【ネタバレ】映画「007/スペクター」(1)

SPECTRE (2015)



007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




駄作ではないが傑作でもない・・・ うーん、うーん・・・ うんこ

あぎゅう・・・そろそろ「スペクター」のレビューしないとなあ。
このまま放置はしておけん・・・
実は今回、家庭の事情により、劇場で鑑賞できなかったのです。
管理人は第10作「私を愛したスパイ」以後、番外編も含めて「スカイフォール」までの15作品をロードショー公開で見てきました。(第8・9作も二番館で見ましたので、ムーアになってから全部劇場で見てるな)
なので「007最新作を劇場で見られない」という状況に、正直参りました・・・
最初は父親に連れられて劇場に見に行ってた007、その父も亡くなり、母親の介護でついに劇場に行けなくなる・・・
50年以上続くシリーズにハマるというのは、こういうことですよ。

ま、今は公開から4か月も待てばDVDが発売される世の中ですから、自殺を考えるほどは悲観しなかったのですが、やはり気になるのでネットで情報集めまくりました。
お、絶賛の声が多いかな・・・ と思ったら、意外に批判の声も根強く、両極端に評価は分かれています。
批判の多くは、かつてのムーア時代のような娯楽路線に戻ったことに対する批判。
つまり007のファンというより「スカイフォール」が好きだった人からの批判。
監督も「スカイフォール」と同じサム・スミスだったので、路線変更が耐えられなかったようです。
一方、オールドファンからの批判もけっこうある。
カーチェイスがしょぼい、脚本が雑、CGがレベル低い・・・
むむむむ・・・ 「けっきょく駄作なの?傑作なの?うーん気になる!」と、もだえ苦しみつつDVDを待つ日々。
客観的に数字を見れば、世界的に大ヒット。
(日本でもダニエル時代最高のヒットと、DVDジャケットに書いてある)
宣伝は「スターウォーズ」に押されまくって、存在感なかったように思いますが。

で、ようやく4月頭にDVD発売、発売日前にフライング・ゲット。
やっとこさ「スペクター」見られるんじゃよ!!
あれ? うーん・・・ あれ?あれ?

結論から言うと、つまらなくてガッカリしました。
その精神的ショックのせいで、今までレビューする気が起きなかったです。
もし劇場で見ていたら、これほどはガッカリしなかったかもしれない。
DVD発売を一日千秋の思いで待ち続けるうちに、自分の中でハードルを上げてしまったかもしれない。
悪役、ボンドガール、主題歌など各要素は標準以上に良いし、致命的な弱点はない。
「ダイヤモンド」「黄金銃」「美しき」「ライセンス」といった過去の駄作ほどひどいわけではない。
それなのに、このガッカリ感はなんだろう?
なんでワクワクする場面があんまりないんだろう?

それをこの後のエントリーで細かく見ていきたいと思いますが、今思い当たる点をサクッとあげてみると

1、アクションがつまらない
たしかにプレタイトルはすごいですよ、列車内の格闘もシーリーズ随一ですよ。
でもやっぱりネットでの評判通り、ローマのチェイスがガッカリ。
雪山飛行機もな・・・ 秘密基地の爆発はギネス記録かもしれんが、なんであんなアッサリと・・・ クライマックスまるで盛り上がらない。
それに全体が150分もあるのに、アクションがちと少ないでしょう。
それぞれのアクションの尺も短い。

2、情報部内での権力争い(トップが敵のスパイだったり、降格された面々が協力して新しいボスの正体を暴いたり)の描写が、イアン・フレミングというよりジョン・ル・カレっぽいですね。
なんかとっても「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を思い出すんだよなー。
スパイ戦という非情でダーティーな世界を、ル・カレはリアルに描写して、そこに人間の真実を見出そうとしました。
一方のフレミングは、そうした陰惨な情報戦の世界を「夢とロマンのアドベンチャーワールド」に作り替え、読者に刺激を与えようとしました。
だから決して情報部内のイザコザといった頭痛のするネタは描写せず、太陽の降り注ぐエキゾチックな舞台にボンドを飛び立たせたのです。
本作「スペクター」では、そんなフレミングの精神を無視して、他にもミスター・ホワイトの小屋とかホテル・アメリカとか、意図的に陰鬱な描写が多く、フレミングよりル・カレ的なエンターテインメントを志向している。
かといって脚本家にはル・カレのような才能もないので、あまり良い脚本になってないという実情。

3、ブロフェルド・・・ なんじゃこりゃ
多くの方が指摘してますように、強引にボンドブロフェルドを兄弟関係にして、結局それがあまり意味なかったという、安っぽいストーリー。
今回の脚本の脆弱さについて、ハッカーによって撮影前に脚本が流出してしまい、急きょ書き直したらヘッポコになった、という説があります。
脚本の流出なんて気にしなくていいのに・・・ 007なんだから。
だれも「物語の面白さ」なんて007に期待してませんからねー。


あー、なんか悪い点ばかりダラダラと書いてしまいましたが、本作最大の話題はスペクターブロフェルドの復活。
平成ゴジラキングギドラが復活したのと同レベルの喜びがありました。
公開前はブロフェルドが登場するのかどうか隠していた製作サイドですが、監督がインタビューで「ブロフェルドが出るかどうか、今は言えない。見てのお楽しみだ」
それって「出る」って答えてるのといっしょだよ!笑
というわけでブロが出るのはわかっていたが、ブロ猫まで復活するとは!
これはさすがにうれしかった。
あとロバート・マーカム「孫大佐」からの引用があった!
これについては後のエントリーで細かく書きますが、やっぱりテンションあがった。
でもフランツ・オーベルハウザーブロフェルドって器ではなく、しょせん孫大佐程度の小物ってことだな・・・


#24 007/スペクター

1 駄作ではないが傑作でもない・・・ うーん、うーん・・・ うんこ
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_7.html
6 007史上初の長回し、長杉ワロリンwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_12.html
5 ダメな子はヒゲおじさんが目をくり抜く・・・ 痛杉ワロリンwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_11.html
4 川に落ちたアストンマーチンの値段、高杉ワロリンwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_10.html
3 頭にドリル突き刺すの痛杉ワロリンwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_9.html
2 基地も簡単に爆発、ヘリも簡単に墜落・・・ やわ杉ワロリンwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_8.html
7 *** シリーズ第24作「スペクター」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_13.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ@荒らし中~!
2016年09月17日 22:51
こんばんはナッシュです。

スペクター、待ちきれずに前売券買って、先行上映を見に行きましたよ・・・嫁さんと。

個人的には面白くて楽しみましたね。

過去作品のオマージュが出る度に

「フっ!」

って笑ってたら・・・

嫁さん「なに笑ってるの???」

って言われました。

オーペルハウザーの名前が出た時は・・・

「そこまで使うか!(笑)」

と思ったんで、嫁さんに

「原作のオクトパシーで出た・・・」

と説明しちゃいましたよ。

昔々・・・中学生の頃、007が好きな私に同級生のK君が

K「何や、女の裸ば見たかとや?」

と言われた事があります。

数年前にK君とFacebookで繋がったんですが・・・35年の刻は彼を変え(死ぬのは奴らだ!の歌詞みたいだ、爆)ダニエル ボンドを絶賛してました。

こちらも大人なんで・・・最近のファンならそんなもんなんだろうな!て(爆)。

あうち
2016年09月18日 14:19
ふむーK君の話は人の心の移ろいやすさを表したものあわれですなあ・・・
まあ要するにK君はニワカってことですねwww
でも女の裸を見たいかと言われれば見たいですよねwww

スペクターですが、やはり事前知識を持たずに劇場で見れば面白かったのかなあ。
家でDVDで見るのが良くなかったかなあ。
ken
2019年03月07日 15:47
スペクター見ました。
う~ん、ど~でしょう・・・・・やっぱり 「うんこ」ですか?
途中何度も寝てしまった。レビューして誰かに何かを伝えたいという気にならないです。
クレイグボンド 1△ 2× 3◎ 4△ 人それぞれに評価は違うとは思いますが、こんなに変化するのはどうしてだろう?監督以外スタッフは殆ど変わってないですよね。逆に言うと、ファンの年齢層が大きく広がり、制作陣が相当頭を悩ませているということでしょうか。

それよりも、あうちさん。介護の合間にお仕事して、ブログ書いてですか?大変そうです。実は私もこの5月からBBAx3と同居しなければなりません。今から頭抱えてます。本来なら私のほうが介護される側なのに。わが国の「高齢化」はもう抜き差しならない状況になっている。オリンピックなんかやってる場合じゃないだろ。我がリーダーは、自分とお友達のことしか考えてないし。
ふてくされて映画でも見よう。
あうち
2019年03月07日 20:56
ま、今のところ、そこまで本格的な介護にはいたってないのですが、もうすぐ、といったところです・・・ 今年はやばそうです・・・
kenさんこそ3名様とは大変そうですが・・・
高齢化問題はかなり深刻ですね。
下の世代が介護のため働けなくなるのも大問題です。

ところでスペクター寝てしまいましたか笑
やっぱり冗長ですよね?
尺が長いのに(シリーズでいちばん長い)のに、アクションがそれほど多くないのが一因かと思いますが・・・
ken
2019年03月07日 23:12
これからは介護される側よりも、周りの人の介護疲れがどんどん深刻化するとおもいます。
どうぞご自愛ください。
あうち
2019年03月08日 13:07
ありがとうございます!
今はインターネットがあるから、だいぶ助かりますね。
ken
2019年03月08日 17:05
え、ネットで介護??

うちも今のところ全員自立してますが、いつまで続くやら。
「おーいken、 飯まだかー」「今食ったばかりだろ。まだ5時だぞ」
こんなシーンが目に浮かぶ。
あうち
2019年03月08日 22:19
あ、つまりネットがあるから外出できなくても、こうやって人と話せたり、ストリートビューで旅行気分が味わえたり、気分が紛れるという意味です・・・
ネットがなかったら発狂してたかもしれない笑

いやー笑 うちも認知症にならないようがんばってもらうしかないです・・・

この記事へのトラックバック