ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「王になろうとした男」

<<   作成日時 : 2018/01/18 22:40   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

THE MAN WHO WOULD BE KING (1975)



王になろうとした男 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2016-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 王になろうとした男 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




王になろうとしたコネリー、まさかの首チョンパ!

真冬の冒険映画祭り、第1弾!
ショーン・コネリー不遇時代の佳作、「王になろうとした男」でーす。
原作は「ジャングル・ブック」ラドヤード・キップリング
監督は「マルタの鷹」ジョン・ヒューストン
音楽は「アラビアのロレンス」モーリス・ジャール
どんな曲だったっけ・・・ おお、これだ、これ。
https://www.youtube.com/watch?v=bgaCYY_Q_vk
「女子マネージャーも来たし、甲子園でも目指すか」みたいな元気の出るテーマ曲。

007を引退したコネリーは、初老のジイ様となって渋い味が出るまでの間、ヒット作に恵まれず苦労した時代がありました。
そんな時代でも、「風とライオン」とか「ロビンとマリアン」とか「メテオ」とか、見れば楽しめるんだけど、まあヒットは無理だろうな、という佳作群があって、本作もそんな1本でしょう。
期待しないで見れば、まあまあ楽しめるといったところ。

原作者キプリングはインドで新聞記者をしていた時代があって、そんな時にインドで一旗揚げようともくろむ元軍人のコネリーマイケル・ケインに出会う。
ケインキプリングと同じフリーメーソンのメンバーだったことがきっかけだが、秘密結社のイメージが強いフリーメーソン、実際は上流階級の会員制クラブみたいなもの。
高須クリニックの高須院長も入会して話題になってましたね。

さて、2人はインド奥地のカフィリスタンという土地で王になるという野望を持ち、ライフル銃をしこたま仕入れて旅立つ。
カフィリスタンはパキスタンに実在する地方で、イスラムに改宗しなかった「異教徒の地」だが、この映画での描写は、まったくのデタラメ。
雪の高原を越え、艱難辛苦の果て、ついにたどり着いた秘境カフィリスタン
2人はまず、とある部落をライフルで武装させ、英国式の訓練をほどこし、となりの村を攻略する。
その際、敵の矢で射抜かれるコネリーだが、偶然ベルトの部分に当たって一命を取りとめ・・・ 「あの方は不死身じゃー! アレクサンダー大王の末裔じゃー!」と、カフィリスタンの民から熱狂的に持ち上げられる展開に。
早くも王となったが・・・ カフィリスタン全域に君臨する神官たちから呼び出され、「アレキサンダーの真の子孫なのかー?」と尋問されるハメに。
この時、キプリングから別れの餞別としてもらったフリーメーソンのバッジが役に立った!
この神殿においても、同じような「神の目」をあしらった紋章が崇められていたので、「コネリー様は神の化身ですじゃー」という結論に落ち着いた。

神殿に保管されている大量の黄金も、今や彼ら2人の手に。
早々に黄金を運び出してインドの街に帰りたいケインだが、コネリーはせっかく王になったし、この地に残りたい。
しかも、すごい美女を発見して妻として娶ることにしたし、ますます帰れない。
が、「神が人間の女を娶るのはおかしい」と、神官たちが疑い始めるし・・・
さらに、コネリーが女に噛まれて血を流すのを見て、「血が流れるのは神ではない、人間だ!」と、正体がバレてしまう。
カフィリスタンの民に追われ、吊り橋ごと谷底に落とされるコネリー、死亡。
ケインも磔にされるが生きながらえ、釈放されて、命からがらキプリングのもとへ帰り着く。
王冠をかぶり、白骨化したコネリーの頭部を抱きしめながら・・・

ここまでコネリーの末路が悲惨な映画も、他にないでしょう。
インド人を見下すような描写もちょっとあって、イヤな感じ。


ジョン・ヒューストン監督作品のネタバレ
「007/カジノロワイヤル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html
「勝利への脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html

ショーン・コネリー出演作のネタバレ
「007/ドクター・ノオ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_5.html
「007/ロシアより愛をこめて」
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_17.html
「007/ゴールドフィンガー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_8.html
「007/サンダーボール作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_18.html
「007は二度死ぬ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_9.html
「007/ダイヤモンドは永遠に」
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_13.html
「ネバーセイ・ネバーアゲイン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_16.html
007製作ドキュメンタリー「エヴリシング・オア・ナッシング」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_8.html
「史上最大の作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_1.html
「オリエント急行殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_6.html
「風とライオン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_6.html
「ロビンとマリアン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_1.html
「オスロ国際空港 ダブル・ハイジャック」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_3.html
「大列車強盗」
http://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_9.html
「メテオ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_25.html
「遠すぎた橋」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html
「アンタッチャブル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201711/article_8.html
「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_6.html
「レッド・オクトーバーを追え!」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_23.htm
「プレシディオの男たち」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_4.html
「ロシア・ハウス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201503/article_1.html
「ザ・ロック」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_24.html

マイケル・ケイン出演作のネタバレ
「鷲は舞いおりた」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_22.html
「勝利への脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html
「殺しのドレス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_1.html
「遠すぎた橋」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
冒険映画ですと僕らの世代では「ハムナプトラ」ですね。
シリーズ化されてますが、1作目の「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」は音楽と映像の面では個人的にパーフェクトに近い映画でした。
音楽はショーン、コネリー映画とも縁が深いジェリー、ゴールドスミスですが、ジェリー、ゴールドスミス音楽の映画では一番好きな映画ですね。初めてジェリー、ゴールドスミス音楽の映画で観たのは本作でした。ショーン、コネリー主演で音楽ジェリー、ゴールドスミスの映画ではSF映画の「アウトランド」がありました。監督は「カプリコン1」のピーター、ハイアムズです。ピーター、ハイアムズの映画で初めて観たのは「2010年」ですね。
綾小路清隆(仮名)
2018/01/19 14:53
ハムナプトラは録画したのを見てる途中でレコーダーが逝ってしまったんですよね・・・
もう1回放送してくれるの待ちです。
「アウトランド」も見たいのですが、なかなか無料放送でやってくれません。
2010年ってピーター、ハイアムズだったですか・・・
キューブリックからだいぶ落ちるような感じですが笑
でもカプリコン1大好きです!
あうち
2018/01/19 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「王になろうとした男」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる