ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「遠すぎた橋」

<<   作成日時 : 2017/12/03 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

A BRIDGE TOO FAR (1977)



遠すぎた橋 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遠すぎた橋 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




人命の浪費! モントゲモリーはひどい将軍

今年もいろいろ大変だったと思いますが、戦場で虫ケラのように殺される兵士たちのことを思えば、どうってことないですよね!
というわけで年末の戦争映画祭り第3弾、こんな無謀な作戦立てるのは日本軍だけじゃなかったんやねー、上層部が無能でストレスたまる「遠すぎた橋」をお送りします。
原作は「史上最大の作戦」と同じコーネリアス・ライアン
監督のリチャード・アッテンボロー「ジュラシック・パーク」のあのジイさんですね。
音楽のジョン・アディソンは、あまり名前を聞かない作曲家ですが、テーマ曲は戦争映画屈指の流麗な曲で大好きです。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=4Gls47FozfQ

そして「史上最大」と同様オールスターキャストなのですが、名前は知ってるけどどこに出てるかわからない人、名前すら知らない人がいっぱいいるのも「史上最大」と同じ。
でも時代が「史上最大」より新しいぶん、知ってる人が多め。
ノルマンディー上陸を果たした連合軍であったが、そこから一気にドイツ軍をやっつけるかと思いきや、さすがにドイツはそんなには甘くない。
必死の抵抗で連合軍に苦杯を飲ますこともしばしば、その中でも最大級の連合軍大敗を描くのが本作。
アメリカのパットン将軍が「あいつは無能だ」と批判していたイギリスのモントゴメリー将軍、大量のパラシュート部隊を降下させ、ベルリンへ通じる5つの橋を一気に押さえる「マーケットガーデン作戦」を立案する。
マーケットガーデン・・・ 新鮮な食料品が毎日安いみたいな作戦名です。
大空にパラシュートの花がポンポン開く降下シーンは名場面。
本物はやっぱりイイ!
これがCGだったらガッカリ!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=yE_CT0n1kqo

主な戦場はオランダ。
戦闘に巻きこまれた町がボロボロになっていくのが、かわいそう。
連合軍は4つの橋まではどうにか制圧するが、5つ目の橋が大人の事情でだいぶ遠い地点に降下したため、たどり着くのさえ大変。
この部隊を率いるショーン・コネリー「史上最大」の時から出世したのは目出たいが、まったくいいところなくボロ負けして撤退することに。
くうー、コネリーがみじめで見ていてつらい!
モントゴメリーのばか!
というあらすじ。

ここでコネリー以外の豪華キャストを見てみましょう。
後半に入ってからようやく登場するロバート・レッドフォードは昼間に敵中の川を渡る無茶な任務を押しつけられる。(が、死なない)
ポーランド部隊の将校ジーン・ハックマンは活躍するところあったけ?
戦車部隊のマイケル・ケインはカッコよく出陣したが、その後どうなったか忘れた。
はしゃいでる将校「殺し屋ジャッカル」エドワード・フォックスがなんかウザい。
それに比べて切れ者のドイツ将校「ブラックホール」マクシミリアン・シェルはカッコいいなあ。
「フィリップ・マーロウ」エリオット・グールドは、たぶんあそこに出てたな。
「レクター博士」アンソニー・ホプキンスはどこに?
「ある愛の歌」ライアン・オニール「ゴッドファーザー」ジェームズ・カーン「マーカス・ブロディ教授(インディ・ジョーンズの友人)」デンホルム・エリオットは、まったくわからない。
ドイツ軍との間に休戦を取りもつ現地の医者が名優ローレンス・オリヴィエか。
もう1人の名優、「ベニスに死す」ダーク・ボガードが作戦の最高司令官か。

ふう・・・ 登場人物の多い映画は大変ですね。
しかも誰1人としてスカッとした活躍をしないという・・・
「史上最大」ほど評価が高くないのも仕方ないですね。


ショーン・コネリー出演作のネタバレ
「007/ドクター・ノオ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_5.html
「007/ロシアより愛をこめて」
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_17.html
「007/ゴールドフィンガー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_8.html
「007/サンダーボール作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_18.html
「007は二度死ぬ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_9.html
「007/ダイヤモンドは永遠に」
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_13.html
「ネバーセイ・ネバーアゲイン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_16.html
007製作ドキュメンタリー「エヴリシング・オア・ナッシング」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_8.html
「史上最大の作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_1.html
「オリエント急行殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_6.html
「風とライオン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_6.html
「ロビンとマリアン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_1.html
「オスロ国際空港 ダブル・ハイジャック」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_3.html
「大列車強盗」
http://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_9.html
「メテオ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_25.html
「アンタッチャブル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201711/article_8.html
「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_6.html
「レッド・オクトーバーを追え!」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_23.htm
「プレシディオの男たち」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_4.html
「ロシア・ハウス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201503/article_1.html
「ザ・ロック」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_24.html

マイケル・ケイン出演作のネタバレ
「鷲は舞いおりた」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_22.html
「勝利への脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html
「殺しのドレス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_1.html

ロバート・レッドフォード出演作のネタバレ
「明日に向って撃て!」
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_1.html

ジーン・ハックマン出演作のネタバレ
「フレンチ・コネクション」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_3.html
「フレンチ・コネクション2」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_11.html
「カナディアン・エクスプレス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_6.html
「ポセイドン・アドベンチャー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_5.html

エドワード・フォックス出演作のネタバレ
「ジャッカルの日」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_37.html
「ナバロンの嵐」
http://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_2.html
「クリスタル殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_4.html
「ネバーセイ・ネバーアゲイン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_16.html

ローレンス・オリヴィエ出演作のネタバレ
「ブラジルから来た少年」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_36.html
「マラソンマン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_19.html











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初期の007を製作したテレンス、ヤングが監督してたら評価は高かったかも…テレンス、ヤング監督はマーケットガーデン作戦に従軍してたそうです。
野戦病院でオードリー、ヘップバーン達に治療してもらった経験があったそうですな。
綾小路清隆(仮名)
2017/12/04 00:50
ええーっそれはビックリ!
もしテレンスヤング監督が戦死していたら・・・ 007シウリーズはポシャってたかもしれませんね・・・
オードリーがそんなナイチンゲールみたいなことしてたとは・・・
あうち
2017/12/04 13:07
最近知った事ですが、本作への出演を打診はされてたみたいですね、オードリー、ヘップバーンは。どういうわけか出演は無かったですね(
もしもテレンス、ヤング監督だったら出演してたのかな?)
綾小路清隆(仮名)
2018/06/20 23:48
えー、もしオードリーが出演してたら、家を野戦病院にされてしまう一家のご婦人かな?
あそこしか女性の登場人物ないですもんね・・・
テレンスヤング監督だったらコネリーがもっと活躍してたかも(ないない)
あうち
2018/06/21 14:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「遠すぎた橋」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる