ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」

<<   作成日時 : 2018/08/07 21:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

STAR WARS : EPISODE IV A NEW HOPE (1977)



スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




はるか昔、アメリカのハリウッドで・・・

「4」祭りオマケ!
シリーズ第1作なのにエピソード4とは、これいかに・・・(もちろん公開時は単なる「スターウォーズ」
物語の時系列と作品タイトルbヘ一致してなくていいと思うのですが・・・
もし「エピソード1」より前の時代の物語が映画化されたら、全作品ナンバーが繰り下がることになるよ?

それはさておき、全世界のキャラクタービジネスで「スターウォーズ」「ポケモン」に負けた(「ポケモン」が世界一)というニュースを、けっこう前に目にしました。
日本人として誇らしい?
いえいえ、「スターウォーズ」「ポケモン」のようなキャラクター商売に成り下がってしまったことに失望を禁じえませんでした・・・
あの守銭奴ディズニー、子供たちにまがい物の夢を売りつけるディズニーに買収されてしまったそうですね・・・
なんというファッキンな世の中でしょう。

ジョージ・ルーカス監督が低予算でこの第1作を完成させた時、映画界の反応は非常にショッパイものだったそうです。
「こんなアホな映画が売れるわけがない」
ただスティーブン・スピルバーグだけが「これはヒットする!」と見抜いたそうで、さすがですね。
これは管理人の妄想なのですが、スピルバーグは単に映画商売人として「当たる」と予想しただけではなく、この映画にこめられた純粋な夢を高く評価したのではないかなあ・・・
この「スターウォーズ」第1作ほど夢のある映画、なかなか思いつきません。

当時の管理人は小学生、図書館でハヤカワ文庫を見つけて「キャプテン・フューチャー」「レンズマン」「火星シリーズ」といった小説を読みふけっていたころ。
「スペースオペラの時代が来るでー!」と盛り上がっていたら、本当に来た!
第1報は小学館の学習雑誌に載りました。(全ストーリーのネタバレ付きで笑)
「恐竜にまたがるストームトルーパー」、それが初めて見た「スターウォーズ」のビジュアルだった・・・

画像

小学生だった管理人に与えた衝撃!
この白いロボット?が主人公かと思った笑

それから公開までの間、待ちきれずにノベライズ版(早川書房刊、翻訳は「キャプテン・フューチャー」と同じ野田昌宏先生)を読みながら過ごし、夏休みにようやく劇場で見た!
ストーリーがわかってるので感動は半分くらいでしたが笑

前置きが長くなりましたが、ストーリーはシンプル。
というか誰でも1度くらいは見たことあるよね・・・

ジョン・ウィリアムスの歴史的名曲とともに幕が開く歴史的オープニングから、まず見てみましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=yHfLyMAHrQE
こういう形式でメールが送れる(音楽付きで)ソフトがあればいいのに。

帝国が悪い人たち、共和国が良い人たち。
帝国の悪い将軍(っぽい役職の人)ダース・ベイダーは共和国のレイア姫キャリー・フィッシャー)を捕まえる。(まだ内緒だけどベイダーレイア姫の父)
三船敏郎ベイダー役をオファーされたけど、顔が出ないので断った話は有名。(まだ内緒だけど三船敏郎三船美佳の父)
あまり大きな声では言えないけど、レイア姫があまり美人でないのが本作の弱点の一つ。
は捕まる前、2体のロボットを宇宙に放出。
これも有名なキャラクター、C3POR2D2のロボット・コンビは砂漠の惑星タトウィーンに漂着。
身分を偽ってこの星に隠遁する「ジェダイの騎士」オビワン・ケノービアレック・ギネス)を探し出し、の救助を依頼するのが、2体のロボに託された密命だ。

2体は砂漠のゴミ拾い「ジャワ族」や、砂漠の略奪者「タスケン・レイダー」、砂漠の童貞「ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)」などと出会った末、ようやくオビワンの元にたどり着く。
「お願いオビワン、助けてちょ」と訴えるの立体映像を見せられ、めんどくさいけど動くことにしたオビワン
まず冴えない若者ルーク「ライトセイバー」を与え、戦い方を仕込む。
出ましたライトセイバー、これはSF界の一大発明。
「機動戦士ガンダム」でそのまんまパクってましたが、よく訴えられないなあ。
さらに宇宙空港の酒場で海賊「そろそろハン・ソロ」ハリソン・フォード)と彼の宇宙船ミレニアム・ファルコン号をチャーター。
この酒場のシーンも「コブラ」をはじめ、日本の漫画に影響与えまくり。

これでメンバーはそろった!
宇宙要塞デススターに捕らわれている。
助けに向かった一行も捕らわれたが脱出、を助けた!
オビワンダースベイダーと対決、斬られて消滅した!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=sq51w34Hg9I

ベイダーオビワン同様「ジェダイの騎士」なのだが、フォースの暗黒面に落ちて悪人となったのだ。
「暗黒面(ダークサイド)に落ちる」という言い回しも、この映画がルーツなんだなあ。
あと有名な話だけど、ルークの実の父はファーザー
「トラクタービーム(敵を補足するビーム)」や「パーセク(宇宙の距離の単位)」といったスペースオペラ用語を映画で耳にするのも新鮮な感動があったなあ・・・

帝国軍の追撃!
https://www.youtube.com/watch?v=T_OSeRxhGOY

こうなったらデススターをぶっ壊してやる!
デススター中心の核融合炉までストレートに通じる穴があるから、その穴から爆弾を落とせば一巻の終わりというマヌケな構造。
ルークも攻撃部隊の一員となって出撃、ベイダーに追いかけられてピンチのところをハン・ソロに助けられ・・・
「ルークよ、フォースを使え」というオビワンの(あの世からの)メッセージに従い、フォースを使って爆弾を落とし、デススター大爆発!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=2WBG2rJZGW8

ラスト、一行はから勲章をいただいて、めでたしめでたし。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=iH6a1iYQ0GA

あと皆さん、ぜひ下のアフィリから「スターウォーズ」のキャラクター商品を購入してください。
商売第一、アイム・ユア・ファーザー!


ハリソン・フォード出演作品のネタバレ
「刑事ジョン・ブック 目撃者」
http://puripuriouch.at.webry.info/201711/article_9.html
「ナバロンの嵐」
http://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_2.html
「地獄の黙示録」
http://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_14.html
「ハノーバー・ストリート/哀愁の街かど」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_11.html
「レイダース/失われた聖櫃(アーク)」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_14.html
「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」
https://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_17.html
「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_6.html
「パトリオット・ゲーム」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_13.html
「今そこにある危機」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_12.html
「ブレードランナー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_10.html

マーク・ハミル出演作品のネタバレ
「光る眼」
https://puripuriouch.at.webry.info/201701/article_4.html

キャリー・フィッシャー出演作品のネタバレ
「死海殺人事件」
https://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_1.html

アレック・ギネス出演作品のネタバレ
「戦場にかける橋」
https://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_21.html
「アラビアのロレンス」
https://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_2.html
「名探偵登場」
https://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_5.html
「レイズ・ザ・タイタニック」
https://puripuriouch.at.webry.info/201507/article_7.html

デヴィッド・プラウズ(ベイダーの中の人)出演作品のネタバレ
「007/カジノロワイヤル」(フランケンシュタイン役)
https://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはナッシュです。

スターウォーズ、こちらの田舎でも大ブームでした・・・小6か中1の夏だったなぁ。

由緒正しい、貧乏性人の小倅だったナッシュは映画に連れて行って、貰えなかったなぁ!(涙)。

そのせいもあってか?数年前までまともに見た事が無かったんです、スターウォーズシリーズ。

何度もレンタルしたけど、途中で見なくなってました。

頑張って、最後まで見たら・・・面白かったですね(笑)。

今はチビが大好きなようで、時々、録画したのを見ていますよ。

個人的にX翼戦闘機のスタイルが好きで、ミニチュア(投げ売り品)を買ったのですが、チビに「ルークの飛行機!」と、強奪されましたよ(笑)。
ナッシュ
2018/08/07 23:01
スターウォーズのシリーズではこの旧3部作が一番好きですね(私は新3部作世代ですけど)現在、レンタルやBlu-rayで観れるスターウォーズは公開から大分たってから製作された特別編らしいですね。
マニアからはこの特別編は非常に評判が悪いらしく、オリジナル版を公開しろとか、オリジナル版のBlu-ray化を呼び掛けてると聞きますね。
かつてはジブリ映画ぐらい新3部作の1作目の「ファントムメナス」は観たと思いますが、今では旧3部作をジブリ映画ぐらい観てます。
綾小路清隆(仮名)
2018/08/07 23:34
>ナッシュさん
うちは年1回くらいは映画に連れてってくれました笑
そのかわり旅行とかはあんまり・・・
私も本当に面白いと思うのはこの第1作目くらいですねー。
お孫さんが今見てもおもしろく感じるのだから、やっぱり名作なのでしょう。
Xウイングもってるなんて、けっこうマニアじゃないですか笑
あうち
2018/08/08 08:16
>綾小路さん

今回新しいバージョンを見たら、ジャバザハットが出てたり、ちょこっとだけシーンが追加されてるようですね。
まあ、そんなに気にするほど改変されてないと思うけど・・・
それよりタイトルが長ったらしくなったのがショック笑

ファントムメナスを初めて見た時、CGだらけでヨーダまでCGになってしまって驚きました。
半分アニメですね・・・
あうち
2018/08/08 08:20
>三船敏郎がベイダー役をオファーされたけど、顔が出ないので断った話は有名。

彼は海外の作品には恵まれなかったと言う人がいますね。

>レイア姫があまり美人でないのが本作の弱点の一つ。

でも、エピソード6を見てお世話になった男もいるそうですよ
蟷螂の斧
2018/08/13 09:42
あ、エピ6というと奴隷コスですね笑
コスチュームはいいんですけどね笑

言われてみると海外の三船出演作は微妙なのが多いかなあ。
一番良かったのはレッドサンでしょうか・・・
あうち
2018/08/13 10:09
美人よりも、ちょっとブスぐらいを好む男性もいますよ

>一番良かったのはレッドサンでしょうか・・・

そう思います。
三船さんは黒澤映画それも白黒画像の方がいい味出します
蟷螂の斧
2018/08/15 10:38
あ、私もちょいブスは嫌いではありません笑
レイア姫も別にブスってほどではないですけど笑

逆に三船の最低映画はスピルバーグの「1941」かも。。。
これからも三船映画はバンバン取り上げていく予定です!
あうち
2018/08/15 20:39
ハリソン、フォードが本作を優先して「地獄の黙示録」を降板してるらしいですね。その代わり、撮影現場を見学した際にルーカス大佐役でちょっとだけ出演してます(もしかしたらマーティン、シーンのキャラみたいに主要な役だったのかも)一方のルーカスはホントは本作を撮るはずだったらしいと立花隆の本に書いてあったような。
後、スターウォーズに関してはジョージ、ルーカスは興業収入よりもキャラクターグッズ関係の収入を優先したらしいですが、あの「猿の惑星」シリーズのグッズが映画の興業収入に迫る勢いだったらしく、それに目をつけたんだそうです。実際にルーカスの狙いは的中したようで、
キャラクターグッズの売り上げは映画に迫る収入を得ることになったのはすごい♪
元々この映画の企画は「アメリカングラフィティ」後にユニバーサル・スタジオに出してたけど断られたみたいですが、後にルーカスは「フォックス映画で良かった。ユニバーサル・スタジオだったら予算は少ないし、思い通りにできなかったと思うね」と語ってるんだとか。
綾小路清隆(仮名)
2018/08/19 01:14
「黙示録」はハリソン主演じゃなくてよかったような・・・
それでチョイ役で出てたんですね。
「猿の惑星」のグッズって何があったんだろう笑
ジーラとコーネリアスのフィギュアとかですよね・・・
うーん大ヒットするようなグッズには思えないけど笑

SWはたしかにほしくなるようなグッズは多いですね。
親が一つも買ってくれなかったけど・・・
ユニバーサルでSWを作っておけば、今頃USJの目玉アトラクションになれたのに・・・
あうち
2018/08/19 13:10
>スピルバーグの「1941」

まあ、楽しんで見る事は出来ましたジョーズのパロディも笑えたし

>レイア姫

彼女が亡くなった直後にお母さんも・・・
蟷螂の斧
2018/08/19 22:04
猿の惑星のキャラクターグッズはあちらの国では一時期社会現象になってたらしいです。この例に目をつけたジョージ、ルーカスの狙いは大当たりして、スターウォーズだけでなく後にランボーやターミネーターのグッズも登場したそうですね(ランボーモデルのナイフが中古本に挟んであったチラシに載ってたw)
ジェダイの帰還(家にあったレーザーディスクは復讐になってます)はスピルバーグが監督の予定だったらしいですね。この頃に多くの契約が重なったためにリチャード、マーカンドが監督したようです(劇中にマーカンド大佐として登場)スピルバーグ監督で観たかったけどあれでも十分良いです。
ラストは劇場公開版の方が良いです…(最後にオビワン、ヨーダ、アナキンが幽霊で登場するが、今レンタルやBlu-rayで観れるバージョンではアナキンの姿がセバスチャン、ショウではなく新3部作のヘイデン、クリステンセンに変わってる…)この変更に怒るファンは結構いるそうです。
綾小路清隆(仮名)
2018/08/19 23:18
>蟷螂さん
私も1941はけっこう好きです。ひどい映画ですが笑(劇場で見たのはちょっと後悔)
このブログでも取り上げ済でーす
アメリカが戦争をパロディ化できるのも勝者の余裕ですね・・・

レイア姫の母もショックだったのでしょう・・・
親より先に亡くなるとは不幸です・・・
あうち
2018/08/20 12:34
>綾小路さん

猿惑星公開当時は日本にはまだフィギュアという文化がなかった(怪獣のソフビ人形くらい)なので、日本にはキャラ商品入ってこなかったかもですね・・・

そうそう、公開時は「ジェダイの復讐」でしたよ。(この方がカッコいい!)
ラストの変更は気がつきました。
まあでもあそこは変更しないとシリーズの整合性が取れなくなるかも笑

ランボーのナイフは私もパチモンもってました笑
今はああいうナイフもってるのは犯罪者だけになってしまいましたが・・・
あうち
2018/08/20 12:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる