【007名場面ランキング】「ED」名場面ベスト10(2位、3位)

ムーアのスッとぼけENDが2位・3位ゲット!



私を愛したスパイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私を愛したスパイ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「ED」とは・・・

映画のラストシーン+ED曲が流れてキャスト・スタッフがつらつらと出てくる部分の総合評価。
作品全体の後味を決める重要な部分ですぞ。
おおむねハッピーエンドで終わることが多い007シリーズですが、まれに悲劇や渋いエンディングもあります。
またスタッフロールの部分は、日本人は割と最後までがんばって見る人が多いらしいね。
音楽が良ければ最後まで見て余韻に浸りたい。
でも映画館で見てる時は、尿意がガマンの限界に達してるころ笑
最近尿のキレが悪いし、泌尿器科を受診した方がいいかなあ。



【2位】 お前たち何しとるん?(´・ω・`)
「私を愛したスパイ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_11.html

*** 直前までのあらすじ ***
海底要塞アトランティスは吹っ飛んで、脱出ポッドでボンドタニヤは海上へ。
あ、ちなみにジョーズ本物のジョーズとの死闘を制し、どこかへ泳いでいく。


前回のダークなEDから一転、おちゃらけエンドが1位から3位を独占します。
笑う門には福来る、最後は笑って〆るのが一番!

英国フリゲート艦がポッドを収容。
国防大臣ゴーゴル将軍といった面々が、「潜水病が心配です」などと言いつつ、ポッドの窓から内部をのぞきこむと・・・

画像

   「お前ら何してるーん?」

画像

   「わたしらナニしてるーん」

ギャラリーに気づいたボンド「任務遂行中です」と言い残し、窓のカーテンを閉める。
これで東西両陣営の緊張が緩和、世界平和がやってくる!
終りの歌は主題歌の海兵隊バージョン(?)から通常バージョンへ。

こちらの3:00から
https://www.youtube.com/watch?v=HAldX96n0eE



【3位】 無重力セッ○ス
「ムーンレイカー」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_10.html

*** 直前までのあらすじ ***
宇宙ステーションは吹っ飛んで、ボンドグッドヘッドはスペースシャトルで脱出。


前作と同じようなパターンながら、最高にオシャレでエロ笑えるラストシーンです。
あ、ちなみにジョーズドリーはアメリカ空軍機に救助されたって。

ヒューストンの宇宙基地より、スペースシャトル内の映像がイギリスへ中継される。
「女王陛下もお喜びになるだろう」と、ニコニコの国防大臣
だが、映し出された映像はボンドグッドヘッドの笑
しかも無重力で浮かび上がっちゃうし・・・
カメラに気づいたボンド、ギャラリーにニッコリ、カメラをOFF。
007・・・」
国防大臣「今のは一体なんだ?」
Q「再突入でしょう」

画像

    「再突入です」 じゃねーよ(怒)

シャトル内では、ボンド「家に帰る時間だ」
グッドヘッド「もう1周まわらない?」
終りの歌は主題歌のアップテンポ・バージョン。(通常バージョンよりこっちの方がいいかも)

画像

    「地球をもう1周」 じゃねーよ(怒)

これ
https://www.youtube.com/watch?v=MA0y1_AZytc






007/ムーンレイカー (創元推理文庫 138-2)
東京創元社
イアン・フレミング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/ムーンレイカー (創元推理文庫 138-2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ムーンレイカー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ムーンレイカー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ナッシュ
2018年07月07日 23:26
こんにちはナッシュです。

私を!の、この少し前にシャンパンを見つけたボンドが

「ドン・ペリニヨンを好きだとは!彼も悪いヤツじゃ無かったんだなぁ」

とジョークを言ったのが、初めて見た高校時代はよくわかりませんでしたが、大人になってからウケましたね。

「再突入」も同じく(笑)。

このアップテンポなムーンレイカーは大好きでしたね。

でもwikiで見て「ムーンレイカー」にあんな意味があるとは、驚きでした。
綾小路清隆(仮名)
2018年07月08日 00:17
この2作のラストも最高でしたね♪
ムーンレイカーのラスト、ツッコミドコロ多いですなあ…
Qのセリフで大笑いするラストですね。
私を愛したスパイのラストはロジャー、ムーアが亡くなった際、
春日太一だったかの書いた追悼記事でも拍手喝采なラストでしたって書いてあったような…当時は斬新に近かったのでしょうか。
あうち
2018年07月08日 09:22
>ナッシュさん

ドンペリのその場面、「ボンドガール」名場面ランキングで4位に入れました!
http://puripuriouch.at.webry.info/201506/article_6.html
会社もちで一口だけ飲んだことありますが、よーわからん!という感想。
ムーンレイカーって「頭のおかしい人」みたいな意味でしたっけ・・・
あうち
2018年07月08日 09:25
>綾小路さん

Qは「仕事のことでジョークは言わない」って言ってたのに、すっかり最後の一言を決める役回りに笑

「私を愛した」公開当時は英米とソ連が対立していた時代だったので、よけいにこういうギャグが心にしみたと思います。

この記事へのトラックバック