【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200圏外(13)

ミイラの眠る地で、ミイラが運びこまれた場所で、ぷちバトル



私を愛したスパイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私を愛したスパイ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html


カテゴリー「アクション」とは・・・

かつて「アクション映画の王者」と呼ばれた007シリーズ
特殊装備を満載したボンドカーのチェイスやスキーアクションに水中アクション、空中アクション、列車アクション、ボート・アクション、動物アクションなどなど・・・
007ならではのオリジナリティーあふれる数々のアクションは、後発の映画に多大な影響を与え、ハリウッドのアクションすら凌いできました。
そんな007アクションが「影響を受ける側」に回ってきたのは、いつからでしょうか?
「ブリット」に始まる本格的カーチェイス、ブルース・リーの肉体を駆使したアクション、スタローンシュワさんのムキムキ・アクション・・・
世界的なアクションの進化に置いてきぼりにされそうな007・・・ しかし、負けずに抗います。
「私を愛したスパイ」のスキーダイブ、「ゴールデン・アイ」の戦車チェイス、「カジノ・ロワイヤル」の工事現場チェイスなど、映画史上に残るアクションで「まだまだ終わらんぞ」という意気込みを感じさせる。
そんな輝かしいアクション名場面をランキングするこの企画。
その膨大な名場面の圧倒的数量に目がくらむ!
これぞまさに人類が成し遂げた偉業ですぞ!
やっぱり007はすごい!



【圏外】 アニヤとの出会い
「私を愛したスパイ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_14.html

*** 直前までのあらすじ ***
ピラミッド内の遺跡でフェケッシュの死体を発見するボンド
死体を探ってメモ帳を見つけると、都合よく「マックス・カルバ、ムジャバ・クラブ」と手がかりが書いてあったwww


外に出ると、待ち構えていたのはKGBの美女エージェント、アニヤ・アマソワバーバラ・バック)、シリーズ初のボンドと互角に渡り合える女性工作員です。(以後の作品では類似のキャラが頻出)
うわー検索したらお年を召された画像がたくさん出てきちゃったな、うわー。
画像

ジョーズアニヤの貴重なツーショット

フェケッシュはどこ?」「ファラオのもとに」
「殺したの?」「もう死んでた」
突然アニヤの手下2人が襲いかかってくるが、軽く撃退するボンド
なんと手下の1人はシリーズの常連スタントマン、ボブ・シモンズ
「ドクター・ノオ」のガンバレルの中のボンドも彼だそうです。
「お楽しみいただけたjかな?では、お休み」
立ち去るボンドを見つめるアニヤ、2人の最初の出会い。
画像

マイクロフィルムをカルバに売り渡し、ファラオとともに眠りについた男、アジズ・フェケッシュナディム・サワラー



【圏外】 運びこまれた空軍少佐の死体
「サンダーボール作戦」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_23.html

*** 直前までのあらすじ ***
仲良くなった看護婦さんの背中をミンクの手袋でさすってやるボンド
窓を閉めようと外を見ると、救急車からリッペ伯爵が担架で死体を運びこんでくる・・・


死体が運ばれた部屋に忍びこむボンド
そこで見つけたのは、ミイラ男のように顔を包帯でグルグル巻きに包んだ死体。
包帯を取って、死体の顔を確認。(後になって知るが、それはドミノの兄、NATOパイロットのダーバル少佐
画像

スペクターによって殺害されたパイロット、フランソワ・ダーバルポール・スタッシノ
画像

整形手術でダーバルに化けた小悪党アンジェロ・パラッツィポール・スタッシノ2役)

電話をかけるフリをして受話器を取るボンド
窓の外から忍び寄るリッペ伯爵の手下・・・
銃を持ったその手に、ボンドは受話器を棍棒のように叩きつけKO。
外に出て非常ボタンを押す。
ボンドに置き去りにされた看護婦はプンプン。

手近にあるものを、なんでも武器として利用するボンド
これまでのエントリーでも、トランク、スプレー、浮き輪、虎の敷物、非常階段、シャワーなど、いろんなもので悪人を撃退してきましたが、今回は受話器です。
確かに昔の受話器は重いから、殴られたら痛そうだな。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック