【ネタバレ】「ホテル」アーサー・ヘイリー

HOTEL (1965)
Arthur Hailey


画像


画像



トラブル続出の呪いのホテル、こんなとこ泊まりたくない(本音)

アーサー・ヘイリーの最初のベストセラーとなった名作「ホテル」を読みましたぞ。
日本で翻案されて「時よ燃えて!」というドラマにもなったそうです。
次作「大空港」と同じく、さまざまなトラブルが続出、そして最後はパニック展開が待っています。

大ベストセラー「大空港」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_7.html
その映画版、パニック映画の元祖
http://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_12.html

舞台となるのはニューオリンズの名門ホテル「セント・グレゴリー」
ではまず、わずか数日の間に次々と襲いかかるトラブルを一覧にしてみましょうか。

1、まず物語の根幹となる危機、それはホテルの支配人トレントがもたらした経営危機。
「昔ながらの家庭的サービスを提供したい」と考えるトレントの経営方針は立派ではあるが、あまりにも前時代的で非効率な経営により深刻な赤字を抱えてしまう。
雇われて間もない副支配人ピーター(主人公、日本版ドラマでは加山雄三が演じる!)はトレントの精神を尊重しつつも、セント・グレゴリーを近代的なホテルに改革したいと情熱を燃やすが・・・
頑迷なトレントはまったく取り合わない。
そしてピーターは以前、別のホテルで宿泊客の女性と過ちを犯してしまった過去があり、他のホテルでは雇ってくれないという弱みもある。
地元の銀行から軒並み融資を断られ、倒産はもはや避けられない。
そんな時、アメリカ最大のチェーン・ホテルのオーナー、オキーフが愛人ドドとともに乗りこんできた!
誰かが救済してくれないかぎり、このままではオキーフに買収されるしかない。
オキーフのホテルはセント・グレゴリーと対極、効率優先で無個性な物件ばかり。
オキーフによる買収はトレントにとって人生の敗北、彼のホテル経営哲学の全否定になるのだ・・・
(管理人は正直言ってオキーフのホテルの方がくつろげそう笑 ホテルは清潔で安全ならば個性なんかいらない、寝るだけですから笑)

2、毎年セント・グレゴリーに泊まりにくる老人ウェルズ
質素な身なりで、あまり金は持ってなさそうだが・・・
今年は空調が効かない熱のこもる最悪の部屋に通され、呼吸困難で倒れてしまう。
早急に対応するピーターと支配人秘書のフランシス、病院を嫌うウェルズの要望を聞き入れ、部屋を変えたうえで医師と看護婦を手配、危機を脱する。
回復後、ピーターの対応に感心するウェルズ
実は彼は全米有数の資産家であり、最終的にホテルを救済するのは彼なのだ。
なんか日本昔話みたいな展開ですが笑
最後は彼がホテルを買い取り、トレントを引退させピーターを実質的な経営者に据える。
そしてピーターフランシスのロマンスも発展する。

3、次期駐米イギリス大使に就任する見込みのクロイドン公爵とその夫人が貴賓室に宿泊している。
だが、ある夜・・・ さんざん女遊びした公爵は迎えに来た夫人を乗せて飲酒運転、通行人の少女と母親を轢き殺し、そのまま逃走!
強烈なエゴを持つ公爵夫人はなんとかシラを切って逃げきろうとするが、ホテルの警備担当(元刑事)からユスられるハメに。
しかし警備担当を自分のペースに巻きこむ公爵夫人、取引して事故を起こした車を処分してもらうことに。
だが最終的にはすべては明るみに、観念した公爵は妻を守るため自首しようとするが・・・

4、ホテルの大部屋を借り切って乱交パーティーを開く地元のボンボンたち。
19歳の誕生日なのに孤独な美少女マーシャは、ついついそれに参加して、あやうくレイプされそうなところをピーターに助けてもらう。
この時ピーターにハートずっきゅーん、フランシスを巻きこんで三角関係に。
いったんはマーシャにふらーっとなるピーターだが、結局はフランシスを選択。

5、ホテルを専門に狙う泥棒キーケース・ミルンセント・グレゴリーに目をつける。
彼の手口はセキュリティの進んだ現代では通用しないものばかりだなあ・・・
思ったように稼げないミルンは、公爵夫人の宝石類に狙いを定めるが、忍びこんだ貴賓室で、とんでもないものを発見。
それは口止め料として警備担当に払う予定の莫大な現金。
それをいただいてトンズラしようと、ミルンはエレベーターに乗りこむが・・・

6、セント・グレゴリーで開催される全米歯科医師学会。
しかし学会員である黒人歯科医の宿泊を拒否せざるを得ないピーター
(ピーター自身は黒人差別を撤廃したいと思っているが、経営者トレントの強硬な南部流の方針に逆らえない)
これに怒った歯科医師会が宿泊ボイコット騒ぎを起こす。


この他にも、ホテルの備品をちょろまかす清掃員や、売春婦を斡旋するボーイ長、変な味になってしまったフライドチキンなど、細かい問題が山ほど発生。
そして機械のメンテにかける費用がないので、どんどん作動不良になっていく4号エレベーター・・・ 時限爆弾のごとく、破局への時を刻みます。
そして前述の通り、倒産の期限ギリギリでウェルズ老人がホテルを買い取り、チェ-ン王オキーフェを退ける。
買収に失敗したオキーフェは愛人ドドに八つ当たり。
どのみち今回の旅行の後にドドを切り捨て、新しい愛人を調達する予定だったが・・・
運命の4号エレベーターに失意のドド、自首するつもりのクロイドン公爵、大金を持ってトンズラするミルン、その他もろもろの人々が乗りこみ・・・
ついにエレベーターは重さに耐えきれず墜落する!
この大惨事に大パニックとなる名門ホテル。
次作「大空港」での旅客機爆発の原型となるシーンであり、それが映画化されてパニック映画というジャンルを生み出します。
パニックの源流はエレベーターだった!

クロイドン死亡、ドド瀕死の重傷、ミルンは奇跡的に無傷で大金を持って姿を消す。
現場に駆けつけたオキーフェドドを愛していたとようやく自覚、彼女が回復ししだい結婚を決意する。
ドドはどうにか命はとりとめたようで、まずはめでたし。
しかしホテルにとっては、このさき賠償とかいろいろ大変そうだ。



大空港 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-08-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大空港 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エアポート'75 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エアポート'75 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エアポート'77 バミューダからの脱出 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エアポート'77 バミューダからの脱出 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック