【ネタバレ】 映画「ジョーズ」

JAWS (1975)



ジョーズ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョーズ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




今でもスピルバーグ監督の最高傑作はコレだと思っております

「動物パニック」祭り第2弾、このジャンルでは「鳥」と並んで最高傑作の「ジョーズ」です。
最近はUSJのアトラクションとしても有名ですね。
ところで「ジョーズ」を見たことない人なんて、いるのでしょうか?
すべての日本人がストーリーを知ってるとしたら、今さらネタバレってバカみたいですよね・・・
「ザ・ディープ」ピーター・ベンチリーの海洋冒険小説を、当時28歳、デビュー作「激突!」で怪物のような巨大トレーラーとの戦いを描いたスピルバーグが、今度は巨大な鮫と人間との死闘を迫力満点に撮って世界的に大ヒット。
「動物パニック映画」の大ブームが到来しました。
大量に作られた「ジョーズ」のフォロワーの中では、「オルカ」がなかなか力作だったくらいで、あとはクズ・・・ だったような気がします。
そういえば「007/私を愛したスパイ」にも影響を与えて、殺し屋「ジョーズ」が登場しましたね(笑

それでは、皆さんご存知だと思いますので、あらすじを超簡単に。
水泳が苦手なのに、海辺の町に赴任してしまった警察署長ロイ・シャイダー
(赴任する前は、ニューヨークでジーン・ハックマンといっしょに麻薬組織を追ってましたよね)
女子大生が襲われたのを皮切りに、に襲われたと思われる死体が次々と浜に上がり、浜辺を遊泳禁止にしようと奮闘するが・・・
(冒頭の女子大生が襲われるシーン、スピリバーグ自ら「1941」でパロッてました。)
市長は観光収入が減るのを恐れて、構わず海開き
大勢の海水浴客たちの前で、またしてもが出現、大パニックとなる。
町では鮫退治の専門家ロバート・ショーを雇い、海洋学者リチャード・ドレイファス警察署長ロイ・シャイダーの3人でオンボロ漁船「オルカ号」に乗りこみ、鮫退治に出発するのだった。
「007/ロシアより愛をこめて」「サブウェイ・パニック」と悪役の印象が強かったロバート・ショー、本作では荒っぽい海の男を熱演、以降はヒーロー役が多くなります。
リチャード・ドレイファスはこの後、「未知との遭遇」宇宙人と遭遇。
いよいよ姿を現す巨大なホオジロザメ、常識的な鮫退治の方法はまったく通用しない。
鉄の籠に入って海中から直接、の口の中へ水中銃を撃ちこもうとするリチャード・ドレイファス、しかし鉄の籠すらボロボロに破壊する鮫のパワーの前に行方不明。
これほどパワーのある鮫の肝油を飲めば、人間は健康になる!
コンドロイチン!
に追突されたオルカ号は傾き、ロバート・ショーは下半身をザックリ食われて悲惨な最期
沈みゆく船内でロイ・シャイダー酸素ボンベの口に押しこみ、ライフルでそのボンベを撃ちぬくと・・・ 鮫は爆発して木っ端微塵
(実はこの瞬間に子鮫を出産していたのだ・・・ 「ジョーズ2」に続く)
奇跡的にリチャード・ドレイファスも生きていて、2人でプカプカ海面を漂いながら、救助を待つのであった。

スピルバーグ作品で1本だけ選ぶなら、やはり本作でしょう。
28歳という若さでこんな作品を作ってしまうスピルバーグはやはり天才、単なるヒゲの生えた小学生ではなかった!


スティーヴン・スピルバーグ監督作品のネタバレ
「プライベート・ライアン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_4.html
「マイノリティー・リポート」
http://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_16.html
「E.T.」
http://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_3.html
「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_6.html
「ジュラシック・パーク」
http://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_8.html
「レイダース/失われた聖櫃(アーク)」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_14.html
「激突!」
http://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_10.html
「未知との遭遇」
http://puripuriouch.at.webry.info/201407/article_3.html
「トワイライト・ゾーン/超次元の体験」
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_10.html
「1941」
http://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_3.html
「宇宙戦争」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_13.html



ゼファーボート(ZephyrBoat) ZR-220RDX-H カモフラージュ ZB-034-CF-H
ゼファーボート(ZephyrBoat)
2012-10-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゼファーボート(ZephyrBoat) ZR-220RDX-H カモフラージュ ZB-034-CF-H の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2018年03月09日 00:09
小学生の時にジブリ映画の翌週に放送してた記憶があります。
良くも悪くも思い出深い映画で、この映画をきっかけにサメ映画にハマってました♪初めて観たスピルバーグ映画です。
この映画と双璧を成すサメ映画の傑作として「ディープブルー」があります。監督が「ダイ、ハード2」や「クリフハンガー」のレニー、ハーリン監督ですが、今でも本作はサメ映画最後の傑作だとか、「ジョーズ」以来のサメ映画の大本命みたいに言われてます。
「ディープブルー」のVHS今も持ってますが、収録されてる予告編が面白かったです。観る度に泣きそうになる「パーフェクトストーム」と
シュワちゃんが悪魔の大物であるサタンと戦う映画「エンド、オブ、デイズ」の予告編が収録されてます♪
あうち
2018年03月09日 11:24
あ、「ディープブルー」ってサメ映画でしたか!
てっきり海の生き物を撮影したドキュメントだとばかり・・・(似たようなタイトルでそういう映画ありましたよね?)
こないだどこかのBSで放送したのに、スルーしてしまった・・・
「パーフェクトストーム」ともども、次回は必ずチェックします!
「エンド、オブ、デイズ」は途中で切ってしまったんですけど笑
もう1回見てみようかな
綾小路清隆(仮名)
2018年03月09日 14:25
「サブウェイパニック」やグレゴリー、ペック主演の「マッカーサー」で監督を努めたジョセフ、サージェントですが…
「ジョーズ4」のメガホンを撮り、不運にもこの残念作でキャリアを終わらせてしまったという残念な人だったそうです(2、3年前に亡くなってます)
あうち
2018年03月09日 17:59
あれ?ジョーズのオフォシャルな続編は3までだったような・・・
その後もイタリアなどでは無断でパチモン続編が作られたようですが・・・
うわー調べたら本当にジョーズ4があった笑
この監督、「地球爆破作戦」の監督ですね!
コンピューターが自意識をもって人類を滅亡させるという、今現実になりそうな(笑)物語の元祖です。
なつかしいなあ・・・
ナッシュ
2018年07月08日 10:49
こんにちはナッシュです。

先日、チビ(6才)が「サメの映画を見たい」っていうんで、早いかな???とも思いましたが、他に思いつかず、レンタルで借りて見ました。

最初は怖がっていたチビでしたが、ラストのサメと戦うシーンが気に入ったようで、何度か見てましたよ(笑)。

ついでにジョーズ2を借りて見ましたが・・・正直、こちらはイマイチだったなぁ。

サメから脅されるだけで、食べられそうな緊迫感が???でした。
あうち
2018年07月08日 10:56
サメはかっこいいですからね!
お孫さんが見たがるのも無理はない笑
シャークネードみたいな変なB級見せるより、ジョーズにまさるものはなし!

次はUSJに連れてってーというリクエストが来そうですね笑
ken
2019年02月26日 17:12
これも、好きです。6歳のお子さん、大丈夫ですか?トラウマになってなければよいが。私など相当歳食ってから見ましたが、とにかく怖かった。例えば、ドレイファスが沈んだボートを潜水調査するシーン。ズルズルの土左衛門が「ガバッ」と立ち上がるところで、満席の椅子が一斉にガタガタと鳴った。次のほっとするシーンで、隣の見知らぬ女性と顔を見合わせ変な作り笑いをしたり。考えてみると、この手法はその後インディなどで頻出してますね。もう慣れっこ??ジュラシックでも登場シーンが怖かった。この人、人を脅かすのがとっても おジョーズ。
あうち
2019年02月26日 20:58
6歳のお子さん? あ、ナッシュさんのお孫さんのことですね・・・
今の子は刺激に慣れてるから笑
でもスピルバーグはデビュー作の「激突!」以来ずっと、ショックを与えるのがうまいですよね!
おジョーズ・・・(・_・)

この記事へのトラックバック