ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「ザ・ワイルド」

<<   作成日時 : 2018/08/16 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

THE EDGE (1997)



ザ・ワイルド [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2006-03-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・ワイルド [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ある日森の中、熊さんに出会った!

いつもコメントくださる綾小路さんからオススメいただいて見てみました。
昔の「グリズリー」のような人食い熊映画。(動物パニックというより秘境アドベンチャー)
出演者が良いせいか、「グリズリー」の10倍おもしろい!
でも教えてもらわなかったらスルーしてましたね、この題名では笑
監督は「ダイ・アナザー・デイ」のオカマ野郎リー・タマホリ
音楽はジェリー・ゴールドスミスなのか。

主人公の初老の大富豪チャールズアンソニー・ホプキンス、シブい!
近ごろ結婚した若い嫁はモデル、その撮影旅行につきあってアラスカの奥地へ。
ニヤけたカメラマンアレック・ボールドウィン)は嫁さんと不倫しており、チャールズを亡き者にすれば遺産を相続した嫁さんとウハウハ・・・
そんな下心から、「山小屋のハンターを撮影したい」という口実でチャールズを連れ出し、さらに山深い湖へ飛ぶ。
だが水上機が鳥と激突(バード・ストライク、バッターアウト!)、不時着するというアクシデント。
チャールズカメラマン他1名、計3名の生存者は獰猛なヒグマ(グリズリー)につけ狙われながら、広大なアラスカをサバイバル決死行。
ヒグマが1頭しか出てこないのはご愛嬌(笑
読書家のチャールズはサバイバル読本と誕生日プレゼントにもらった腕時計とナイフを頼りに、いろいろ方策を練るが、これがあまり頼りにならない。
せめてレクター博士がいてくれたら・・・
まず黒人青年がヒグマの餌食となり、
これ
https://www.youtube.com/watch?v=38i0O9Fkiug

残り2名はヒーコラと逃げつつ、ついに枝を削った槍で巨獣を仕留める!(割とあっさり)
どうにか無人の山小屋にたどり着いたところで、ついにカメラマンが本性を現し、チャールズに銃を向けるのであった・・・ が、熊用の落とし穴に落ちて重傷。
瀕死のカメラマンを助けるチャールズ
不倫はしたが、奥さんは殺害計画とは無関係・・・ 「すまない、チャールズ」と言い残しカメラマンは息を引き取る。
アレック・ボールドウィン、なんとも哀れを誘う死に様です。

小屋にあったカヌーで川を下り、妻やスタッフの待つロッジへ帰り着くチャールズ
報道陣も来ていたが、浮気相手の死を知って涙ぐむ妻を見ながら、すべてを許すチャールズであった。
ちなみにウイキによると、襲ってきたヒグマも有名な動物スターらしいです。
癌でお亡くなりになったって。


リー・タマホリ監督作品のネタバレ
「007/ダイ・アナザー・デイ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_40.html

アンソニー・ホプキンス出演作品のネタバレ
「遠すぎた橋」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html
「羊たちの沈黙」
http://puripuriouch.at.webry.info/201709/article_15.html
「マスク・オブ・ゾロ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_16.html

アレック・ボールドウィン出演作品のネタバレ
「レッド・オクトーバーを追え!」
https://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_23.html
「マーキュリー・ライジング」
https://puripuriouch.at.webry.info/201510/article_12.html



ダイ・アナザー・デイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



羊たちの沈黙 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



八点鐘が鳴るとき
スティングレイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
熊が出てきて逃走中する映画では数少ない傑作らしいですね(他の熊映画をあまり観たこと無いので詳しくは無いですが…)
ディスカバリーチャンネルの某番組でも「まるでアンソニー、ホプキンスだね、これじゃあ」と言ってたなあ。
この映画も「ザ、グリード」のサントラ買ってなかったら見忘れてたかもな映画ですね。解説書に熊の出現を見事なトロンボーンで表現してると絶賛してました。他にも「猿の惑星」や人喰いライオンと戦う「ゴースト&ダークネス」でも動物の脅威を表現してると「猿の惑星」のサントラ盤の解説書で書いてたような。
「猿の惑星」の音楽はキッチンボウルや調理器具を楽器に使ったとか色々試したようですwシャフナー監督はピッコロは嫌いだったとかw
綾小路清隆(仮名)
2018/08/17 23:05
クマ映画というか動物パニックの中でも秀作だと思いました。
ボールドウインが本当に殺意があるのかどうか最後までわからないところがいいですね。

猿の惑星のテーマ曲は、そう言われてみると変な楽器じゃなさそうな音が混ざってますね笑
ピッコロは音がかわいいから嫌いなのかしら笑
あうち
2018/08/18 12:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「ザ・ワイルド」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる