ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「ウォール街」

<<   作成日時 : 2018/08/29 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

WALL STREET (1987)



ウォール街 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2010-12-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォール街 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




お金儲けてる人はみんな人間のクズ

日本の兜町、ロンドンのシティとともに世界の金融の中心地ウォール街。
そんな欲望渦巻く街を舞台に、左巻きのオリバー・ストーン監督が投資家を法を踏みにじる悪党に、労働組合を善良な人々に描いた、単純な人間色分け問題作。
監督の意図に反して、外道な投資家ゲッコーが人気を博したようです。ケケケケ
ゲッコー役には、今回も人間のクズを見事に演じるマイケル・ダグラス、アカだましい賞、じゃなくてアカデミー賞(主演の男)を受賞。

バドチャーリー・シーン)は生活の苦しい証券営業マン、出世のチャンスを狙っている。
父親カールは航空会社の労働組合幹部、マーティン・シーンが演じていて、実際の父子競演なのも見どころ。
親子で食事したさい、父は「うちの会社はどーたらこーたらでナントカカントカだわー」と、うっかり内部情報を漏らしてしまう。
「これだ!」チャンスを見逃さないバド、投資家ゲッコーのオフィスを営業訪問、内部情報に基づいて航空会社の株を買うよう勧める。
これが当たってゲッコーに気に入られるバド
清掃員に化けて潜入した会社の情報を探ったり、違法ギリギリの行為を重ねるうち、ついにゲッコーの右腕のような立場に登りつめる。
収入もグーンと上昇、ついに念願の「スシ自動作成マシーン」を購入!(笑
「自宅でスシが食えるなんて、俺も出世したわー」と感動するバド
「危険な情事」のスシパーティーといい、日本の影響力が強かった時代ですね。

バドゲッコーに、父の航空会社を買収するよう勧めるが、父が強硬に反対したため流れる。
とうぜん父子喧嘩となるが、父は正しかった。
ゲッコーは会社の立て直しなど頭になく、航空機や整備場などすべて売り払ってバイナラーするつもりだったのだ。
騙されていたと悟ったバド、怒りの反撃に出る。
ゲッコーのライバルの投資家ワイルドマンテレンス・スタンプ)と組んで、ゲッコーに大損させたあげく、株が底値になったところで最終的にワイルドマンが航空会社を買い取る作戦。
うまくいったが、バドはインサイダー取引でタイーホ・・・

後日、なぜか出所したバドゲッコーと面会。
怒りのゲッコーバドを殴り飛ばし、「金儲けの方法を伝授してやったのに!裏切りやがって!」
ゲッコーが去った後、バドが合流したのは捜査員たち。
バドの体にはレコーダーが隠してあり、ゲッコーの自白を録音成功したのだ・・・
このためにバドは出所したのであり、捜査に協力したから罪も軽くなると思われるが、父の教訓を胸に裁判へ向かう。
人間は正直に生きなければイカン!


オリバー・ストーン監督作品のネタバレ
「JFK」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_13.html

マイケル・ダグラス出演作品のネタバレ
「ブラック・レイン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_13.html
「危険な情事」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_16.html

チャーリー・シーン出演作品のネタバレ
「ターミナル・ベロシティ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_9.html

マーティン・シーン出演作品のネタバレ
「カサンドラ・クロス」
https://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_5.html
「地獄の黙示録」
https://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_14.html
「ファイナル・カウントダウン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_4.html

テレンス・スタンプ出演作品のネタバレ
「世にも怪奇な物語」
https://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_12.html



JFK (ディレクターズ・カット/日本語吹替完声版) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ウォール・ストリート [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
この映画が公開された年。テレビ番組を紹介する雑誌にこの映画の紹介記事が載っていました。
「ストーン監督の映画はパパンパンパンと講談調!」
それから30年近く過ぎた頃に始めてこの映画を見ましたが、「講談調」だったかどうか未だにわかりません・・・

>東海も関東も台風の東側だから風が強そうなので、くれぐれも気をつけてください。

自転車を漕いで帰る時さすがに身の危険を感じました

>あまりにコテコテアメリカンなコメディアンなので好きじゃなかったですけど・・・

ベルーシの弟は如何ですか?
蟷螂の斧
2018/09/05 19:41
こんばんわー
ご無事で何より・・・ こちらは強風が吹いたけど何事もなく済みました。

ベルーシ弟と言うとレッドブルの刑事しか知りませんが・・・
うーん、印象が特にない・・・
あ、ブルースブラザースがあまり好きでないからベルーシに良い印象ないのかも

講談調とは・・・謎ですね笑
善悪がハッキリ別れてるところが講談っぽいのかも?
あうち
2018/09/05 21:09
こんばんは。いつも

>善悪がハッキリ別れてるところが講談っぽいのかも?

まあ、そう言う事なんでしょう

>ベルーシ弟と言うとレッドブルの刑事しか知りませんが・・・

あの映画。割と好きです

>「スシ自動作成マシーン」

これもまた日本市場を意識しましたか?

>地震

札幌に住んでる友人の話では洒落にならないレベルだそうです・・・
蟷螂の斧
2018/09/07 19:05
北海道はとりあえず半分でも電源が復旧して良かったです!
震度7は311含め今まで5回くらいしかないらしいですね・・・

レッドブルは私も劇場で見ました。
ウォルターヒル監督好き

スシ作成機は公開当時、ホイチョイプロもネタにしてました・・・
あうち
2018/09/07 20:09
>ゲッコー

日本語の月光みたいですあちらの国に多い名前でしょうか?

>ウォルターヒル監督好き

「ストリート・オブ・ファイヤー」
ウィレム・デフォーが好演

>ホイチョイプロ

1980年代。業界の裏側を教える(?)漫画「気まぐれコンセプト」
大笑いしながら読みました。
蟷螂の斧
2018/09/08 19:20
ゲッコーって綴りもGEKKOで完全に日本語ですよね・・・
そういう名前の欧米人は見たことありません笑
たしかタイでヤモリのことをゲッコーと言いますが、それと関係あるのかなあ?

「ストリート・オブ・ファイヤー」大好きです!
すでにレビュー済でーす
ウィレム・デフォーの顔がいい悪人顔

「見栄講座」も懐かしいですね。
「ロシアより愛をこめて」を見て「魚料理に白ワインということを学んだ」と書いてありましたよ。
あとホイチョイのメンバーで学生時代に「天皇陛下の007」というスキー映画を作ったとか。
「私をスキーにつれてって」はその時の経験をもとに作ったとかなんとか
あうち
2018/09/08 20:27
>タイでヤモリのことをゲッコーと言いますが

どうなんでしょう?やはり日本市場を意識したのでしょう

>ウィレム・デフォーの顔がいい悪人顔

悪人顔の彼が「プラトーン」では良識がある軍人役
殺される場面は泣かせました

>「私をスキーにつれてって」

三部作。僕は「波の数だけ抱きしめて」が一番好きです
湘南が舞台。でも実はロケ地は・・・それもまた良きかな
蟷螂の斧
2018/09/10 19:11
日本語っぽい名前がクールだったのかもしれませんねー。

あ、あのプラトーンの天を仰いで死ぬ人(エリアスでしたっけ?)、デフォーでしたか。
あのころはあまり意識してなかったな・・・

ホイチョイの連載は読んでたけど、映画は見たことないのです・・・
あまりに自分に縁がない世界・・・
あうち
2018/09/10 20:55
こんばんは。

>ホイチョイの連載

ザイゼン部長のキャラも良かったです

>あのプラトーンの天を仰いで死ぬ人

エリアスを陥れた奴。いと憎し
でも、あの役者さんはその後「メジャー・リーグ」で・・・

>人間は正直に生きなければイカン!

不器用ですから・・・(by 健さん
蟷螂の斧
2018/09/12 18:46
ザイゼン部長の元ネタが白い巨塔だと、ずっと後に知りました・・・
あの時代のスピリッツを読んでらっしゃったということはメゾン一刻とか傷追い人とか読んでらっしゃいましたよね?

あ、エリアスってハメられて死んだんだけ・・・
劇場で見たけどすっかり忘れてました・・・

でも正直に生きてるとお金がたまらないですよね!
健さんには悪いけど笑
あうち
2018/09/12 20:33
>あの時代のスピリッツ

「めぞん一刻」「瑠璃色ゼネレーション」が好きでした。
ビッグコミックだけでなくスピリッツとオリジナルがあるのを知ったのもあの頃です
最近はオリジナルの黄昏流星群が好きです

>劇場で見たけどすっかり忘れてました・・・

僕も色々な映画の内容を忘れています

>健さんには悪いけど笑

実直な父親役が似合う健さんが子宝に恵まれなかった。
惜しいと思います・・・
でも映画ファンに愛され、国民的な役者となった健さんの人生は幸せだったと思います。
ビートたけしと共演した「あなたへ」は良かったです
蟷螂の斧
2018/09/14 19:40
健さんはヤクザ映画から足を洗ったのが幸いしたかもしれませんね。
あ、お子さんいなかったんですね・・・

スピリッツというか漫画自体、もう長いこと読んでませんね・・・
瑠璃色って柳沢きみおでしたっけ?
読んでなかったかも(汗
昔は隔週の発売でしたねー
あうち
2018/09/14 21:55
健さんを初めて見たのは「八甲田山」でした
中学校の体育館で上映されました。見終わった後、みんな呆然としていました

>昔は隔週の発売でしたねー

それが毎週に。
大人気だった「めぞん一刻」も毎週になりましたが、やっぱり隔週になったような記憶があります。
響子さんの亡き夫惣一郎さんの顔、そして不思議な住人四谷さんの職業は結局わからないままっでした
蟷螂の斧
2018/09/17 04:55
あいや、めぞん一刻は毎週やってたと思いますよ。
自分もめぞんが目当てだったけど毎週買ってたと思いますし・・・
サンデーでうる星やつらも連載してるのに、よく描けるなーと思ってました。
四谷さんの正体ですが、ダストスパートという高橋先生の初期作品に四谷さんソックリの背古井さんというキャラが登場するのですが、彼の仕事はJCIAという組織の諜報員なのです!
四谷さんの正体は背古井さんなのではないかと、ずっと思ってます笑
あうち
2018/09/17 13:27
こんばんは。

>めぞん一刻は毎週やってたと思いますよ。

失礼しました

>サンデーでうる星やつらも連載してるのに

高橋先生。すごいエネルギーです

>ダストスパート

僕は、あの作品が大好きです

>四谷さんの正体は背古井さんなのではないか

そうあって欲しいです
薄情に見えて意外に優しい四谷氏&背古井氏
蟷螂の斧
2018/09/18 19:49
ダストスパートご存知でしたか、すみません・・・><
あと素でまちがえましたが、JCIAはウルフガイでしたね。
そのパロディーのヒノマルCIAでしたね・・・

でもめぞん以外で隔週連載の漫画もいくつかありましたよね。
美味しんぼも連載開始当初は月イチくらいでしたよね。
あうち
2018/09/18 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「ウォール街」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる