【007名場面ランキング】「ボンドガール」名場面ベスト100(86位、87位、88位)

博打の後はキャビア?ザクロ?キャットファイト?



ユア・アイズ・オンリー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユア・アイズ・オンリー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




007とは関係ない話ですが、あのはるかぜちゃんがツイッターで管理人のリプをふぁぼってくれた!
\(^o^)/わーい


「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html


カテゴリー「ボンドガール」とは・・・

007シリーズの花、ボンドガール。
それぞれの時代を代表する美女たちが、シリーズを彩ってきました。
このシリーズでブレイクした無名女優もいれば、有名女優が嬉々として演じた時もあり、お色気優先だったり、高い演技力が求められたり、ズラッと並べてみると実に一貫性のないバラバラな顔ぶれ(笑
管理人としても、すべてのボンドガールがお気に入りというわけでなく、やはり好きな人、イマイチな人とあります。
皆さんも個人の趣味や世代によって、好みはバラバラでしょう。
そんな彼女たちを鑑賞?する見せ場をまとめて、このカテゴリーに分類。
ただウェイ・リンのカンフーのようにアクション性が高い「アクション」に、殺される場面「処刑・殺害」に、また映画のラストにボンドとチュッチュするシーン「ED」に入れたりしてます。
なお、ミス・マネペニーのシーンは、まとめて別カテゴリーにする予定。



【86位】 メリナと買い物
「ユア・アイズ・オンリー」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201311/article_12.html

*** 直前までのあらすじ ***
「鳩」と呼ばれる密輸業者コロンボを追って、ボンドはギリシャのコルフ島へ!


本作のヒロイン、復讐に燃えるメリナ・ハヴロックを演じるフランス人モデルのキャロル・ブーケ
単純に美貌だけなら、あのダニエラ・ビアンキをも凌いでNo.1、まさにシリーズで最も美しいボンドガールであります。
ただ、この人の美貌はあくまでも「モデルとしての美しさ」であって「女優としての美しさ」ではないのよね・・・
その点、顔だけなら日本一美しい佐々木希さんと共通する・・・ いや、キャロル・ブーケの方がちっとだけ演技はマシだけどね。

画像


港に上陸するメリナ、桟橋でボンドが待っている。
喜びの再開、さあいっしょに旧市街で買い物だ!
スイカを勧められたり、ザクロをほお張ったり、ギリシア風のBGMに乗って市場をのんびりブラつく2人。
こういうシーンが最近の007では不足してるんだよな・・・

夕陽のアドリア海を見渡すテラス、主題歌インストが流れて絵に描いたようにロマンチック。
幼いころは両親とともに世界中の海を巡っていたと語るメリナ
ボンドは何か父上の残した手がかりはないかと尋ねる。
「なさそうよ。あれ以来、書斎に行くのが怖くて・・・」
そうなると、今夜会うクリスタトスからの情報に望みをかけるしかない。



【87位】 ジプシー女のキャット・ファイト
「ロシアより愛をこめて」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_21.html

*** 直前までのあらすじ ***
殺し屋に狙われたボンドケリムジプシー・キャンプに身を寄せる。


ジプシーから酒と食事をふるまわれるボンドベリーダンスに続いて次の出し物は・・・ キャットファイト
同じ男を愛した2人の女が決闘するのだ。
アクションのカテゴリーに入れようかとも思いましたが、それほど大したファイトでもないので、やっぱりボンドガールのカテゴリーに。
幌馬車から出てくるなり、つかみあう2人のジプシー女
両者ともヘソ出し、短パン、腰にサッシュを巻き、獣のように唸っております。
片方は後に「サンダーボール作戦」に出演するマルティーヌ・ベズウィック
なぜかBGMが「ドクター・ノオ」ドラゴン戦車のテーマで笑えます。

顔を引っ掻き、髪をつかんで馬乗りに、瓶をつかんで振り上げたところで銃声!
殺し屋クリレンコの一味がキャンプに乱入した!
いいタイミングで乱入したクリレンコ、このままでは片方の女が死ぬところでした。



【88位】 ヴェスパーと夜食
「カジノ・ロワイヤル」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201311/article_4.html

*** 直前までのあらすじ ***
ル・シッフルとの長ったらしいポーカー対決ボンドの勝利に終わった。


カジノロ・ワイヤルのダイニング・ルームで、勝負の後の夜食をヴェスパーと取る。
食通のボンドですが、映画ではキャビアばっかり食ってる印象があります。
確かにキャビアは美味しいですが、疲れ切った時に食べたいかねー?
あ、お茶漬けにすればいいかもしれない。

マティスからのメールを受信するヴェスパー
ル・シッフルCIAが確保して、今夜中に国外へ連れ出すそうだ。
ボンドは自分の考えたカクテルに「ヴェスパー」と命名。(ヴェスパー・マティーニとしてWikiにものってる)
「後味が苦いから?」
「1度味わうとクセになるから」
初めてリラックスした笑顔を見せるヴェスパー

彼女が首から下げてるペンダントを、恋人からのプレゼントだと見抜くボンド
「ラッキーな男だ」
悲しげに目をそらすヴェスパー・・・ だってその恋人は人質になってるのですから・・・ 実は人質になってるというのはウソで、単にヴェスパーを利用していただけなんですが・・・
ボンドも何かに気付いたようで、「君は何かに追われてる・・・ 何かはわからないけど」

再びマティスからのメールを受信、そのメールを見たヴェスパーは席を立つ。
「おやすみなさい、もう1度おめでとう」
1人残されたボンド、「マティス・・・?」
マティスル・シッフルがブラフをかける時の「クセ」ボンドに伝えたが、実はそれはボンドを引っかける罠だったので、危うく敗北するところだったのだ・・・
マティスは敵と通じてる?
ヴェスパーが危ない!











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック