【ネタバレ】「11の物語」 パトリシア・ハイスミス

ELEVEN (1945-70)
Patricia Highsmith



11の物語 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
パトリシア ハイスミス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 11の物語 (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「太陽がいっぱい」原作者の気持ち悪い系短編集(怪獣あり)

読書の秋、短編集祭り第2弾!
女流サスペンス作家パトリシア・ハイスミスをお送りしますが、アラン・ドロン主演のあの映画のイメージで読むと、だいぶ肩すかしを食らいます。
スッキリしないというか、なんともイヤな読後感(笑
そして意外にも巨大生物との戦いもあったりして、なかなか引き出しが広いです。
11の物語の内、半分くらいをご紹介。


「かたつむり観察者」

自らもカタツムリ飼育が趣味だというハイスミス
カタツムリに取りつかれたあまり、書斎いっぱいに飼育ケースを置きまくる主人公。
しばらく放置してしまい、部屋に入ったら大繁殖している!
足元のカタツムリに滑って転んでケースを割ってしまい、あふれ出たカタツムリの群れがウニョウニョと主人公に群がる。
耳から鼻から口から・・・ カタツムリが入りこむ!


「すっぽん」

アメリカでもスッポンを食す、ふつうに市場に売ってるという事実に驚き。
少年ヴィクター母親から「かわいい少年」のイメージを押しつけられ、不満を抱いている。
ある日、母親が生きたスッポンを買ってきてくれた。
かわいいペットに夢中になるヴィクター
だが、それはペットではなく夕食の食材だったので、母親はサクサクとさばいて調理してしまう。
茫然自失のヴィクター、思わず包丁で母親をブスッと・・・


「クレイヴァリング教授の新発見」

動物学の権威クレイヴァリング教授は、伝説の巨大カタツムリの発見を夢見て、1人きりで南の島へ。
たちまち高さ5mほどの殻をもつカタツムリを2匹も発見。
だが乗ってきたヨットが流されてしまい、小さな島の上を必死で逃げ回るハメに。
救助に駆けつけた先住民の小舟も、怪物のようなカタツムリの姿を見たとたん、向きを変えて逃げていく。
海まで逃げのびた教授だが、カタツムリがのしかかりバリバリと食ってしまう・・・


「ヒロイン」

ハイスミスの処女作。
あこがれの「子守り」として、クリスチャンセン家に就職したルシール
2人の子供とも仲良くなり、出だし順調だ。
奥様も特別ボーナスをくれるが、私はこの仕事が好きなのであって、お金なんかいらないのに・・・
もっともっと子供たちのために働いて、この身を犠牲にしてでも子供たちを守ってあげたい。
そうだ、火事になったら、私が命にかえても子供たちを炎の中から救い出して見せる。
火事にならないかなあ?
自分で邸にガソリンをまき、火をつけるルシールであった。


「アフトン夫人の優雅な生活」

精神分析医バウアー博士のクリニックに、たびたび通ってくるアフトン夫人
が過度のトレーニング・マニアで、部屋に運動器具を持ちこんで鍛錬に励むが、度が過ぎて体がボロボロになっているという。
一種の精神の病のようだが、いくら説得しても精神科を受診しようとしないので、夫人が代わりに来て、博士に相談している。
1度本人に会ってみようと思い、夫妻の部屋を訪ねる博士
そこで夫人に会うが、夫のアフトン氏は外出中。
ところ狭しと並べられたトレーニング機器は、どれも新品のようだが・・・
博士がフロントで確認すると、アフトン夫人という人物は存在せず、その部屋に住んでいるのは未婚のゴーラム嬢だった。
ということは、「夫」も存在しないのだろう。
博士の患者は「アフトン夫人の夫」ではなく、「ゴーラム嬢」だったのである。


「からっぽの巣箱」

これも怪生物テーマ。
庭の小鳥用の巣箱に、リスよりも大きな見たこともない謎の生物が入ってるのをイーディスは発見する。
だが夫にはその姿が見えないし、信じてもくれない。
ユーマ(UMA=未確認動物)を退治するため、猫を借りてくるイーディスだが・・・
(ネタ伏せ)

ハイスミスの名を世界に知らしめた映画「太陽がいっぱい」のネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201412/article_3.html



太陽がいっぱい (河出文庫)
河出書房新社
2016-05-07
パトリシア ハイスミス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太陽がいっぱい (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



キャロル (河出文庫)
河出書房新社
パトリシア ハイスミス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャロル (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アメリカの友人 (河出文庫 ハ 2-15)
河出書房新社
パトリシア・ハイスミス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アメリカの友人 (河出文庫 ハ 2-15) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック