ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「リング」

<<   作成日時 : 2018/10/15 21:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

リング (1998) 東宝



リング (Blu-ray)
ポニーキャニオン
2012-04-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リング (Blu-ray) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




このブログを見たら、7日以内に他の人にも見せないとウンコ漏らす

日中にブログ更新しないと、日のあるうちに・・・
ひーっ もうこんな時間! 夜になってしまた!
闇が支配する時間帯に「リング」のあらすじを書いていると、いきなりPCの画面が切り替わって・・・
というわけでオバケ映画祭り第4回、できるなら取り上げたくなかった中田秀夫監督の「リング」でーす・・・
なんでこんな怖い映画作るんだよ、バカやろう。

とはいえ、さすがに今回3回目の鑑賞では怖さも薄れてきました。
真田広之が出てたのか、とか松嶋菜々子の演技はクソだな、とかアラを探す余裕も出てきました。
でもこれ、演出や演技が素晴らしいとか、テーマ性や芸術性があったりすると怖さは薄れると思います。
B級だから怖い、クソ映画だから怖いのです・・・

あーやだ、あらすじ書きたくない・・・
時系列に整理してまとめてみましょう。
昔々・・・ ゴジラも出現した伊豆大島に、山村志津子という超能力(千里眼)をもった女性がいたよ。
妻子ある科学者と不倫、貞子という娘を産むが・・・
実は貞子、科学者が父親ではないらしいのじゃ・・・
志津子はよく夜の海に向かって話しかけており、どうも海に棲む魔物、あるいは海そのものが巨大な魔物なのかもしれんが・・・ そういったものが志津子を孕ませたらしいのじゃ・・・
科学者は新聞記者を集めて志津子の千里眼の実演を行うが、インチキだと糾弾され、志津子は自殺。
残された娘の貞子には、母を上まわる超能力(念力)が宿っており、これを忌まわしく思った科学者は、貞子を井戸に突き落とす。
貞子は井戸の内壁を必死に這い上がろうとして、生爪が全て剥がれ・・・
あ、強力な念力があるのに井戸から脱出できないのか。
貞子の弱点を発見したぞ!

やがて貞子は息絶え、時は流れて井戸の上にはペンションが建てられる。(ふつう建てる前に井戸は埋めるよね・・・)
このペンションではレンタルビデオのサービスもあって、たまたま紛れていた1本の生テープに、貞子の怨霊が呪いの念写を行い・・・ ここに有名な「呪いのビデオ」が誕生した!
貞子死亡からビデオの時代が来るまで、だいぶタイムラグがありますが・・・ その間は呪いとかなかったんだろうか。
で、問題のビデオに映ってる映像がこれ・・・
https://www.youtube.com/watch?v=BOeGSfahWS4

このビデオを見てしまったら、7日以内に他の人にも同じビデオを見せないと、恐ろしい死に様をさらすことになる!(続編では深田恭子さんがすさまじい死に顔で女優魂を見せてくれましたね!)
死を回避するハードルはけっこう低い気もするけど、昔は大型のデッキしかないから、それを持ち歩いてテレビに接続して・・・ という手間を考えるとけっこう大変。

さて物語ですが。
親類の女子高生の死をきっかけに、呪いのビデオの存在を知ったヒロイン・玲子松嶋菜々子)。
うっかりビデオを見てしまい、呪いを回避するため元ダンナで霊感の強い高山真田広之)に相談、彼にもビデオを見せてしまう。
さらに玲子の最愛の息子も、こっそりビデオを見てしまう。(エロビデオだと思ったか?)
ビデオを見てしまった人を写真に撮ると、グニャ〜と顔が歪んで写るのがコワイ!

呪いを解くには、貞子の秘密を解明するしかない。
限られた時間内で伊豆大島に渡り、貞子の過去を探る玲子高山
ついに伊豆のペンションの床下に井戸を発見、貞子の遺体をサルベージする。
これで彼女も成仏するはず・・・ が。
貞子はそんなに甘っちょろくなかった!
7日が過ぎ、高山の部屋の出現する貞子、呪いのガン見でヌッ殺す!
アクション俳優・真田広之も呪いにはかなわない・・・
ひいいーっ この動画張りたくない!
https://www.youtube.com/watch?v=c80-nyjP9Hg

テレビから出てくるのはクローネンバーグ監督のパクリっぽい。
その前には「キャプテン・ウルトラ」ラジコン星人がいるし、さらに前には「アウターリミッツ」があるし・・・
ドアップになる凶眼は、女優さんでなくスタッフの目で、まつ毛を抜いて上下逆さまに撮影したんだって。

「呪いは解けていなかった!」
高山の死に戦慄する玲子
彼女自身は高山にビデオを見せたからセーフだが、このままでは息子が危ない。
こうなったら実家の父にビデオを見せるしかないと、デッキを車に積んで、息子とともに出発。
我が子を救うため父を犠牲にする・・・ というオチですが、父もまた近所の人にでもビデオを見せれば助かるし。
逆に殺したい相手にビデオを見せるというのもアリだよね?(完全犯罪)

原作では結局、この世界は「マトリックス」みたいなヴァーチャル空間だった、貞子の正体はコンピュータ・ウィルスだったってことになるらしい・・・
ガッカリだけど、それなら怖くないや!

「きっと来る」主題歌も有名。
なぜかビートたけし思い出す
https://www.youtube.com/watch?v=aznOHI289Q0


真田広之出演作品のネタバレ
「戦国自衛隊」
https://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_16.html
「柳生一族の陰謀」
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_4.html
「伊賀忍法帖」
https://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_9.html
「必殺4 恨みはらします」
https://puripuriouch.at.webry.info/201511/article_4.html



リング2 [Blu-ray]
角川書店
2012-04-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



らせん [DVD]
角川映画
2005-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



死国 [DVD]
角川書店
2000-08-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原作者の鈴木光司だっけ?「仄暗い水の底から」を大絶賛してましたな。そういや本作とリング2のVHSあったけど…怖すぎて記憶にないのかなあ…
貞子役の佐伯日菜子の元夫はサッカーのスター選手だった奥大介だったけど、離婚後に事故で亡くなった際、貞子のパワーじゃないかって噂があったようです…オカルト過ぎだなあ…
綾小路清隆(仮名)
2018/10/15 23:19
「仄暗い水の底から」はまだ見てませんが、怖そうなタイトル!
リング2はヒロインが交通事故死するところと旅館の幽霊出現シーンが怖かった!
今は昼間だから大丈夫ですが笑
原作の正式な続編は「らせん」のようですが、見たのに内容思い出せない・・・

佐伯日菜子は美人だから怖くない。
昔懐かしい「エコエコアザラク」という漫画の実写化にも主演してました。
あうち
2018/10/16 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「リング」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる