【ネタバレ】 映画「史上最大の作戦」

THE LONGEST DAY (1962)



史上最大の作戦 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 史上最大の作戦 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




世界の運命を変えた最も長い日、戦争は映画で見ればじゅうぶん!

今年もお世話になりました!
年末の戦争映画祭り第1弾、戦争映画最高峰の呼び声も伊達じゃない「史上最大の作戦」をお送りします!
複数名の監督により撮影されておりますが、イギリス側監督のケン・アナキンは、あのダースヴェイダーさんの本名アナキン・スカイウォーカーの元ネタだって!
音楽は「アラビアのロレンス」モーリス・ジャール・・・ しかし、あの有名な主題歌は一兵卒として出演もしてるポール・アンカが作詞作曲してるらしい。
ジャールは何の仕事をしてるんじゃー?
これ、映画音楽史上の名曲の一つ
https://www.youtube.com/watch?v=Ff4ci4-tY_0

第2次世界大戦も終盤、ナチス・ドイツに占領されたフランス(ぷぷっフランスなさけねー)を奪回すべく、アメリカ・イギリスそしてフランスの連合軍はヨーロッパ大陸への侵攻を画策していた。(作戦名:オーバーロード作戦
上陸地点はカレー(ライスじゃなくて地名の方)かノルマンディーか?
ドイツ側でも情報を収集していたが、みんなカレーだってゆうから、そっちの方に部隊を集中させていた。
そしてついにDデイ来たる!
まずはグライダー部隊が細々と攻めてきて、次いでパラシュート部隊がわんさかと下降。
そして主力となる上陸部隊が・・・ カレーではなくノルマンディー沖合に!
迫りくる上陸船団を発見するドイツ将校、ベートーベンの「運命」がジャジャジャジャーンと鳴る印象的なシーン。
そして始まる壮絶な上陸戦、バリバリババババドッカーンボキューン
ついに連合軍が海岸を制圧したー!
おしまい。

というあらすじですが、ここで映画史上もっとも豪華絢爛かもしれない出演者を見ていきましょう。
ただ残念なことに、管理人が無知なためによく知らないスターとか、名前は知っててもどこに出てるのかわからない人とかいっぱいいますので、あくまでも管理人が気付いた人だけ・・・

今回で3回目の鑑賞になりますが、ようやくショーン・コネリーの出てる場面がわかった!
まだジェームズ・ボンドとしてスターになる前らしい。
そしてロバに乗ったユーモラスなドイツ兵にゴールドフィンガーことゲルト・フレーベ

ノルマンディーが攻められてるのにヒットラー総統はスヤスヤお休み中で起こせない。(起こすと怒られるから)
総統に許可を出してもらわないと部隊を動かせないのに・・・
「後世の歴史家は信じないだろうな。総統が寝ていたせいで敗戦したなんて!」とカメラ目線で苦言を呈するドイツ軍大将に、やはり007から「私を愛したスパイ」ストロンバーグことクルト・ユルゲンス

部下が大量に死んでるのに晴れ晴れした顔の上陸部隊指揮官にロバート・ミッチャム
フランスに降下したけど道に迷ってウロウロするジョン・ウェイン
ルーズベルト大統領の息子にヘンリー・フォンダ。(今思ったけどベルトがルーズだったらズボンが落ちてしまうのでは・・・)
リチャード・バートンはなんとなくわかった。
ロバート・ライアンロバート・ワグナーロッド・スタイガーなどは、どこに出てるかわかりませんでした。
その他のスターは名前すら知りません。
知らないのです・・・


ゲルト・フレーベ出演作品のネタバレ
「007/ゴールドフィンガー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_8.html
「チキ・チキ・バン・バン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_14.html

クルト・ユルゲンス出演作品のネタバレ
「007/私を愛したスパイ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_10.html

ロバート・ミッチャム出演作品のネタバレ
「ザ・ヤクザ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_11.html
「さらば愛しき女よ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_12.html

ジョン・ウェイン出演作品のネタバレ
「リオ・ブラボー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_12.html

ヘンリー・フォンダ出演作品のネタバレ
「ウエスタン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_7.html
「メテオ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_25.html

リチャード・バートン出演作品のネタバレ
「寒い国から帰ったスパイ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_3.html
「荒鷲の要塞」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_8.html
「ワイルド・ギース」
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_14.html

ロバート・ライアン出演作品のネタバレ
「特攻大作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_19.html
「ワイルドバンチ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_15.html

ロバート・ワグナー出演作品のネタバレ
「動く標的」
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_2.html
「タワーリング・インフェルノ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_2.html
「エアポート'80」
http://puripuriouch.at.webry.info/201508/article_5.html

ロッド・スタイガー出演作品のネタバレ
「夕陽のギャングたち」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_14.html
「夜の大捜査線」
http://puripuriouch.at.webry.info/201711/article_10.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2017年12月02日 00:20
この映画、戦争映画ファンの間では傑作という声が半々らしいそうなんですね…戦争映画を扱うブログでも好き嫌いあるようです。
まあ、個人的には戦争映画でオールスターゲームをやってみたような映画だと思います。この映画で「クレオパトラ」の大赤字を解消したけど…今度は「トラ・トラ・トラ」で大赤字を出してしまい、ダリル、F、ザナックは映画界を去ったそうです。この2作は戦争映画の大傑作ですね。
あうち
2017年12月02日 09:37
さっそくコメントありがとうございます!
本作を嫌いな人って何が嫌いなんでしょうね?
あ、ドイツの人か・・・

クレオパトラの大赤字はわかるけど、トラはいい映画なのに、なぜ赤字なんだろう・・・
あ、アメリカ人が見てもおもしろくないからか。
トラは今回の戦争映画祭りでは登場しませんが、次回やりまーす
綾小路清隆(仮名)
2017年12月02日 22:49
本作が好き嫌い分かれる理由ではもしや「プライベートライアン」と比較したくなるからでしょうか?
まあ、「プライベートライアン」の方がノルマンディー上陸作戦のシーンが強烈でしたが…
戦争映画を扱うブログでも「プライベートライアン」と比較される方は多いですね。映像技術の進歩を考えても「史上最大の作戦」はオールスター映画としても十分な映画だと思いますが。
あうち
2017年12月03日 14:26
そうですね、白黒時代の映画とライアンを比べてもなあ・・・
ちょっとフェアな比較ではないですよね?
個人的には映画としてはライアンより本作の方が上かな。
ライアンも近々登場予定です。
綾小路清隆(仮名)
2019年06月06日 22:29
今日で丁度、ノルマンディー上陸作戦75周年だそうですね。
この映画の製作には当時の軍人がアドバイザーしたみたいですね。
この映画の序盤でギャンブルで大金手にした兵士がわざと大金をパアにする場面はホントらしいですね。
ジョン、ウェインはリチャード、バートンだったかロバート、ミッチャムの役の兵士と同じ指輪を持ってたため撮影期間中は指輪を貸したそうです。
あうち
2019年06月06日 23:08
おおっ75周年ですか!
ということは1944年だったのか・・・
これ以降、ドイツはけっこう持ちこたえたんですね・・・

本作の製作当時は戦争体験者もいっぱいいたし、そういうリアルさは後の作品では再現できないですよね。
日本も戦後世代の作る戦争物はウソくさいし。
戦争の記憶も消えていき、そしてまた新たな戦争が・・・
綾小路清隆(仮名)
2019年06月07日 01:23
日本の反戦映画で名高い今井正監督の「ひめゆりの塔」は当時、沖縄が占領下だったため、千葉県で撮影したそうです。
演出や、俳優の熱演で映画は名画と言われてるが、今井監督は気に入らない映画だったようで、後にリメイクして念願の沖縄ロケを実現させたような…(リメイク版は栗原小巻や、大場久美子等が出演)このリメイク版も一応評価は高いそうです。
あうち
2019年06月07日 11:14
「ひめゆりの塔」、有名ですよね。
小学校のころ、日教組の先生が必死に宣伝してたような・・・
たぶん一生見ることはないでしょう笑

この記事へのトラックバック