【ネタバレ】「大穴」 ディック・フランシス

ODDS AGAINST (1965)
Dick Francis



大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2))
早川書房
ディック・フランシス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




なんということでしょう、競馬場が大変なことに

久々のディック・フランシス
前から言ってますように、競馬ミステリーだけど、競馬に関心ない方でも大丈夫。
そもそも早川書房がディック・フランシスの小説すべてを勝手に「競馬シリーズ」なんてくくりで売り出してしまったのですが、実際には毎回、話も主人公も別だし、シリーズものではありません。
ただ例外が本作を第1作とする私立探偵シッド・ハレーもので、これはまごうかたなきシリーズです。
本作のクライマックスでは、主人公ハレーが悪人に捕まって片手を切断されてしまうという、前代未聞の大ピンチに。
どうやって、この危機を脱するのか?
もう競馬に興味があるとかないとか、そんなこと言ってる場合じゃないんですぞ!

主人公ハレーは、かつては障害レースのチャンピオン・ジョッキーだったが、落馬して左手に障害を負ってしまう。
馬の足にはかせる蹄鉄、これは使ってるとだんだんすり減っていくので、ふつうは毎回交換するのだが、ケチな馬主は取り替えないでずっと使い続ける。
するとしだいにへりが剃刀のように薄くなってしまうが、運悪くハレーは落馬した際、この鋭い蹄鉄でザクッと手を切られてしまった。
もはや動かすこともできず萎えてしまった左手を、ハレーは常にポケットに入れて隠している。
義父の口利きで私立探偵社に就職したハレー、だが思ったような成果が上げられず、気分を腐らせる毎日。
だが、依頼人を脅迫するヤクザ者をうまくおびき出したところ、腹に1発銃弾を食らい、命はとりとめたものの入院生活。
探偵稼業も向いてないようだし、足を洗うか・・・

退院したある日、義父のロランドから屋敷に招待される。
妻とは別居状態なのだが、なぜか義父ハレーに目をかけ、力になってくれる。
しかしこの週末、義父から受けた扱いはひどかった。
「娘に寄生する能無し」として客に紹介され、残忍で意地の悪い招待客からも、いびられる始末。
が、すべては義父の計略だった。
招待客のクレイ夫妻義父がハンティングに連れ出してる間、ハレーは夫妻の荷物を調査、写真に撮るよう命じられる。
自称地質学者のクレイ、実はかなりの悪党で、数々の競馬場で事故に見せかけた破壊工作を行い、株価を下げては買収、住宅地として売りさばくという悪どい真似をしていた。
この次はシーベリイ競馬場に狙いをつけるクレイ
なんとしても悪事の証拠をつかんで、競馬場を守るのだ!
ハレーに一人前の探偵として自信を持たせるべく、義父がすべてを仕組んでくれたのである。
(実はハレーを撃ったチンピラの黒幕もクレイなんだよ)

クレイの鞄に入っていた書類や手紙をもとに、捜査を開始するハレー
競馬場の理事長とも面会、警備の計画を立てる。
相棒は柔道の達人、下町っ子のチコ
捜査の途上で、顔に火傷の跡のある女性ザナと知り合い、いい仲に。
クレイは競馬場のトラックに薬品を撒こうとしたり、鏡で太陽を反射して騎手の目をくらませようとしたり、いろいろと仕掛けてくる。
それにしても作者は悪人を書くのがうまい。
毎回、本を殴りたくなるくらい、悪人が憎たらしいです。

大きなレースの前夜、念のためシーベリイ競馬場の警備状況を点検に来たハレー
が、増員した警備担当者らが全員、薬を盛られて爆睡中!(この無能!)
クレイ一味が何かを仕掛けていると確信するハレー、1人で調査を開始、ボイラーにネズミの死体が詰まってるのを発見。(このまま放置すればボイラー大爆発)
無事に取り除いたが、夜の競馬場を悪人一味に追われるハレー、ついに捕まってしまう。
「俺の書類を撮影したネガはどこだ?」
クレイに拷問されるが、ハレーは吐かない。
実はネガは、恋人未満の仲となったザナに預かってもらっているのだ・・・
ここでクレイはシャベルを持ち出し、ハレーの左手に叩きつけ切断!
痛そう!(不具の方の手だからよかったものの、健康な右手をやられたら人生終わった)
ついに耐え切れず、住所を教えてしまうハレー
「ラベルにジゴロ・カノと書いてある缶に入ってるから・・・」

が、実はハレーが教えた住所、相棒のチコが住んでる場所だった。
ネガを取りに来たクレイの手下から、「ジゴロ・カノと書いてある缶」と言われ、ピンと来るチコ
ジゴロ・カノとは柔道の創始者の名前。(嘉納治五郎のことかあー!)
つまり「柔道技でこいつをやっつけてくれ」というハレーからのメッセージだと、すぐ気づいた!
たちまち手下を締め上げ吐かせるチコ、警察に連絡してシーベリイを包囲させる。
クレイはあっさり逮捕、ハレーは再び入院。

退院したハレーは探偵社の共同経営者となり、失った左手には自由に動く義手を装着する予定だ。
クライマックスで手を失う主人公って、「ジョジョの奇妙な冒険」第2部を思い出しますね。



興奮 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-1))
早川書房
ディック・フランシス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 興奮 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12‐18))
早川書房
ディック・フランシス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12‐18)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ディック・フランシス読本
早川書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ディック・フランシス読本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック