ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「羅生門」

<<   作成日時 : 2018/04/25 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

羅生門 (1950) 大映



羅生門 デジタル完全版 [Blu-ray]
角川エンタテインメント
2009-02-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 羅生門 デジタル完全版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




もしかして私たち・・・ くいちがってるー?

名画祭り最終回、日本映画として初めてヴェネチアなんとか賞を受賞した黒澤明監督の「羅生門」をお送りします。
原作は芥川龍之介ですが、小説の元ネタとなったのは「今昔物語」(だっけ?)に収録された1000年以上前の実際にあった事件。
丹波の国府へ赴任する武士の金沢武弘は、妻の真砂(まさご)を連れて大江山を越えようとしていた。
たまたま道中をともにすることとなった男・多襄丸(たじょうまる)は、実は盗賊。
金沢をうまく丸めこんで弓矢を奪い、山中でホールドアップして木に縛りつける。
そして夫の見てる前で妻をレイプ・・・
原典では悔しい思いをしただけで、命は助かる金沢
が、映画では多襄丸に殺されてしまい、この殺人事件の裁判が物語の中心となります。

倒壊した羅生門の下で雨宿りをする男たち。
みんな一様に、ウンコでも詰まったような顔で「う〜ん」と唸っている。
先ほど検非違使(けびいし=現在の検非違使のようなもの)で「藪の中殺人事件」の裁判があり、証人として出頭した木こり志村喬)の話を聞いて、みんな何が何だかわからなくなってしまったのだ。
捕縛された多襄丸容疑者(三船敏郎、若い!)、レイプされた真砂京マチ子、若い!)、さらに殺された金沢武弘森雅之)も巫女を通してあの世から、それぞれ事件の詳細を証言するのだが、いずれもまったく同じ事件を語ってるとは思えないほど食い違っていた。

多襄丸の語る事件
真砂をレイプした後、彼女が「戦って勝った方の妻になる」と言い出したので、正々堂々と金沢と勝負、これを斬り殺した。
その間に真砂はトンズラ。

真砂の語る事件
レイプされた後、多襄丸金沢を殺さずに姿を消す。
盗賊に汚された自分を見る夫の視線に耐えきれず、「殺して」と懇願、そのまま意識を失う。
気がつくと金沢は自害しており、自分も後を追おうとしたができなかったメソメソ

金沢武弘が(巫女を通して)語る事件
レイプされた真砂はなんと多襄丸に惚れてしまい、いっしょに行くと言い出す。
呆れた多襄丸金沢を解放、妻を生かすも殺すも好きにせいと告げ、姿を消す。
真砂もトンズラ、1人残された金沢は自害。

が、木こりは藪に隠れて事件の一部始終を見ていたのである。
木こりの語る真相
レイプの後、「俺の妻となれ」と迫る多襄丸
それを断り、夫を解放する真砂
金沢は妻に「身を汚されたのだから自害しろ」と迫るが、それを笑い飛ばす真砂
真砂をめぐって決闘する金沢多襄丸、だがそれは勇ましいものではなく、ビクビクヘコヘコした時代劇史上もっとも情けない斬り合いだった。
その間に真砂はトンズラ。

と、このように三者三様に自分を美化した「真実」を語っていたのですが、レイプ被害者の真砂を男2人と同列に扱うのは、ちょっとかわいそうですね。
されに決定版の真実を語った木こり自身、現場に残された短刀などを盗んでいたのである。
話を聞いていた1人が、羅生門に捨てられていた赤ん坊から着物を剥いでトンズラするという畜生ぶり。
その赤ん坊を木こりが育てることにして、一応話はまとまるのだった。
とってつけたようなエンディングですね!


黒澤明監督作品のネタバレ
「用心棒」
http://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_5.html
「椿三十郎」
http://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_5.html
「天国と地獄」
http://puripuriouch.at.webry.info/201711/article_11.html

黒澤作品以外の三船敏郎出演作品ネタバレ
フランケンハイマー監督の「グラン・プリ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_12.html
テレンス・ヤング監督の「レッド・サン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_2.html
スピルバーグ監督の「1941」
http://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_3.html
「人間の証明」
http://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_6.html
「日本の首領(ドン) 野望篇」
http://puripuriouch.at.webry.info/201511/article_1.html

黒澤作品以外の志村喬出演作品ネタバレ
「妖星ゴラス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201505/article_9.html
「新幹線大爆破」
http://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_5.html



生きる [Blu-ray]
東宝
2009-12-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きる [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



七人の侍 [Blu-ray]
東宝
2009-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 七人の侍 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝
2014-06-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めて観た黒澤映画がこの「羅生門」でした。
NHKで黒澤明の没後10周年で黒澤映画の特集を毎週やってましたね。
この映画、ハリウッド映画でも翻案されてるようです。
映画の内容って「スカッとジャパン」の正反対すぎて何ともでしたね。
しかし、ベネチア国際映画祭で上映されるや大絶賛され、金獅子賞を受賞したそうですね!町を歩いてたベトナム人が黒澤明と勘違いされて受賞したそうです…一方、日本国内では映画は大赤字だったのですが、内容を観ても理解しづらい映画ですもんね。
今まで観た黒澤映画は後、「悪い奴ほどよく眠る」だけです(どうやら「ゴッドファーザー」に本作のオマージュがあるらしいです)
綾小路清隆(仮名)
2018/04/26 08:28
「スカッとジャパン」はあれはあれで見ててイライラしてしまいます笑
話も実話でなく放送作家が書いてるくさいし・・・
ベトナム人が黒澤明と勘違いされて連れてこられた話は大爆笑ですよね!
どうして黒澤だと思ったんだろう・・・
「ゴッドファーザー」のオマージュは気づかなかったなあ。
「悪い奴ほどよく眠る」はまだ見てないです。
「羅生門」もブログのため、3か月くらい前に初めて見ました。
黒澤ではやはり「七人の侍」がおもしろかったですね。
あとスターウオーズの元になった「隠し砦の三悪人」
あうち
2018/04/26 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「羅生門」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる