ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 「墓地の恐怖」 ヒールド&ラヴクラフト

<<   作成日時 : 2018/03/06 21:54   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

THE HORROR IN THE BURYING-GROUND (1933)
Hazel Heald & Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集〈別巻 下〉 (創元推理文庫)
東京創元社
H.P. ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集〈別巻 下〉 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ なし

今回はポオ「早すぎた埋葬」を受け継ぐ作品。
凡庸なアイデアですが、ラヴ先生の手にかかると、荒廃していく小さな村の雰囲気が不気味でいい感じ。

とある小さな村に新しい葬儀屋がやってきた。
ソーンダイクと名乗るこの男、遺体の保存状態を高めるため、いろいろな薬品を研究をしている。
村一番のお屋敷に住む令嬢のソウフィーに気があるが、粗暴で大酒飲みの兄トムが目を光らせていて、妹には思うように近づけない。
ソウフィーも自分を縛りつける兄が疎ましく、ソーンダイクと密かに兄を葬る計画を立てたようだ。
葬儀屋ソーンダイクが作り出した、新開発の秘薬。
それを注射すると、人間は生きたまま仮死状態になってしまうのだ・・・

ある日、トムが急死する。
医師が詳しく調べても、どう見ても完全にお亡くなりになってるが、どうも妙に生きてるような様子がある・・・
もちろん例の秘薬を注入されたせいだが、ソーンダイクは葬儀の準備を進めながら、蘇生しないよう念のため、遺体にさらに秘薬を注入・・・ するつもりが、うっかり自分の腕にも少量だが注入してしまった!
あわてて応急処置をするソーンダイク、少しだから大丈夫だろうとタカをくくっていたら、トムの葬儀中に倒れて、お亡くなりになってしまった。


★衝撃の結末★

あまりのことに、あわてふためく村人たち。
大急ぎでソーンダイクのぶんも墓穴を掘って、2人を無事に墓地に葬る。
だがソーンダイクの助手を務めていた知恵遅れのジョニイが、「2人はまだ生きてるよ」と意味不明なことを叫ぶ。

その日以来、ソウフィーは屋敷に引きこもり、一歩も外に出ないまま年老いていく。
墓地では知恵遅れのジョニイが、ソーンダイクの墓の前でブツブツと1人で話しこんでいたかと思うと、丘の上のソウフィーの屋敷の前に現れ、大声で死者と話した内容を報告するのであった。
風の強い日には墓地から直接、ソウフィーの屋敷まで人間の声のような音が届く。 
「・・・知ってるぞ・・・」「・・・お前のところに来るぞ・・・」
風の音が、そんなふうに聞こえるのであった。



ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]
フリュー
2018-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゆるキャン△ 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゆるキャン△ (6) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
芳文社
2018-03-12
あfろ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゆるキャン△ (6) (まんがタイムKR フォワードコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 「墓地の恐怖」 ヒールド&ラヴクラフト ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる