【ネタバレ】「007は2度死ぬ」(第4回) イアン・フレミング

YOU ONLY LIVE TWICE (1964)
Ian Fleming


画像



映画コムの「スペクター」宣伝サイトで「ルパン三世的世界観」て(笑
ルパン007的世界観なんだろむ
007を知らない若い世代に宣伝するのは大変だろうと思うが

「007は2度死ぬ」
第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら
第4回はこちら
第5回はこちら
第6回はこちら


ブロフェルド最後の悪事は日本人を誘いこむ「死の庭園」

12、死地への予約

やっとこさストーリーが本題に入ってきます。
福岡に到着したボンドタイガーの車を尾行するバイクあり。
シャターハント博士の手下のようだ。
県警本部にて博士の居城と庭園の写真を見せてもらい、侵入方法を考える。
付近の黒島を基地にする予定。
黒島海女の一族が住む小島で、キッシー鈴木というハリウッド映画にも出演した娘がいるから、その子と偽装結婚するのだー(映画版といっしょ)
ここで初めてシャターハント博士の顔写真を見るボンド
これは・・・ 愛妻トレーシーを殺してトンズラした宿敵エルンスト・スタブロ・ブロフェルドその人ではないか!
なんという運命、神(というかフレミング)は復讐のチャンスをボンドに与えてくれた!
このことをタイガーに明かせば、警察がブロを逮捕してしまうだろうし、黙っておこう。


13、キッシー鈴木

ついに出ましたボンドガール、映画では浜美枝が演じたキッシー黒島で対面。
純粋な日本人なのに、なぜ「キッシー」なのか説明がないが、おそらくハリウッドでつけられたニックネームなのでしょう。
スカウトされたもののハリウッドになじめず、故郷へと帰って海女の仕事を続ける彼女、ボンドガールとして初めて両親と実家に住んでいる設定です。
ボンドもここで暮らすので婿養子状態(笑
しかも日本人に化けたボンドの偽名が・・・

 轟太郎(とどろき たろう)

ぶわーはははははは!!!
というわけでキッシーからは「太郎さん」と呼ばれるボンド・・・


14、ある黄金の一日

キッシーを手伝い漁の体験をするボンド
ここでキッシーのペットである「デヴィッド」という名の鵜(う)がいっしょに舟に乗りこむ。
ハリウッドで唯一、彼女が好きになった人間がデヴィッド・ニーヴンであり、そこから名前を取った。
デヴィッド・ニーヴン・・・ 原作者フレミングボンド役に推薦していた英国人俳優、皮肉にも他社で映画化された旧作「カジノロワイヤル」ボンド役を務めたのはご存知の通り。
映画版「2度死ぬ」ニーヴン主演の「カジノロワイヤル」がほぼ同じ頃の公開というのも皮肉ですが、ニーヴンの遺作の邦題が「クルーゾーは2度死ぬ」というのも、なんとも運命の皮肉ですねえ。


15、六地蔵

島に伝わる六地蔵にお参りするついでに、対岸に浮かぶブロフェルド城の観察をする。
大分県の中津城あたりをモデルにしたのか、海に張り出した断崖に立っている。
キッシーに任務について明かす。
夜中に彼女のこぐ船で海に乗り出し、途中から泳いで城へと向かう。


16、世にも美しいところ

忍者道具を使ってに忍びこむボンド
ついに恐るべき「死の庭園」を目の当たりにする。
まず物置小屋に入りこんで隠れ場所を確保。
自殺志願者が途中で怖気づいて逃げ出そうとするも、警備員に捕まって噴気孔に投げこまれるのを目撃。

次回、いよいよブロフェルドと対決!











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2017年03月05日 14:30
>愛妻トレーシーを殺してトンズラした宿敵エルンスト・スタブロ・ブロフェルド

いよいよそれと同時に思いました。
第1作「カジノロワイヤル」で去勢されていたら・・・ボンドにとってル・シッフルが絶対に許せない宿敵そして、トレーシーとの結婚も有り得なかった・・・

>このことをタイガーに明かせば、警察がブロを逮捕してしまう

ブロフェルドよりも日本の警察の方が強い?

>父はそこで運を使い果たしたかもしれない・・・

その後、いろいろ?余計な事を聞いてすみません!

>瀬戸内海で何かアクションでもあればよかったのに

惜しい
あうち
2017年03月05日 16:01
>その後、いろいろ?余計な事を聞いてすみません!

あ、いえいえ。特に何か悪いことがあったわけでもありません笑
宝くじあたったりとか、そういうラッキーなことが特になかったなーということで。

カジノで去勢されていたら・・・笑
そういうリアルなヒーローもいいかもですね。
去勢された人は恋もしないのだろうか・・・
「バキ」という格闘漫画で「片金の方が強い」という説が出てきますので、もしかしたらボンドもあの拷問以降、精力が増大してたりして・・・
蟷螂の斧
2017年03月06日 20:27
>「片金の方が強い」という説

某有名カンフースターも、そう言う噂があります

>そういうラッキーなことが特になかったなーということで。

不運がなければ良いと言うのが僕の考えまあ、いろいろありましたから・・・

>スカウトされたもののハリウッドになじめず

勿体無い

>なぜ「キッシー」なのか

キャシーの間違えかなと思いました

>轟太郎(とどろき たろう)

太郎は当時ありふれていた名前。今はレア
轟はフレミングから、どこかから聞いた?
「ティファニーで朝食を」の「ユニオシ」よりは、いいか
あうち
2017年03月06日 21:28
かたきんのカンフースターとはジャッキーさんかブルースさんでしょうか・・・ かわいそう・・・

つづりがKissy Suzukiとなっているのでキシーでいいようですが、すぐキスするような人だったのでしょうか・・・
キャシーといえばやはり中島

そうですよね、不運がなく平凡なら幸せ!
とどろきって相撲取りっぽい名前ですよね。
当時の少年漫画の主人公とかにいそう。
ユニオシってイチオシみたい・・・
蟷螂の斧
2017年03月07日 17:39
>かたきんのカンフースターとは

まあ、都市伝説でしょうアチョー

>不運がなく平凡なら幸せ!

無事これ名馬せっかく取った自動車免許の為に、とばっちり事故そこから人生が大きく狂う僕の事です・・・まあ死なないだけでも良かったか

>キャシーといえばやはり中島

真面目人間の勝野洋が「彼女の離婚歴もプレイガールだと言う噂も全く気になりません」と言って電撃結婚

>Kissy Suzuki
>すぐキスするような人だったのでしょうか・・・

なるほどね。妙に納得しました。

>映画版「2度死ぬ」とニーヴン主演の「カジノロワイヤル」がほぼ同じ頃の公開
>ニーヴンの遺作の邦題が「クルーゾーは2度死ぬ」

そう言う不思議な因果関係ってあると思います
あうち
2017年03月07日 20:48
そうですね、生きていれば007の新作を見る楽しみもありますし。
最近のはあまり楽しみではないけど・・・

アチョーの人でしたか・・・でも都市伝説

勝野さんと言えばテキサス。
そういえば最近勝野さんの名をニュースで見たような・・・
何かありましたっけ?

ニーブンも当ブログでけっこう登場してますが、ピンクパンサーなんかもそのうちやります。
コメデぃってストーリーの要約が案外むずかしいんですよね。
蟷螂の斧
2017年03月08日 07:27
>最近勝野さんの名をニュースで

ご長女が(まだ若いのに)亡くなった件?

>コメデぃってストーリーの要約が案外むずかしいんですよね。

映画秘宝に書いてありました。「おかしな○○」と言う邦題の映画が面白かった例はないそうです

>警備員に捕まって噴気孔に投げこまれるのを目撃

酷いさすがブロフェルド
あうち
2017年03月08日 15:02
ああ、それです!
長女がお亡くなりになったんですね。
こんなときになんですが、テキサスはマカロニやジーパンに比べ魅力が一段落ちるような

>「おかしな○○」と言う邦題の映画が面白かった例はない

それはあるあるー
英語と日本語という言葉の壁もあるでしょうけど・・・

>警備員に捕まって噴気孔に投げこまれるのを目撃

庭に火口があるってのもすごいですよね笑

この記事へのトラックバック