰るよう、会社から極秘指令を受けていたことが判明。
最後は美人じゃなくて残念なヒロインが、宇宙船を自爆させ、救命宇宙艇で脱出。
ところが、この救命宇宙艇エイリアンが潜りこんでいて、スヤスヤとおやすみ中。(カワイイ!)
ヒロインはこっそり宇宙服を着こみ、エアロックを開いてエイリアンを宇宙空間に放り出すのであった。

ま、正直いって、エイリアンは姿がキモいだけで、卵で繁殖する普通の生物だよね・・・
この第1作では、エイリアンウルトラマンと同じくスーツ(着ぐるみ)で、中に人が入ってるのです。
よくできた着ぐるみですな~(感心)


リドリー・スコット監督作品のエントリー

「ブレードランナー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_10.html
「ブラック・レイン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_13.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆
2017年10月02日 02:08
本作の音楽はジェリー、ゴールドスミスが担当してるんですが、
実は本作の音楽はかなり差し替えられた事でジェリー、ゴールドスミスとリドリー、スコット監督の間に遺恨が残ったそうです。
この音楽差し替えトラブルは後の映画「レジェンド」でも起きたそうで、この後からリドリー、スコット監督とは組む事は無かったそうです。
あうち
2017年10月02日 16:09
ほう、そんなことがあったですか・・・
そのトラブルと関係あるのかもしれませんが、「地底探検」だったか何か、B級SF映画にエイリアンの音楽が流用されていたことがありました。
ジェリー・ゴールドスミスの意図通りだったらどんな映画になってたか、見てみたいですね!

この記事へのトラックバック