【007名場面ランキング】「悪人パワー」名場面ベスト30圏外(4)

死神登場、女殺し屋登場、環境保護団体登場



死ぬのは奴らだ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-04-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死ぬのは奴らだ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html


カテゴリー「悪人パワー」とは・・・

悪のドラゴンにさらわれたお姫様を助け出す正義の騎士の物語」を現代に置き換えたもの・・・ それが007シリーズの基本コンセプトであります。
原作者イアン・フレミングも語ってますように、正義のヒーロー邪悪な敵ピンク色のヒロイン・・・といったキャラクターたちは、複雑な背景を持った現代社会においては、すでに古臭い、時代遅れであるのは否めません。
が、あえてその時代遅れをやってみたのが007であり、永遠普遍なエンターテイメントの原点を目指したわけですな。
前置きが長くなりましたが、007シリーズ悪役とは、単なる悪人ではない、古典的な騎士物語に登場する「悪のドラゴン」の現代版であり、いわば「人間の姿をした怪物たち」
歴代作品では強烈なインパクトをもった悪人たちが物語を彩り、他作品にも大きな影響を与えてきました。

人生に必要なことは全て007の悪人たちから学んだ!
あなたも素晴らしい悪の世界へ!


悪人キャラクター007シリーズにとって非常に重要な要素であり、新作を鑑賞する時の大きな「お楽しみポイント」なのです。
そんな悪人たち必殺技を見せたり、過去を語ったり、そのキャラを立たせる場面を「悪人パワー」というカテゴリーに分類してみました。
「悪の活動」と仕分けが難しいものも多いですが、こちらはあくまでもキャラ描写を主眼に置いた場面ということで。
悪人がパワーを発揮する場面であっても、殺人を中心とした場面は「処刑・殺害」カテゴリーに、女悪役のお色気を中心とした場面は「ボンドガール」に入ってるかもしれません。



【圏外】 死神サメディ男爵
「死ぬのは奴らだ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_6.html

*** 直前までのあらすじ ***
カリブ海の小国サンモニークの首相カナンガを監視していた3人の英国情報部員が殺害された。
アメリカで麻薬を売りさばく黒人ギャング団首領ミスター・ビッグと関係あるらしいカナンガの正体を暴くため、ボンドサンモニークへ乗りこむ。


「ヴードゥー教の墓場の神、死の軍団の首長、不死身の男」

ホテルの中庭では、ヴードゥー・ダンス・ショーが開演。
プロ・ダンサーであるジェフリー・ホールダー演じるサメディ男爵、印象的な笑いとともに舞台に踊り出ます。
フランス語で「土曜」を意味するサメディ、西アフリカからカリブ海にもたらされたブードゥー教における「死の神」です。
人間なのか、本当に死神なのか、本作でも不思議な存在感を放つ名悪役ですが、どちらかというと007よりバットマンの方が合ってる感じ。
BGM「サメディ男爵の舞い」も耳に残って離れない!
てれってっててーて・てれってっててー・てれってっててーて・てれれー
ショーの司会者のモミアゲもスゴイ!

フロントでチェックインするボンドは、「奥様」が先に到着したと聞かされビックリ。
「奥様」とは・・・ まさかトレーシー
中庭を抜けるボンド、踊っているサメディがまさか敵とは気づかず・・・
チョー体の柔らかい人が演じる「カニ人間」、両足を肩にからめて2本の腕で歩きながら舞台に飛び出す・・・ チョー柔らかい!
この人は敵ではありません。



【圏外】  ラルゴとフィオナ
「サンダーボール作戦」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_21.html

*** 直前までのあらすじ ***
犯罪組織スペクターに強奪された2基の原爆の行方を追って、ボンドはカリブ海のバハマへ飛ぶ!
早くもスペクターNo.2ラルゴと、彼を補佐する女殺し屋フィオナとの接触を果たすが・・・


「もし昨夜ボンドを殺していたら、原爆の場所を教えるも同じ・・・ 時期を選ぶべきね」

ラルゴ豪華ヨット「ディスコ・ヴォランテ号」の船底を撮影したボンド、フィルムを現像すると秘密のハッチを発見。
「敵は水中で活動している・・・」
つまり、原爆の隠し場所は海底だ!

CIAフェリックス・ライターとともに、バハマ近海ヘリで探索。
重厚さを増したジョン・バリー音楽がシブい。
周辺400キロ四方はアメリカ空軍が捜索済み、だがディスコ・ヴォランテ号が一晩でそれ以上移動ができるわけはない・・・ 必ず、この付近の海底に原爆はあるのだ。
燃料が足りないので、やむなくヘリは帰投する。
その途中、眼下に見えてくるのは海辺の豪華な邸・・・ ラルゴさんの家である。
プールが2つある(1つは鮫用)ブルジョアな邸に目を見張ります。

目障りそうにヘリを見上げつつ、クレー射撃に興ずるラルゴアドルフォ・チェリ)とフィオナルチアナ・パルッツィ)。
この場面では、対等以上の口を利いてラルゴのミスを指摘するフィオナの方が目立ってます。
シリーズ初の本格的女殺し屋ローザ・クレブはババアだから除外)であり、後にファティマオナトップといった亜流キャラを生み出しました。
もしかしたら峰不二子のイメージの源流のひとつかもしれません。
クレーを見事に撃ち砕き、「ボンドは私が殺す」と宣言。
なかなかカッコいいですが、本当はヒロインのドミノ役だったのにクローディーヌ・オージェに取られてしまい、フィオナをやることになったらしいよ。



【圏外】 グリーン登場
「慰めの報酬」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_5.html

*** 直前までのあらすじ ***
ムダに複雑な脚本なので、追っかけるのが大変じゃ・・・
前作「カジノ・ロワイヤル」恋人ヴェスパーを死に追いやった男ホワイトと彼の所属する巨大組織クォンタムを追跡するボンド
捕らえたホワイトを逃がしたミッチェルの所有していた紙幣ル・シッフルマネー・ロンダリングしたものであり、同じような紙幣スレイトという男に支払われていて(中略)
ボンド殺し屋と勘違いしたカミーユは車で逃走、ボンドバイクで追跡。


「俺は人に陰口を言われるのが嫌いでね・・・ 蟻が体中を這い回ってる気がする」

波止場の立ち入り禁止エリアにやってくるカミーユオルガ・キュリレンコ)、久々に管理人の好みに合うボンドガールです。
舞台はハイチの首都ボルトープランスですが、ロケ地はパナマのコロンかカブラ・アイランドのどちらか。(ストーリー上、舞台をハイチにする必要ないのに・・・ パナマのままでいいのに・・・)
顔パスでフェンス内に入れてもらえるカミーユ、オカッパ頭の気持ち悪い用心棒エルヴィスアナトール・トーブマン)を突き飛ばし、建物の中へ。
今回の悪ボス、環境保護団体グリーン・プラネットCEOドミニク・グリーンマチュー・アマルリック)が地道にスタンプを押す作業をしている・・・
シリーズ中最もパッとしない悪役グリーンですが、目つきのキモチ悪さはピカイチ。
「味方なのに、なぜ私を殺そうとするの」と詰め寄るカミーユ、ある目的のためにグリーンに接近、愛人となった女です。
彼女を外に連れ出すグリーン

15歳の時、母親のピアノ教室に通っていた女生徒に恋をしたが・・・
ある日、彼女が自分の悪口を言ってるのを聞いてブチ切れ、アイロンを振り上げ・・・ なんて話を聞かせる。
キモイ、リアルなサイコパス自慢。
岸壁の上から海中をのぞくと・・・ そこには地質学者スレイドの死体。
彼はグリーンの依頼でボリビアの砂漠を調査、「何か」を発見。
カミーユはその情報を買い取ろうとしたが、グリーンに知られてしまい、用済みのスレイドともども消されるところだったのだ。
「彼の方から私に情報を売ろうと言ってきた。私があなたを裏切るわけないでしょ?」と笑顔でごまかすカミーユ、だが
メドラーノ将軍に近づくために俺と寝たんだろ?」

その将軍が今、ボートで波止場にやって来る。(背後に見える将軍のクルーザー?もカッコいい!)
オルロフ将軍コスコフ将軍ウルモフ将軍に続く4人目の「悪の将軍」メドラーノホアキン・コシオ)。
歴代もっとも貪欲そうでスケベそうなクソ将軍です。
失脚したかつての独裁者で、グリーンの協力で再び権力の座に返り咲こうとしている。
その見返りにグリーンは、ボリビア何もない砂漠の所有権を要望。
「石油は出ないぞ?」と不審に思う将軍
しかし、そこには地質学者が発見した「何か」があるのだ・・・
「何かが出たら、我々がすべていただく。それと取引のオマケに、この女もつけよう。飽きたら捨てればいい」
カミーユ将軍に紹介するグリーン
かつて両親を虐殺したを前に、カミーユの眼に復讐の炎が宿る。
オルガ・キュリレンコ、なかなかがんばってます。
同じようなキャラを演じたキャロル・ブーケより演技うまいです。
カミーユの父将軍のクーデターで追われた政府指導者、はロシア人の美人ダンサーだそうで)

その頃、ボンドエルヴィス「ユニバーサル貿易(MI6の隠れ蓑)」の名刺を渡し、「今来た女に、電話をかけるように言ってくれ」と伝言。
エルヴィスは自分の携帯からコール、これによってエルヴィスの番号が登録され、GPSで居場所を追跡できるようになった・・・ んですよな?
カミーユ将軍に連れられ、ボートに乗りこむ・・・

それにしても今回の悪役、俳優さんは非常に熱演してますが、リアルすぎて見るだけで胸のムカつくクソ野郎という感じ。
007の悪役として、どうでしょうか。
ドラックスの家の子になりたいとか、カーヴァー社長の下で働きたいとか思ったりしますが、グリーンの家の子にはなりたくないし、メドラーノみたいな上司もイヤ。


この後、7エントリーほどインターバルをおいてから再開しますぞ。






LC4シェーズロング 黒白牛毛皮
アートチェア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LC4シェーズロング 黒白牛毛皮 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック