【007名場面ランキング】「ガンショット」名場面ベスト5(圏外)

全弾撃って、当たらなくて、一発で当たって



007/スカイフォール [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/スカイフォール [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「ガンショット」とは・・・

基本的にボンドの射撃により、敵を仕留める場面。
銃撃戦のような「アクション」ではなく、狙撃に類する、ボンドが動かない「静」の場面。
そんな名場面がたまにありますよね。
射撃訓練のシーンなんかも含みます。


【圏外】 ボンドの射撃が当たらない
「スカイフォール」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_14.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドはMI6に復帰したが、体なまりんこ。
ルームランナー、腹筋、懸垂とトレーニングを重ねる。


射撃場でシューティング、だが肩の傷が痛んで、まったく当たらない。
銃口も震えている。
どんどん前に出て撃つボンド、やっと当たる。
すっかりダメになってるわー。

画像

無精ヒゲボンドダニエル・クレイグ
たぶんヒゲをそれば弾は当たる、たぶん

地下鉄駅を利用したMI6仮設本部のセットも重厚で雰囲気ある。



【圏外】 デント教授殺害
「ドクター・ノオ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_8.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドミス・タローの家で、一人トランプをしながら、誰かを待ち続ける・・・
ワルサーにサイレンサーを装着して・・・(サイレンサーの装着の仕方おかしいよ、しかもワルサーでなくブローニング?)


侵入者が室内に忍びより、人型にふくらませたベッドに6発発砲。
姿を現した殺し屋はデント教授だった!(わかってたけど)
後ろからボンドがホールドアップ、銃を捨てさせる。
「クラブで会った時からおかしいと思ってた・・・ ボスは誰だ?」
「教えてもムダだ」
タバコに火をつけるボンドのスキを突いて、銃を拾い上げるデント
しかし弾倉はもう空だったん。
S&Wは6発だろ?(え、いや、そんな・・・)」
パスッパスッと数発撃ちこむとデント死亡。
サイレンサーを外してフーッと吹くボンド

画像

無能としか言いようのない中ボス、デント教授(原作には登場しない)
演じるアンソニー・ドーソンはその気になれば、もっといい悪役ができそう
実際「ロシア」「サンダー」ではスペクター首領ブロフェルドを雰囲気たっぷりに演じてますが・・・(ただし顔は隠れて声も吹き替え)

画像

カードをしながら標的を待ち、煙草をくゆらしながら眉ひとつ動かさず射殺する
悪役ならともかく、主人公がこの冷酷非情さ・・・
当時の観客は衝撃を受けたことでしょう
変なセリフさえ言わせなければ名場面だったのに・・・



【圏外】 ヴァーガスを仕留める
「サンダーボール作戦」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_20.html

*** 直前までのあらすじ ***
ウニを踏んでしまうドミノボンドは足からトゲを抜いてやってチューチュー


ガイガーカウンター・カメラの説明をしてるところで、ドミノが背後から忍びよるヴァーガスを発見。
「尾行してたんだわ・・・」
木陰でピストルにサイレンサーを装着するヴァーガス
ボンドは手元にあった水中銃を取って振り向きざま発射、敵を仕留める。
「当たりだな」

画像

「ひー痛い!」 フィリップ・ロック演じる悪漢ヴァーガスの痛そうな最期

「必ずラルゴを殺して、ジェームズ
別れ際にドミノは、桟橋のそばの橋に秘密がありそうだと伝える。

画像

ラルゴの情婦ドミノを演じるフランス人女優クロディーヌ・オージェ(右)
水野晴郎先生のお気に入りボンドガール



ドクター・ノオ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドクター・ノオ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サンダーボール作戦 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンダーボール作戦 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



007/サンダーボール作戦 007シリーズ
早川書房
2015-01-29
イアン フレミング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/サンダーボール作戦 007シリーズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ
2017年12月22日 10:59
こんにちはナッシュです。

ドクターノオのこのシーン

子供心に

「非常な主人公だ!」

と驚いたのを覚えています。

大人になってビデオで見た時は

「デント教授のS&Wじゃ無くてコルト ガバメント(7+1)じゃないか・・・しかも撃ち尽くしたオートマチックなのにスライドストップも掛かって無いし!(汗)」

って思いました(爆)。
あうち
2017年12月22日 14:11
こんにちわー。
昔は日本の刑事ドラマなんかでも必死に撃った弾の数数えたりしてましたよねー。
オートマチックとリボルバーのちがいがよくわからず、リボルバーの感覚で脚本書いてるんじゃないかと思うんです。
だから「6発」なのでは・・・
ここは殺さずに逮捕でいいんじゃないかと思うけど、ボンドのキャラを立てるために非情な殺しのシーンがほしかったんでしょうね笑

この記事へのトラックバック