【ネタバレ】「オクトパシー(007号/ベルリン脱出)」イアン・フレミング

OCTOPUSSY AND THE LIVING DAYLIGHTS (1965)
Ian Fleming


画像



「オクト」「リビング」原作含む007短編集第2弾

ハヤカワ・ポケット・ミステリという中途半端なサイズのペーパーバック本で、「007号/ベルリン脱出」の邦題で出ていた007シリーズ短編集第2弾ですが、映画13作目の「オクトパシー」公開を機に、映画と同じタイトルに改題され文庫化されました。
今では絶版、入手困難なレア本です。
古本屋に売らなくて、本当によかった!
でも10まんえんで買ってくれる人がいるなら、売ってもいいかな!


「ベルリン脱出」 THE LIVING DAYLIGHTS

映画第15作「リビング・デイライツ」原作。
ベルリンを舞台にしたところだけ「オクトパシー」で採用。
当時はまだ「ベルリンの壁」によって東西に分断されていた魔都ベルリン
その東側から重要情報を携えて、英国諜報部員272号が脱出してくる。
ボンドの任務は、西側から彼の脱出をサポートすること。
ソ連側も狙撃手を配置して、彼の逃走を食い止めようとしているからだ。
夜の闇が降りて、いよいよ決行の時が来た。
狙撃用ウインチェスター・ライフルを構えるボンドスコープに映った敵側のスナイパーは・・・ 女!
しかも昼間ボンドが見かけたオーケストラの女・・・ 金髪の美しい、生き生きとしたその女を、ボンドは一目で気に入っていたのだ。
272号カラシニコフで狙いをつける女スナイパーボンドは一瞬早くトリガーを引くと、の手からライフルを弾き飛ばす。
272号は無事、西側まで逃げのびた。
狙撃手を殺せという命令だったのに、なぜ殺さなかった?上に報告するからね」と、現地責任者ボンドを責める。
「かまわんよ。あの女は死ぬほど驚いたろうし、それでじゅうぶんだと思うけどね」

映画版の序盤で、かなり忠実に再現されていたエピソード。
007短編の中でも、大人のロマンを漂わせる屈指の出来栄え。


「所有者はある女性(007号の商略)」 THE PROPERTY OF A LADY

英国情報部ある女性スタッフが、ソ連にひそかに情報を流していた。
ソ連側はその報酬として、クレムリンに眠る財宝のひとつ、10万ポンドの価値のあるファベルジュ作の「エメラルド球体」を与えた。(名目上は遠い親戚からの遺産ということで)
受け取ったは、それをサザビーのオークションに出展、ソ連の関係者がそれを落札、は合法的に大金を得るという仕掛け。
これを事前に察知したは、ボンドオークションに参加させる。
落札した人物を追跡すれば、ロンドン市内に潜伏したソ連スパイの組織を暴けるかもしれないからだ。

特にオチもヤマ場もなし。
単に、サザビーのオークションの様子を書きたかっただけの短編。
映画「オクトパシー」「ファベルジュ」「オークション」という要素だけ採用。


「オクトパシー(007号の追求)」 OCTOPUSSY

「オクトパシー」原作だが、タイトル以外ほとんど関係なし。
ジャマイカで気ままに余生を過ごすスマイス少佐の前に、「英国政府から派遣された男」ボンドが現れた。
用件は、スマイスを始末すること。
実はスマイスには、血塗られた過去があったのだ。
戦後まもないころ、ナチスの隠し金塊をたまたま発見、それを山中に隠した彼は、唯一の目撃者であるガイドを殺害。
怪しい中国人金塊を買い取ってもらい・・・
といった感じで、ボンドはほとんど出番がなく、スマイスの犯罪物語がメインとなっている。
殺されたガイドボンドにとって父親代わりともいえる男で、それがボンドが今回の任務を志願した理由だった。
ボンドから1時間の猶予をもらい、最後にもう1度だけジャマイカの海に潜るスマイス
警察に自首して裁判に持ちこもうかな・・・ なんて生き残り策を考えていたら、突然心臓発作が。
かねてから手なずけようとしていた大型の「タコちゃん」が、弱りきったスマイスに触手を伸ばし・・・ サンゴ礁に引きずりこんで食ってしまいました。
(その「タコちゃん」も漁師に捕まって、夕食にされてしまう)
ボンドは、スマイス服毒自殺したのだろうと考え、イギリスに帰るのでした。

映画では盗賊団の女首領オクトパシースマイス少佐の娘という設定。
父に名誉の自殺をする時間を与えてくれたボンドに感謝していましたが、別にいらない設定でしたね。


この他にエッセイ「スリラー小説作法」、作品ごとの資料集「007のすべて」を収録。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ナッシュ
2016年09月11日 11:45
こんにちはナッシュです。

このハヤカワミステリーの「ベルリン脱出」と改題された「オクトパシー」何故か両方とも持ってます。

かなり痛んでますが・・・誰か10万位で買わないかな(爆)。

冗談はさておき、ベルリン脱出の本はベルリン脱出から始まり

オクトパシーの本はオクトパシーから始まる!と順番が変わってましたね。

007スペクターの映画を見て思ったんですが・・・ブロフェルドの設定は小説「007号の追求(オクトパシー)」でスマイス少佐が殺したオーペルハウゼルの設定が使われてましたね。
あうち
2016年09月11日 22:09
あ!オーベルハウザーは殺されたガイドでしたか!
名前すっかり忘れてたんで気づきませんでした・・・重要情報をありがとうございます!
いろんな設定をミックスすると、ブロフェルドにとって親の仇の娘がオクトパシーということですね笑
文庫版はもってなかったので、オクトパシーから始まるとは知りませんでした。
きっとプレミアがつくと思うから大事に取っておいてください笑
蟷螂の斧
2019年10月26日 10:42
こんにちは。

>「かまわんよ。あの女は死ぬほど驚いたろうし、それでじゅうぶんだと思うけどね」

カッコいいです!映画でもこの場面が効果的でした。

>金髪の美しい、生き生きとしたその女を、ボンドは一目で気に入っていたのだ。

女好きのボンドらしい。でも、ものには出来なかったです(笑)。

>そういえばロシア人は冬にうおっか飲みまくってるようですが。

逆に暑い国発祥の食べ物や飲み物は体を冷やしますなあ。
カレーとかコーヒー。
いろいろ調べると面白いです。
あうち
2019年10月26日 11:04
カレーが体を冷やすとは驚き・・・
でもまあ、だからこそ暑い国で食べられてるんでしょうね・・・

リビングデイライツ原作のこの短編は良い出来でしたね。
やはり良い原作を映画化するとよい映画に・・・

まもなく「イージーライダー」「死刑台のエレベーター」取り上げ予定です。(明日以降)
2019年10月27日 05:50
おはようございます。

>特にオチもヤマ場もなし。

フレミング氏。何の為に書いたのか?

>映画「オクトパシー」に「ファベルジュ」、「オークション」という要素だけ採用。

まあ、いいかなという感じです。

>やはり良い原作を映画化するとよい映画に・・・

その通りです(拍手!)

>カレーが体を冷やすとは驚き・・・

暑い時に熱いカレー(辛口)を食べると美味しいです。身体にも良い感じです。

>まもなく「イージーライダー」「死刑台のエレベーター」取り上げ予定です。

楽しみにしております!
蟷螂の斧
2019年10月27日 05:50
名前を書くのを忘れました。すみません!
あうち
2019年10月27日 12:57
あ、でも蟷螂さんだとすぐわかりましたから大丈夫!

単にオークションの様子を書きたかったんでしょうね・・・
このスパイ女性の後日譚が「黄金銃」にちらっと書かれてましたね。

辛い物を食べると発汗で涼しくなるのかもしれませんね・・・
私は汗っかきなので笑、ふつうの食事でもじゅうぶん汗が出ますが笑
蟷螂の斧
2019年10月28日 06:09
おはようございます。

>大型の「タコちゃん」が、弱りきったスマイスに触手を伸ばし・・・ 

これは驚きました!これもいつかは映画で使って欲しい場面です。

>このスパイ女性の後日譚が「黄金銃」にちらっと書かれてましたね。

そうでしたか・・・。忘却の彼方です(汗)。

>辛い物を食べると発汗で涼しくなるのかもしれませんね・・・

「地下(地中)で育つものは体を温め、地上で育つものは体を冷やします。」今調べて見つけました。
あうち
2019年10月28日 10:28
ドクターノオ原作のイカとの戦いもそうですが、いつか映像化してもらいたいですよね。
ただCGでしょうね・・・
最近欧米ではタコは犬なみに知能が高いからイジメてはイカン!という論調が広がっています。
タコも鯨のような扱いになるかも・・・

大根やイモなどは確かに温まる感じがしますね>地下で育つもの
蟷螂の斧
2019年10月29日 07:11
おはようございます。

原作に忠実な映画と言えば「女王陛下の007」でしょうか?
ラストも泣かせるし・・・。

>いつか映像化してもらいたいですよね。

低予算のドラマを制作して欲しいです。CGなしでぬいぐるみでも使って特撮。

>タコは犬なみに知能が高いからイジメてはイカン!

えっ?そうなんですかー!そう言えばサッカーの占いをする蛸がいましたね。ワールドカップでどちらが勝つか?

>大根やイモなどは確かに温まる感じがしますね

ニンジン・カボチャ・タマネギ・レンコン・ゴボウなど。
あうち
2019年10月29日 10:51
女王陛下がこれまでのところ最も原作に忠実でしょうね。
世の中の変化を考えると今後、007的な物語を作るのはけっこう難しそう。

ぬいぐるみの大ダコ笑
そういえば「スペクター」OPにはCGの大ダコが・・・
蛸は自分で水道の蛇口を開け閉めして自分の水槽に水を入れたりできるそうです。

>ニンジン・カボチャ・タマネギ・レンコン・ゴボウ
豚汁食べたくなる笑
今夜はおでんの予定です。

この記事へのトラックバック