007シリーズ作品INDEX(小説編)

ボリュームの関係で、小説版のインデックスを映画版と分けることにしました。


今まであまり食指の動かなかったブロスナン時代のノベライズ版も、ようやく読んでみようという気になったわ(笑
といっても、まだ全部そろってませんが。
ムーア時代のノベライズ版は入手がかなり困難そうだなあ。
一応昔に読んだけれども。
あ、フレミング以外の作家の「新007シリーズ」なるものは取り上げる予定ありません。(唯一の例外がキングズリイ・エイミス「孫大佐」「ジェイムズ・ボンド伝」、そしてジェフリー・ディーヴァー「白紙委任状」

映画版はこちらを見てくだされ
http://puripuriouch.at.webry.info/201306/article_1.html



【原作小説】
※ハヤカワ文庫版はタイトルに007がつかないみたいです。

007/カジノ・ロワイヤル
http://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_12.html

死ぬのは奴らだ
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_11.html

007/ムーンレイカー
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_15.html

007/ダイヤモンドは永遠に
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_31.html

007/ロシアから愛をこめて COMING SOON

ドクター・ノオ
http://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_3.html

ゴールドフィンガー COMING SOON

サンダーボール作戦
http://puripuriouch.at.webry.info/201806/article_2.html

私を愛したスパイ COMING SOON

女王陛下の007 COMING SOON

007は二度死ぬ
http://puripuriouch.at.webry.info/201512/article_8.html

黄金銃を持つ男 COMING SOON
http://puripuriouch.at.webry.info/201611/article_14.html

007/バラと拳銃 (007号の冒険)
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_17.html

オクトパシー(007号/ベルリン脱出)
http://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_2.html

007/孫大佐 キングズリイ・エイミス
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_3.html

ジェイムズ・ボンド伝 キングズリイ・エイミス COMING SOMEDAY

007 白紙委任状 ジェフリー・ディーヴァー
http://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_12.html


【ノベライズ版】

新・私を愛したスパイ COMING SOMEDAY

007とムーンレイカー COMING SOMEDAY

消されたライセンス COMING SOMEDAY

ゴールデンアイ COMING SOON

トゥモロー・ネバー・ダイ COMING SOON

ワールド・イズ・ノット・イナフ
http://puripuriouch.at.webry.info/201508/article_2.html

ダイ・アナザー・デイ COMING SOMEDAY



007/カジノ・ロワイヤル 【新版】 (創元推理文庫)
東京創元社
イアン・フレミング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/カジノ・ロワイヤル 【新版】 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫)
東京創元社
イアン フレミング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



007/薔薇と拳銃 (創元推理文庫)
東京創元社
イアン フレミング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/薔薇と拳銃 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ
2017年04月18日 22:20
フレミング以外の007小説も結構読みました。

ジョンガードナーはボンドがロジャーを意識した感じでしたね。

アイスブレーカーまでは面白かったんですが・・・登場人物を誰でも怪しく書くし、裏切り者ばかりなんで、何かワケわからなくなってきて(笑)。

スコーピアスの謎は後に起こるオウム事件みたいでした。

レイモンドベンソンのは007オタクのファンが書いたみたいだった記憶が・・・あまり読み返してない(爆)。

赤い刺青の男はヒサビーに日本に来たから楽しみだったけど。

舞台になった直島(だったかな?汗)では映画の誘致活動もあったようで・・・その顛末を書いた「ジェイムズボンドは来ない」って本を買ってきた嫁が

嫁「007が日本に来るの???」

って聞かれたんで

「とっくに無くなったけど、フレミングの原作以外の本は映画化されないよ!・・・トゥモーローネバーダイでジョンガードナーのボンドカーが催涙ガスを噴射するのを使った位じゃないかな!」

と答えておきました(笑)。

007猿の手を持つ悪魔とか007白紙委任状も読みましたね。

猿の方は割りと好き。

デビルメイケアは買ったけど未読であります。
あうち
2017年04月19日 21:51
いろいろと情報ありがとうございます!
自分もガードナーのタイトル忘れたけどブロフェルドの娘がラスボスの話を読んで、つまらなくてそれっきり・・・
ボンドの銃がオモチャみたいなH&KのVP70でボンドカーがサーブという、あまりにセンスのなさに脱力・・・
いやサーブはいい車だと思いますがボンドカーではないでしょ・・・
でもアイスブレーカーはおもしろいという話を聞くので読んでみようかな。

あと猿の手と白紙委任状は作者も良さそうな人だし、読んでみようと思います。
白紙委任状は入手済み、作者はボーンコレクターの人ですね。
「ジェイムズボンドは来ない」って笑笑笑
あまりにもストレートで香川県民の傷口をえぐるような笑
それは読んでみたい!

この記事へのトラックバック