【007名場面ランキング】「ボンドガール」名場面ベスト100(11位、12位、13位)

温めて!おじさんは私をタコだと思ってるわ



私を愛したスパイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-04-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私を愛したスパイ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




さすがにこのへん来るといい場面がセレクトされてますねえ。
次回からはいよいよベスト10ですぞ!

「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html


カテゴリー「ボンドガール」とは・・・

007シリーズの花、ボンドガール。
それぞれの時代を代表する美女たちが、シリーズを彩ってきました。
このシリーズでブレイクした無名女優もいれば、有名女優が嬉々として演じた時もあり、お色気優先だったり、高い演技力が求められたり、ズラッと並べてみると実に一貫性のないバラバラな顔ぶれ(笑
管理人としても、すべてのボンドガールがお気に入りというわけでなく、やはり好きな人、イマイチな人とあります。
皆さんも個人の趣味や世代によって、好みはバラバラでしょう。
そんな彼女たちを鑑賞?する見せ場をまとめて、このカテゴリーに分類。
ただウェイ・リンのカンフーのようにアクション性が高い「アクション」に、殺される場面「処刑・殺害」に、また映画のラストにボンドとチュッチュするシーン「ED」に入れたりしてます。
なお、ミス・マネペニーのシーンは、まとめて別カテゴリーにする予定。



【11位】 夕陽のナイル河
「私を愛したスパイ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_13.html

*** 直前までのあらすじ ***
「アラビアのロレンス」のテーマ曲で砂漠をさすらうボンドアニヤ、ついにナイル川に達し、カイロ行きのファルーカ(帆掛け船)に乗せてもらう。


ベスト10に入らなかったのが残念な名場面!(「私を愛した」からはあの場面を入れましたので・・・)
ボンドはまずアニヤから離れてコッソリと、シガレット・ケース?を取り出す。
実は組み立て式のフィルム・ビューワーになっており、ゲットしたマイクロ・フィルムの中身をチェック。

夕日の沈むナイル川
ボンドは船尾で休んでいるアニヤの隣に腰を下ろす。
「寒くなってきたわ」と、肩をさするアニヤ
「温めてあげたいが」
「ご心配なく。シベリアでサバイバル訓練受けたから」
主題歌インストが流れ、ロマンティックなムード。
でも2人とも前日の夜から同じ服を着ており、臭そう!
しだいに距離がせばまっていく2人、ついに肩を抱いてキス。
だがアニヤはスカートをたくし上げ、太ももにベルトで留めたケースから煙草を1本取り出す。
「いいところでこれだ・・・」とボヤきながらもライターを取り出すボンド、さすがジェントルマン!
だがアニヤが煙草をフーッと吹くと催眠ガスが・・・
意識を失うボンド、まんまとやられました。

翌朝、目を覚ますと舟はカイロの川辺に着いており、アニヤの姿はない。
上陸すると、えらくローカルな雰囲気の地元の市場。
違和感バリバリのディナージャケット姿のボンド、トボトボと歩き去る。

インストもいいですな。
https://www.youtube.com/watch?v=2lZtcoEk4m4

ついでにアン・ハサウェイがカバーした"nobody does it better"
https://www.youtube.com/watch?v=Nfrnja_75eo



【12位】 マグダとの一夜
「オクトパシー」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_1.html

*** 直前までのあらすじ ***
悪人カマル・カーンの秘書マグダとネンゴロになるボンドさん。


ここもため息の出る優雅な場面ですが、最近こういうの見なくなりましたよねえ。
ホテルの部屋、脱ぎ散らかしたサリー、ベッドで睦み合うボンドマグダ
2人でベッドの中でシャンパン、ちょうど切らしたのでボンドが新しいのを取りに行こうとすると、マグダが引きとめる。
「グラスを1つにすればいいの」
自分のグラスからボンドのへ、残ったシャンパンを注ぐ。
飲み会の時、こういうのやってみるといいかも。
その時ボンドは、マグダの背にタトのタコゥーじゃなくてタコのタトゥーを発見。
「マイ・リトル・オクトパシーよ」

まだ暗い早朝、ホテルの前にロールスが止まり、カマルゴビンダが降りてくる。

こっそりとサリーをまとうマグダファベルジュ・エッグを盗み取って、バルコニーへ。
「おはよう」とマグダの肩を抱くボンド、しっかり起きてました。
「あなたを起こす気はなかったけど、さよならを言えるわ」
「今、何時だろう?」
腕時計(セイコー・サイボーグ)を見るふりして、電波受信スイッチ・オン!(発信器はファベルジュ・エッグの内部)
バルコニーの手すりにサリーのはしを結びつけるマグダ、「きれいな景色ね」
ボンドがキスしようとすると、そのままのけぞって落下。
サリーがロープとなり、くるくるとほどけながら着地。(サリーが脱げてビキニ姿!)
カマルがローブをかけてやり、2人はロールスで走り去る。
残されたボンドは、背後に現れたゴビンダにチョップを食らいKO。

いやー、昔の007はいいですね!
またしても主題歌インスト
https://www.youtube.com/watch?v=kutZEuGZSlA



【13位】 最年少ボンドガールの誘惑
「ユア・アイズ・オンリー」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201312/article_1.html

*** 直前までのあらすじ ***
メリナ馬車タクシーで送った。


ロジャー・ムーア作品が続くなあ・・・ 管理人の好みが色濃く反映されてますが、実際この時代に名場面多いよね?
ホテルに戻ってくるボンド
ドアの鍵が開いてるので、ワルサーを構えながら入ると・・・
バスルームからテケテケと出てくるビビ、そのままベッドに潜りこむ。
あきれるボンド、「どうやって入った?」
「ボーイが私のファンなの」
ちがう! ファンだったら男との密会の手引きなんかしない!
「会いたくて」とスマイル浮かべるビビ
リン・ホリー・ジョンソンが好きかどうかで評価が分かれるところですが、まあシリーズで最もかわいいボンドガール最もかわいい場面といえるでしょう。
007というより、萌えアニメでよく見るような場面ですね。

「トレーニング中だろ?」
「これも筋トレ」
スキーウェアを投げつけるボンド、「筋トレなら服を着ろ」
「・・・私がキライ?」
「嫌いじゃないが、おじさんに叱られる」
「おじさんは私がまだ処女だと思ってるわ!」
これにはドン引きのボンドさん、「服を着たらアイスクリームを買ってやるよ」

ロリコンと思われてはマズいので、廊下に人がいないかうかがうボンドさん。
真っ赤なスキーウェアに着替えたビビが、飛びついて長ーいキス。
「息が長いな」
「呼吸調整が優勝の秘訣よ」
こういうボンドガールをもっと出しておくれよ・・・
イヤミなオバサンばっかりじゃなくてさ。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック