【ネタバレ】映画「ダーティハリー」

DIRTY HARRY (1971)



ダーティハリー [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダーティハリー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




あと何発残ってるか忘れたけど44マグナムばっこーん

やっと今ごろハリー・キャラハン刑事登場じゃよ。
レビューしたい名作は多いけど、なかなか時間が追いつかない。

クリント・イーストウッド「荒野の用心棒」に始まるマカロニ・ウエスタン3部作で成功した後アメリカに帰国、本作のヒットで世界的スターになったそうです。
この作品でメジャーになったのは、44マグナム弾を使用するハリーの愛銃スミス・アンド・ウェッソンM29
本来は大きな動物を仕留めるためのハンドガンであり、人間に使うのは、まして街中で使うにはデカすぎるが、刑事(デカ)だけにデカいのがいいのだろう。

実在した連続殺人鬼ゾディアックをモデルにしたっぽい異常者スコルピオがサンフランシスコで人を殺しまくる。
スコルピオを演じるアンディ・ロビンソンシルベスター・スタローン版ダーティー・ハリーともいえる「コブラ」で人権派の刑事を演じてスタローンに殴られてましたな笑
犯罪者の人権よりも悪人をぶっ殺すことを優先するハリー刑事、少女を人質に取ったスコルピオにさんざん振り回されるが、最後は無人のスタジアムでついに捕獲。(ただし少女は死亡)
しかし市民の安全よりも人権を優先するリベラル上層部によってスコルピオは釈放、ハリーは謹慎処分という、やりきれない展開。
せっかく無罪放免となったのに、殺人衝動を抑えきれず小学生の乗ったバスをハイジャックするスコルピオ、ここで無理やり子供たちに歌わせる「こげこげこげよーボートこげよー」という歌は、いろんなアニメなどでパロられました。
結局ハリーに追いつめられることになって、採石場で射殺される。
44マグナムが弾切れになったと見せかけ相手に発砲させ、正当防衛の名目で射殺するハリー刑事の巧妙な手口。

行き過ぎた人権思想、ポリティカル・コレクトネス?といったものに対するアメリカ人の不満がたまりまくってるのが感じられます。
たしかに人権という考え方は人間社会に必要なものですが、薬も量が多すぎると毒になるように、どんな信条もイデオロギーも行き過ぎると有害なものになりえます。
といって警察が暴走しすぎても恐ろしい警察国家になってしまうし、そのバランス取りは難しい。
「これが絶対に正しい」という正解はないと思うし、常に議論される必要があるでしょうが、昨今は人権という名目があれば何をしてもいいと考える人権野郎が多くなったと思います。
人間社会のために人権という「道具」があるのであり、人権思想という「宗教」に仕えるために人間が存在するわけではありません。
人権とは絶対的なものではなく、犯罪者の人権は制限されたたり剥奪されたりすることがあってもいい。
犯罪を憎む気持ち、犯罪者を許せないと思う気持ちは大切。
市民1人1人の心に、「悪党には44マグナムをブチこんでやるぜバーカ」という気持ちがあるべきでしょう。
でも44マグナムより357マグナムのが好きですけどね。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ
2017年01月08日 07:41
ダーティーハリー、小学生の頃に44マグナムを知り、父親にダーティーハリーの事を聞くと

「ダーティーハリー?・・・日本語では汚ないハリーって意味なんだよ」

との説明が印象的でした。

初めて見たのは中学の頃、正月の深夜映画だったんですが、面白かったなぁ。

LDでシリーズを揃えましたが・・・時代が変わり、今はBlu-rayBOXに。

山田康雄さんの吹き替えが秀逸で、好きでしたねぇ。

1と4が大好きで・・・当然M29(コクサイ モデルガン)とオートマグ クリント1(マルシン ガスガン)を購入しました(爆)。

レプリカのショルダーホルスターを買って、M29を抜いてみると、テレビで聞いた音がするのは感動したなぁ(爆)。
あうち
2017年01月08日 22:51
ダーティーハリーってカタカナだと最強にカッコいい語感ですよね。
4も近々やりますよ!
自分は2もけっこう好き。M29対パイソン・・・
コクサイのM29ガスガンで実弾が発射できる?とかで回収騒ぎになったのありましたよね。いや、実弾が発射できるわけないけど汗
オートマグは金属製モデルガンもってますが、大味。
山田康雄さんのルパンと並ぶ代表作ですよね・・・
ken
2019年02月25日 22:57
これも大好き。
エンジのニットベストにツイードジャケット。サングラスして、しばらく通勤してました。でも、さすがに44マグナムは持てなかったけど。
ラロシフリンがかっこいい。ブリットのカーチェイスシーンが秀逸でした。でもラロシフリン、並べて聞いて失敗しました。スパイ大作戦VSナポレオンソロ、ダーティハリーVS燃えよドラゴン。一緒になっちゃった。
あうち
2019年02月25日 23:59
ツイードのジャケットあこがれますね。(でも手入れがめんどくさいとかなんとか)
ブリットもレビュー済ですので、よろしかったらどうぞ。
ラロシフリン、あるある笑
あ、でもナポレオンソロはどんな曲だったか知らないです・・・

私はフランシスレイで同じようなことが。
「ある愛の詩」と「白い恋人たち」でごっちゃになってしまうことが・・・
ken
2019年02月26日 16:20
ろくに調べもせず、いい加減なことを言ってしまいました。0011ナポレオンソロはラロシフリンではなかった。ジェリー・ゴールドスミスという多くの映画音楽を手がけた重鎮の作でした。私の馬鹿な耳にはほぼ一緒に聞こえる。機会があったら聞いてみてください。
あうち
2019年02月26日 20:48
ユーチューブで見てみました!
そういえばオープニングだけ見たことあるかも。
ナポレオンソロの使うサイレンサー?付きの銃のオモチャ(モデルガンではないようです)が子供のころ欲しかったなー。
ジェリー・ゴールドスミスも偉大な作曲家ですね。

この記事へのトラックバック