【ネタバレ】 「夜の海」 バーロウ&ラヴクラフト

THE NIGHT OCEAN (1936)
Robert Hayward Barrow & Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集〈別巻 下〉 (創元推理文庫)
東京創元社
H.P. ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集〈別巻 下〉 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ 泳ぐもの

ラヴクラフトの全作品ネタバレを目的としてスタートした当ブログですが、今回で別巻上下もコンプリート。(ここまで6年かかった笑)
現在新刊で手に入る作品はすべて網羅しました。
ただ尺の都合で別巻に収録されなかった合作作品「墳丘の怪」と、ユゴス星人の恐怖を描いた連作詩「ユゴス星より」(これは小説じゃないから収録されなかったのだと思いますが)の2作については、古本屋などで運よく発見できたら紹介したいと思います。
「ユゴス星より」が収録された作品集を昔持っていたのに、手ばなしてしもたんよ・・・
画像

フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から借用したユゴス星人ミ=ゴ
いらすとや、クトゥルフ神話関連が充実していてワロタw

これまでご愛読いただいた皆様、本当にありがとうございました。
最近はすっかりハリウッド映画のネタバレばかりになってしまった当ブログですが、ラヴクラフト以外でもおもしろいクトゥルフ神話作品がありましたら、できるだけ取り上げていきます!
何とぞよろしくお願いいたします。

さてトリを飾る本作ですが、残念ながらダラダラ長いばかりであまりおもしろくない。
バーロウの文章を、ほとんどそのまま残してあるせいだと思われます。
不気味な夜の海の印象描写がほとんどで、ストーリーがありません。

主人公はアーティスト、壁画のコンクールに応募したよ。
製作で精も根も尽き果てたし、結果発表まで海辺の町で静養するよ。
にぎやかな町の中心から外れた、寂しい一軒家を借りる。
料理を作るのはめんどくさいので、食事は町の中心まで歩いて往復する。


★衝撃の結末★

そんな日々を送る中で、いくつかの奇怪な現象に遭遇する。
魚ではない謎の生き物の骨を波打ち際に見つけたり、食いちぎられた腕が浜辺に転がっていたり・・・
決定打は嵐の夜、海から上がってきた魚でも人間でもない泳ぐ生き物を目撃したこと。
海が秘めた恐怖と太古の秘密に思いをはせると、コンクールの結果なんてどうでもよくなってしまう主人公であった。(一応入選したよ)

海の生き物の正体はなんでしょうね。
「インスマウス」に登場した「深きもの」でしょうか?











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック