【ネタバレ】「裁きの日」 ジャック・ヒギンズ

DAY OF JUDGMENT (1978)
Jack Higgins


画像



地味ながらヒギンズ味が濃ゆく出た男の小説

スパイ小説連続ネタバレ第6弾!
名作「非情の日」続編、つーても主人公が同じだけで、まったく話はつながってません。

時は「ベルリンの壁」がドイツを東西に分断していた時代。
元英国情報部員サイモン・ヴォーン、彼は今、東ベルリンから西ベルリンへと脱出する亡命者の手助けをして暮らしている。
ある時、葬儀屋のトラックに隠して西側へと連れ出した若い娘マーガレットが、「私の父が癌で危ないのです・・・彼も東から連れ出してくだしゃい」と懇願。
「あなたの父がいるところは東ドイツのど真ん中だし危険すぎる、無理やー」と断るヴォーン
仕方なく娘は、カトリック教会が運営する亡命支援組織に泣きついた。
組織の長コンリン神父が手助けを約束、自ら東側へと潜入するが、これは罠だった!
捕われ、古びたノイシュタット城に監禁された神父、彼を洗脳するのは世界的に名の知れた心理学者ヴァン・ビューレン
1か月後、ケネディ大統領がベルリンを訪問する予定だが、その時に洗脳されたコンリン神父がアメリカを非難する声明を発表すれば、アメリカにとって外交的打撃となるだろう。
それまでに、なんとしても東ドイツから神父を救い出さなければならない。

英国情報部から依頼を受けたヴォーンは、カトリック教会と共同作戦で、東側に潜入する。
カトリックを代表して作戦に参加するエーリッヒ・ハルトマン神父、マッチョでイケメンの熱い男、本作随一の魅力キャラだ。
社会主義国家でかろうじて存在を許されているノイシュタットの修道院、そこから城までトンネルを掘る作戦だが、墓地の地下を通るので、死体から発生した菌とかバクテリアとか、そういうのがとても危険。
だが罠を仕掛けた娘マーガレット(本職は医者)も心を入れ替え、トンネル作業に協力する。

暗い地下牢に監禁され精神的責め苦を受けるコンリン神父、だがさすがの心理学者ヴァン・ビューレンも、その強固な信仰の壁を崩すことは容易ではない。
そして修道院で何か怪しい動きがある・・・ と、秘密警察が警戒を始めたころ。
かつて村人の心のよりどころだった巨大な木製の十字架が、村の外にうち捨てられているのを発見した熱い男ハルトマン神父、その十字架を担いで村の教会まで持ち帰ろうとチャレンジする。
並の人間なら潰されてしまうが、怪力のハルトマンは必死に担いで、一歩一歩村へと近づく。
その姿に村人たちは、キリストの姿を重ね合わせるが・・・
秘密警察は村人に良くない影響があると判断、ただちに中止するようハルトマンに命令。
しかし従わないので、その場で射殺!
村人が大騒ぎに・・・

この混乱に乗じて、コンリン神父をトンネルから運び出すヴォーン
無事に脱出用軽飛行機の元までたどりつくが、今度はマーガレットが敵に捕まった。
もちろんヴォーンは助けに戻る。
ここで悪党だと思ってたヴァン・ビューレンが、実はいいやつだと判明。
マーガレットヴォーンを逃がしてやり、追ってくる秘密警察とともに手榴弾で自爆。

こうしてケネディ大統領は無事にベルリンを訪問。
「民主主義とて完璧ではないが、我々は自国民を閉じこめておくために壁を作る必要を感じたことは1度もない」と演説。
救出されたコンリン神父は、ハルトマンの霊のために祈りを捧げるのだった。
教会が絡んだ話に傑作が多いヒギンズ、本作もそうした1本でしょう。

そういえば例のSEALDSって団体?
自分たちを「ベルリンの壁」を打ち破った民衆になぞらえていましたが、その壁を作ったのはお前さんたちの親分と同じ名前の「共産党」なんだよ笑



コールマン スチールマルチシャベル 170TA0050
Coleman(コールマン)
2012-03-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コールマン スチールマルチシャベル 170TA0050 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ガーバー 折りたたみシャベル E TOOL
ガーバー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガーバー 折りたたみシャベル E TOOL の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック