【ネタバレ】 「女には向かない職業」 P・D・ジェイムズ

AN UNSUITABLE JOB FOR A WOMAN (1972)
P.D. James



女には向かない職業 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
P.D.ジェイムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女には向かない職業 (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ミルキーの青い子、コーデリアの元ネタはこれだ!

声優ユニット「ミルキイホームズ」三森すず子さんが先だって、プロレスラーとの熱愛を文春にスッパ抜かれ、ちょっとビックリしました。
いや、三森さん自身は、かねてより「プロレスラーが好き」と公言していましたからね・・・
けど、橘田さんとお互いの家の予備の鍵を交換し合うほどの仲だったので、てっきり・・・
ま、それはさておき、名探偵を萌えキャラ化するというコンセプトの「ミルキイホームズ」、アニメやゲームなど、ハイパー・メディア・クリエイトな展開をしておりますが、メインの4人のキャラは以下の通り
赤い子・・・シャーロック・ホームズの子孫(CV:三森すず子
緑の子・・・エルキュール・ポアロの子孫(CV:しばいぬ子さん)
黄色の子・・・ネオ・ウルフの子孫(CV:にこにこにー)
そして最後の1人が青い子・・・コーデリア・グレイの子孫(CV:橘田いずみ

え、コーデリアってだれ?
と思った方、管理人以外にも全国にたくさんいるんじゃないでしょうか。
メジャーな名探偵に混じって、1人だけ無名のキャラ・・・
どなたが、どういう基準で選ばれたのでしょうか?
声を当てる橘田さんは声優にして百合漫画原作者、そして餃子評論家。
「橘田いずみのザ・餃子」なんて本も出してます。
こちらで紹介
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_3.html

画像

ハヤカワ文庫とコラボしていたミルキイホームズ

本作「女には向かない職業」は知名度は低いけど、「うら若い女子が探偵をする」という物語はミルキイのコンセプトに一番近い。
かといってミルキイの気分で手を出すと、なかなかに読みにくい文章。
これはアレですね、スティーブン・キングなんかと同類で、あらゆるものを描写しないと気がすまないタイプの人。
でも半分くらいまでがんばって読むと、コーデリアの危機のあたりから、がぜん面白くなって一気に最後まで読み進んで、ラストもいい感じ。

それでは女探偵コーデリア・グレイがいかなる人物か、ちょっとご紹介。
マルクス主義地下活動家を父に持つコーデリア、高校生あたりまでカトリックの修道院に預けられ、頭脳が優秀なのでケンブリッジに進学する予定だった。
が、そこで父親が引き取りに来て進学はオジャン。
世界各地を飛び回り、地下組織の手伝いをさせられる。(これが探偵稼業の修行にもなっていたようだ)
父の死後、タイピストの資格を取って、元警官の私立探偵バーニイの事務所に派遣される。
そこでバーニイに探偵としての素質を見出されたコーデリア、共同経営者に出世する・・・ が、そのとたん、バーニイの体に癌が見つかり、絶望したバーニイは手首を切って自殺。(これが物語のオープニング)
事務所や探偵道具など、すべてをコーデリアに残して・・・

バーニイの葬儀の日、依頼者が事務所に現れた。
ケンブリッジ大学の高名な科学者カレンダー卿の子息が自殺したのだが、父親としては、その理由がまったくわからないので、調べてほしいとのこと。
息子のマーク・カレンダーはケンブリッジ在学中に突如自主退学、とある屋敷に庭師として就職。
数か月後、宿舎にしていた離れで首を吊ったのだ。

自殺の現場を詳細に調べたコーデリアは他殺の疑いを持ち、ケンブリッジを訪れマークの友人たちに聞きこみ。(学園都市ケンブリッジの描写が秀逸)
さらに過去をさかのぼって、父親のカレンダー卿その人を調べる流れに・・・
どうも父親が犯人臭くなってくる展開ですが、もしそうなら、なぜ自殺として決着がついた事件を、わざわざ探偵を雇って調べ直すのか?
ここが本作のミソとなる謎ポイント。

暴かれた真相は、こんな感じ

1、カレンダー卿は元々は貧しい庭師の息子。
金持ちの奥さんと結婚して、今の地位を得た。
妻の父は、のことが気に食わない。
莫大な遺産は、娘と生まれてくる孫に半分ずつ相続させる。

2、妻がなかなか子供ができないので、秘書のレミング女史に産ませ、それを正妻の子として偽装。(その子がマーク・カレンダー
直後、妻は死亡。

3、心優しい青年に成長したマーク、自分が莫大な財産を相続した折には、父の財団に寄付すると約束。
だが母の血液型をたまたま知ってしまったマークは、自分が実の子でないと気づく。
「自分は、父が遺産を手に入れるための道具にすぎなかったのだ」と知り、世の中が空しくなって大学をやめ、庭師として生きる決意をしたのだと思われる。

4、マークに計画がバレたと知ったカレンダー卿は、息子を絞め殺す。
さらに息子を裸体にして女物の下着を身につけさせ、口紅で化粧をし、革のベルトを首に巻いて、「変態プレイをして遊んでる時に、足が滑ってベルトで首が絞まってしまったー」という「事故死」に偽装する。(ひどい父・・・)

5、だがマークの死体が発見された時、下着も化粧も消えており、純粋に「首つり自殺」の現場となっていた。
一体何者が「自殺」に偽装したのか?
それを知るために、カレンダー卿コーデリアを雇ったのだ・・・

真実を知りすぎたコーデリアを消すため、カレンダー卿の忠実な僕ルンコーデリアを古井戸に突き落とす。
ここからの必死の脱出が見どころのひとつ。
車で逃げるルンは事故を起こし死亡。
カレンダー卿の屋敷に乗りこんだコーデリアは真相を暴くが、は鼻で笑って「お前など、どうにでもできる」
それだけの地位も権力もあるだが、話をこっそり聞いていたレミング女史が、「息子の仇!」とばかりに、を射殺。
息子の死体を発見し、変態的な演出を取り除いてノーマルな?自殺現場に偽装したのも、彼女だった。
コーデリアレミングをかばう気持ちというよりも、心優しいマークの死を汚さないため、カレンダー卿のピストル自殺に偽装。
レミングと秘密を共有したまま、事件を終わらせるのだった。

と思ったら後日、警察に呼び出されるコーデリア
彼女の前に立ちはだかるのは犯罪捜査部のアダム・ダルグリッシュ警視
彼はP・D・ジェイムズの他作品における「名探偵」の役割を持つキャラクターであり、バーニイの師匠でもあった。(ということはコーデリアダルグリッシュの孫弟子)
すべてを見抜いているダルグリッシュに追及されるコーデリア
だがレミングが交通事故死したことから、捜査は中止となる。
「帰っていいよ」と言われ、泣き出すコーデリア、「あなたはバーニイが警察をやめた後まったく気にかけなかったし、お葬式にも来なかったじゃないの!」
1人の助手も相棒もなく孤独にがんばってきたコーデリア、心の中で亡きバーニイに支えられていたのです。
ダルグリッシュは素直に謝り、反省する。
彼はバーニイのことなど、すっかり忘れていたのだ(笑

事務所に帰ったコーデリアを、新たな依頼人が待っていた。
どうやら事務所は続けていけそうだ・・・
なかなかおもしろかったので、もう1本のコーデリアもの「皮膚の下の頭蓋骨」も、そのうち読んでみるべ!






皮膚の下の頭蓋骨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 129‐2))
早川書房
P・D・ジェイムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 皮膚の下の頭蓋骨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 129‐2)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



秘密〔ハヤカワ・ミステリ1833〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
早川書房
P・D・ジェイムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 秘密〔ハヤカワ・ミステリ1833〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック