ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 「樽(たる)」 F・W・クロフツ

<<   作成日時 : 2018/02/02 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THE CASK (1920)
Freeman Wills Crofts



樽【新訳版】 (創元推理文庫)
東京創元社
F・W・クロフツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 樽【新訳版】 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




捜査は足が基本! 樽の行方の「点と線」

本格ミステリーの古典的名作「樽」を読んでみました。
期待値が高かったので、ちょっと肩すかし・・・
でもアガサと同時代に、天才的な名探偵ではなく地味な捜査員が足を使った地味な捜査でアリバイを崩す・・・ という物語は、後の警察ミステリーや松本清張「火曜サスペンス劇場」なんかのルーツらしく、ミステリーの新しい時代を切り開いたらしいです。
あと、西村京太郎みたいな時刻表ミステリーの元祖でもあるでしょう。
それにしても1920年という時代に、ロンドンから午前中に発送した荷物が、夜にはパリに到着するという当時の郵便システムに驚きだわー。

登場する警部や探偵は優秀ではあるものの、ホームズポアロとちがい、あくまでも普通の人間。
この点がリアリティーを醸し出しますが、キャラクターとしての魅力はゼロに等しい。
地味な捜査がえんえんと続き、決して退屈ではなく、むしろスラスラ読めるのですが、なんか物足りない。
そして犯人のトリックがショボい・・・
書評を読んでみると、同じような感想が多くて安心しました。

では、まず衝撃的な導入部から見てみましょう。
イギリスの港に到着した樽の一つが、手違いで滑って落ちてしまい、一部破損。
中からはオガクズと金貨、そして人間の手が見える・・・
船会社の社員がただちに通報するも、樽の受取人と称する謎の人物が現れ、勝手に引き取ってしまう。
ロンドン警視庁のバーンリー警部が男を追跡すると、その正体はロンドン郊外で暮らすフランス人芸術家フェリックスと判明。
警察で開封された樽の中から死後数日たった女の死体がデローンと出てくると、ショックのあまりフェリックスは倒れてしまう。

彼の言い分によると、
・何日か前にパリで旧友たちとカフェで雑談。
今売り出し中の宝くじを友人と折半して買ってみることに。
・イギリスに帰ってから、友人からの「宝くじ当たったから賞金の半分を金貨にかえて樽に詰めて送る」という手紙を受け取る。
・さらに追加の葉書で、「架空の住所に送るから、君の知恵を使って無事に船会社から樽を受け取ってみたまえ。無事に樽をゲットできるかどうか、仲間と賭けをしている」(いずれもタイプライターで打たれている)
こういう事情から、ちょっと怪しい動きをして樽を引き取ったらしいが・・・
果たしてフェリックスの言うことは事実なのか?
それとも、死体を見て驚いたのは演技なのか?

バーンリー警部はフランスに渡り、パリ警視庁のルファルジュ警部と共同で捜査開始。
その結果、以下のように判明
フェリックスの友人は確かに折半して宝くじを買ったが、当選発表はまだだし、そんな手紙を送った覚えはない。
・殺された女性はポンプ会社社長ポワラックの妻アネット
ポワラック邸でのパーティーの夜に失踪しており、最後に彼女といっしょにいた人物はフェリックス
・問題の樽は、高級な彫刻を扱う美術商が、商品の発送に使っているものと判明。
ロンドンのフェリックスから注文を受けて樽に詰めた彫刻を発送しており、本来なら返却してもらうべき樽が、まだ送り返されていない。

樽の行方を追跡すると、ロンドンでフェリックスらしき人物が受け取って、さらにパリに送り返しており、それをパリでまたフェリックスらしき人物が受け取ってロンドンに送り返すという、複雑な動きをしていることが判明。
この一往復半の樽の行き来は一体なんなのか?
書いててワケわからなくなってきましたが・・・

英仏合同捜査の結果、フェリックスの家から被害者女性のブローチが見つかったこと、さらに別の女性から結婚を迫る手紙が出てきたことが決め手となり、もともと不倫関係にあったフェリックスと被害者が、さらに別の女性をめぐって口論となり、カッとなって殺してしまったのだろう・・・
その後、死体を樽に詰めてフランスに送り、さらにフランスからイギリスに送り返した(意味不明)
あー意味不明すぎる!が、フェリックスは逮捕され、殺人罪で起訴される。

だがフェリックスと付き合いのある医者が彼を助けようと優秀な弁護士を雇い、さらに弁護士が優秀な私立探偵ラ・トゥーシュを雇い、捜査をやり直す。
フェリックスが犯人でないとすれば、残る容疑者は被害者の夫ポワラックだが・・・
彼には、ロンドンで犯人と思われる人物が樽を受け取ってる時間帯に、確実に大陸側にいたと証明できる鉄壁のアリバイがあったのである。
ここからようやく、本作の売りである「アリバイ崩し」が始まります。
もう終盤近いです。
事件に使われたタイプライターの特定を突破口として、ついに探偵ポワラックの行動を見破る。
時系列順に並べた、事件の真相はこんな感じ

1、フェリックスがかつてパリの画学校に通っていたころ、名門の令嬢アネットと知り合い、恋に落ちる。
だが家柄がちがいすぎる2人の結婚は認められず、関係は破局。
フェリックスはイギリスに渡って仕事を見つけ、アネットのことは忘れる。
その後アネットポワラックと結婚するが、愛のない結婚。
さらに後、ポワラックフェリックスはたまたま知り合いとなる。

2、カフェでフェリックスが友人と宝くじの話をしていた時、ポワラックもたまたま奥のテーブルにいて、会話を耳にする。(たまたまが多いなあ・・・)

3、ポワラック邸でのパーティーの夜、会社で事故があって、ポワラックは急きょ外出する。
アネットフェリックスの間の恋愛感情は冷めてしまっているが、アネットのいとこがギャンブルで多額の借金を背負っており、その件でフェリックスと2人きりになって相談する。
会社から戻ったポワラックは、たまたまそれを目撃・・・ アネットが浮気してると誤解、フェリックスが帰宅後、妻を絞め殺してしまう。
死体をどうしよう?
そうだ、たまたま美術商から彫刻を買った時の樽がある・・・
これに死体を詰めて、フェリックスに送ってやろう。
さらにカフェで耳にした話を元に手紙を書いて、フェリックスが警察から疑われるようにしてやろう・・・

4、そうだ、樽は美術商に返却しないといけないんだ・・・
もう死体を詰めてしまったし、どうしようかな?
そうだ、フェリックスの名前を使って美術商に彫刻を注文しよう。
イギリスに渡るポワラックフェリックス宛に届いた樽を横取りして、中身の彫刻を抜いて、ポワラックから返却された樽のように細工して美術商に送り返す。
ついでにフェリックスの家に侵入、証拠のブローチを残すなど小細工。
送った樽がフランスに着いた頃、ポワラックの雇った荷馬車屋が死体の入った樽を引き取ってイギリスに向けて発送する。

このように、1個ではなく2個の樽が動いていたわけである。
さらにポワラックがイギリスに来ていた日は、アリバイ工作によって「ベルギーにいる弟を訪ねている」ことになっていた。
あいにく弟は不在で会えなかったが、駅の近くのカフェから会社と邸の執事に電話をかける姿が目撃されており、実際に会社でも邸でも間違いなく電話を受けている。
このアリバイ・トリックの秘密は・・・
ポワラックはまず、月曜にベルギーに出かけるフリをして、駅近くのカフェから電話をかける。
が、受話器のフックに小細工、電話がつながらないようにして、会話をしているフリだけをバーテンに見せる。
そして次の火曜にロンドンに渡り、途中で会社と邸に電話をしたのだが、時間がたつと記憶があいまいになって、バーテンも執事も会社の人も、月曜だったか火曜だったかわからなくなってしまうのであった。
だが! ロンドンに到着する列車の時刻から考えると、火曜に電話した時間は列車で移動中であり、携帯電話のない時代に電話がかけられるわけがない。
これがおそらく最初の時刻表トリックですが、実はポワラック、1本早い列車Aに乗って途中駅カレーで下車、ここから会社と邸に電話。
後から来る列車Bでロンドンに到着したのである。
なんだ、拍子抜け・・・ とも言えるトリックですが、限られた時間内に英仏海峡を忙しく横断する犯人が、まさか直通ではなく途中下車してるというところが盲点。

ふうー、ちょっと疲れましたが・・・
探偵に見抜かれたと観念したポワラックは、邸に探偵を呼び寄せ、すべてを告白。
と見せかけ、スキをついて探偵を監禁、邸に火を放つ!
助手によって救助される探偵ポワラックは警察に追いつめられピストル自殺。
フェリックスは無事に無罪放免となった、バンジャーイ



点と線 (新潮文庫)
新潮社
松本 清張

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 点と線 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



点と線 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-07-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 点と線 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



フレンチ警視最初の事件 (創元推理文庫)
東京創元社
F・W・クロフツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フレンチ警視最初の事件 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 「樽(たる)」 F・W・クロフツ ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる