【007名場面ランキング】「ボンドガール」名場面ベスト100圏外(7)

「プ」で始まる卑猥なタコは住民の抗議でXXX指定



オクトパシー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-04-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オクトパシー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html


カテゴリー「ボンドガール」とは・・・

007シリーズの花、ボンドガール。
それぞれの時代を代表する美女たちが、シリーズを彩ってきました。
このシリーズでブレイクした無名女優もいれば、有名女優が嬉々として演じた時もあり、お色気優先だったり、高い演技力が求められたり、ズラッと並べてみると実に一貫性のないバラバラな顔ぶれ(笑
管理人としても、すべてのボンドガールがお気に入りというわけでなく、やはり好きな人、イマイチな人とあります。
皆さんも個人の趣味や世代によって、好みはバラバラでしょう。
そんな彼女たちを鑑賞?する見せ場をまとめて、このカテゴリーに分類。
ただウェイ・リンのカンフーのようにアクション性が高い「アクション」に、殺される場面「処刑・殺害」に、また映画のラストにボンドとチュッチュするシーン「ED」に入れたりしてます。
なお、ミス・マネペニーのシーンは、まとめて別カテゴリーにする予定。



【圏外】 謎の女オクトパシー
「オクトパシー」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_1.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドインドで悪人カマル・カーンに捕まった!


画像


美女たちが漕ぐガレー船で、湖に浮かぶ宮殿(レイク・パレス)に到着するカマル・カーン
このレイク・パレスは現在はホテルとして使用されており、撮影スタッフも宿泊したそうだよ。
背にタコの絵が刺繍されたガウンをはおり、謎の女オクトパシー登場。
メンバーが女ばかりの宝石密輸団の首領、しかし顔はまだ見えない。
インド風の部屋で、カマルに謁見。
ファベルジュ・エッグを取り戻したとの報告に、盗み出したのは何者か問うオクトパシー
「イギリス人の山師でジェームズ・ボンドという男です」
水槽のタコに餌を与えていたオクトパシーの指が止まる。
ジェームズ・ボンド・・・
泥を吐かせると主張するカマルに、「ここへ連れてきて」と厳命するオクトパシー
「あなたの命令は絶対だ・・・」
引き下がるカマル、しかし腹の中では裏切る気マンマン。
最後まで顔を見せないオクトパシーカマルより格上の存在感があります。
初の女の悪ボス登場か?と思わせましたが、それはソフィー・マルソーまで待たねばならなかった。



【圏外】 マイ・ネーム・イズ・プププププッシー
「ゴールドフィンガー」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_11.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドは悪人ゴールドフィンガーに撃たれた!


ビジネス・ジェット機内で目覚めるボンド
撃ちこまれたのは麻酔弾だったのである。
美女ボンドの顔をのぞきこみ、微笑んでいる。
「誰だね?」
「マイ・ネーム・イズ・プッシー・ガロア
「天国かな・・・」

後半に入ってようやく登場した本作の第1ボンドガール、その名もプッシーさん。
原作では女ギャング団のボスレズビアン設定、映画では大幅に設定を変更、女パイロットとなりました。
演じたオナー・ブラックマン(こちらもイヤラシイ名前・・・)は当時37歳、長らく最高齢ボンドガールと呼ばれてましたが、とうとうオクトプッシーさんに抜かれました。(オクトは「8」を意味するから、名前のイヤラシサも8倍)
今考えると、37歳なんて、まだまだぜんぜん若い。
でもオナー・ブラックマン女神ヘラを演じた「アルゴ探検隊の大冒険」の方が好きかな・・・
黒のパンツ姿でキメており、レズっぽい。
声がいかにもオバサンなダミ声なのが、なんとも残念。

現在位置はニューファンドランド上空、ボルティモアに向かって飛行中。
機内のセットも黒がアクセントになってセンス良く、プッシーの衣装とコーディネートされてる。
ここでマティーニを注文するボンド「シェイクン、ノット・スティアード(ステアーしないでシェイクして)」
本当にシェイクした方が美味いのか、原作者フレミングも実はわからなかったという説あり。
いっしょに飲もうとプッシーを誘うボンドゴールドフィンガーとの個人的関係について尋ねる。
キッとなるプッシー、「私はただのパイロット、それだけ」
金のグラスからマティーニをすするボンド、「君もグランドスラム計画に加わってるのか?」
それを無視してコクピットに戻るプッシーに「思い出を作ろう」
「私は男に感じないの」とドアを閉めるプッシー
やっぱり映画でもレズ設定だ!
ここは圏外にしたのが惜しくなる名場面でしたね。



【圏外】 トリプルX登場
「私を愛したスパイ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_15.html

*** 直前までのあらすじ ***
ソ連原潜が消えた!


原作では当初、ソ連の諜報機関スメルシュボンドの敵でしたが、映画では「ロシアより」でチラッと出てきただけでした。
その後、現実世界では組織の名前がいろいろ変って、有名な「KGB(国家保安委員会)」という名で定着。
ここは007シリーズKGBが初登場したシーンとして記憶に残ります。
時代はすでに冷戦から東西両陣営の協調(デタント)の時期が来ており、KGBボンドのライバルではあるものの敵ではなく、時には協力する存在となっていたのです。

まずKGB本部ゴーゴル将軍(初登場!)が、原潜プーシキン消滅の報告を受ける。
「1番切れ者のエージェント、トリプルXを呼べ!」
ちなみにXXXとは、ポルノを意味する隠語らしい。

黒海沿岸の人民保養センター
ベッドで愛し合う男女、男の方はKGBエージェントセルゲイ・バルソフ、ちょっとボンドっぽい。
初見の観客は、この男がトリプルXだと思うわけです。
「この週末のことは忘れない。今度の任務を終えたら・・・」
おっと、それ以上言うと死亡フラグが立っちゃうよ!(もう遅いか・・・)
ボンドっぽいのも無理はない、このバルソフを演じるマイケル・ビリントン新しいボンド役ロジャー・ムーアと競って、第2候補となっていたらしい。
ボンド役ムーアに取られた上に、ムーアに殺され、さらに恋人まで寝取られるという、なんというか・・・ ご愁傷さまです・・・

今夜はオーストリアに飛んでボンドと対決する任務があるため、バルソフは発つ。
直後に、サイドテーブルのオルゴールが鳴り、通信が入る。
「トリプルX召集!」
この女の方がトリプルXことアニヤ・アマソワ少佐だったのだ!



【圏外】 エレクトラ、話をまとめる
「ワールド・イズ・ノット・イナフ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_8.html

*** 直前までのあらすじ ***
石油王ロバート・キング卿爆弾で殺害され、その娘エレクトラが後を継いでアゼルバイジャンでのパイプライン工事を進める。


BMWのZ3で建設現場に到着するボンド、警備主任のダヴィドフが出迎える。
ここは地元住民の建設反対運動で大騒ぎになっており、エレクトラは首都バクーに避難しているはずだったが・・・
今、ヘリコプターが降下、姿を現す若き女社長エレクトラ・キング
反対運動を主導する聖職者とともに、岩窟教会へ。
蝋燭の灯りに照らされた内部は、美しい聖者の絵で彩られている。
建設が進めば、この教会も取り壊されてしまうのだ。
トルコのカッパドキアのような雰囲気の場所ですが、ロケ地はスペイン。
「我々の共通の遺産を守っていただきたいのです」と懇願する聖職者に、「うちの一族のルーツはこの地にあります。決して破壊はさせません」と請け合うエレクトラ
アゼルバイジャンにルーツを持つのは彼女の母方であり、父はスコットランド人ですが、父にはまったく家族の絆を感じてないようです。
聖職者は外に出ると、「皆の衆、教会は救われたぞー!」
オオーッと歓声が上がる。
エレクトラは工事担当者にルートの変更を命じる。
「金と時間がかかりますよ? お父さまはこのルートを・・・」
「父のミスです」

テロリストに狙われながらも、気丈にふるまう令嬢エレクトラ
今回の第1ボンドガールは、あのアイドル女優だったソフィー・マルソー
「ついに、とうとう、あのソフィー007に!」と感慨深いものがありましたな。
「ユア・アイズ・オンリー」のころ、ソフィー「ラ・ブーム」も公開されてたと思いますが、ティーン時代の彼女は「ロードショー」「スクリーン」といった映画雑誌の人気アンケートの上位常連でしたな。
日本人っぽい雰囲気のあるソフィー、美しく成長しました。
演技力も鍛えられてます。
まさに美貌と実力を兼ね備えたNo.1ボンドガール・・・ になれなかったのは、彼女が本作の悪ボスだから。
ついにシリーズ初の「ボンドガール兼悪ボス」の登場です。(レナードボスではなく、彼女を補佐する立場)
「ボンドガール兼殺し屋」とか「ボンドババア兼悪ボス」ならいましたけどねー。
悪役としても魅力十分、ブロフェルドスカラマンガとじゅうぶん張り合えますぞ!

ボンドのところへやって来るエレクトラ、「が部下を送るって言ってたけど・・・ ミスター?」
「ボンド・・・ ジェームズ・ボンド」
エレクトラの手腕をほめるボンド
彼を値踏みするように見て、「あなたは愛する者を失ったことがある?」
ここでトレーシーのことを思い出してるようですが、ボンドは答えずに「が、あなたの命が危険だと」
かわいい笑顔で笑い出すエレクトラ
ボンドをオフィスに連れこんで、パイプラインのルートをスクリーンに映し出す。
「トルコを経由して1300キロのパイプラインは、テロの国シリア・イラク・イランを通る。父は殺され、村人は反乱。私の命が危険だと教えに来たの?」
ここで、キングがつけていたピンを取り出すボンド
「内部に起爆を誘発する発信機が・・・ 身近に裏切り者がいる」
しかしエレクトラはスタスタと外に出て、「MI6を2度頼って失敗しました。同じ過ちは繰り返しません。私は工事を完成させます」
パイプライン敷設地の点検に行くというエレクトラボンドはジープに積まれたスキー板を拝借して、「面白そうだ、おともしましょう」
「ノーと言ったら、やめる?」
「ノー」






BT87224 橋・ブリッジ偏差検知器
イデカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BT87224 橋・ブリッジ偏差検知器 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



DN41150 マルチ環境測定器
イデカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DN41150 マルチ環境測定器 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック