【ネタバレ】 「大いなる眠り」 レイモンド・チャンドラー

THE BIG SLEEP (1939)
Raymond Chandler



大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
レイモンド チャンドラー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




フィリップ・マーロウ登場の第1作! モチだぜ、うふう

これでチャンドラーの長編ネタバレ、全作品コンプリート!
あとは短編がありますが、しばらく後にしたい。
ハードボイルドはロス・マクドナルドが何冊か入手できましたので、そちらを先に。
ところでチャンドラーといえば、最近は清水俊二先生などの昔ながらの名翻訳が姿を消していき、毎年ノーベル文学賞を取れないあの人(角川春樹だっけ?)の新訳版がブイブイいわせてますね。
あーあ、なんかイヤな時代だなー。
今回のチャンドラー処女長編「大いなる眠り」双葉十三郎先生の旧訳版を読ませていただいたのですが、さすがに訳が古い。
マーロウが「うふう」というイヤらしい声を連発、笑ってしまいます笑
「イチャモン」て漢字で書くと「一丁文句」なのか!(これは林先生も知らないのでは?)
ま、そんな古臭い訳でも管理人はハルキ版より好きですね。
そもそも原作自体が古いんだし、ノープロブレム。

ま、翻訳についてはそれくらいにしておいて、本作で特に印象に残ったのはマーロウと殺し屋の対決。
マーロウが人を殺す場面って、他の長編ではなかったよね・・・ ないよね?
デビュー作なのでいろいろ新鮮ですが、チャンドラーお得意のプロットの二重構造(冒頭でマーロウが依頼を受ける事件と、その後に受ける依頼が、無関係のようでいて実は深く関わり合っていた、というパターン)がすでに出来上がっています。

初登場した私立探偵フィリップ・マーロウ、彼が今回引き受けたのは・・・
依頼人は石油で財を成した富豪スターンウッド将軍
彼には2人の、美しいがビッチな娘がいる。
姉のヴィヴィアンはギャンブル狂いだが、まだマトモな方。
奔放な妹のカーメンは後に判明するが、とんでもないサイコパス。
その妹が賭博場で借金をしたらしく、「貸した金を返せ」という脅迫状が将軍の元に届いた。
「どしたらええかのー」
「脅迫状の送り主を探ってみましょう」
だが探り始めると、次々と殺人事件が発生・・・

これが物語の入口となる冒頭の依頼ですが、これとは別に物語の核心に迫る「もうひとつの依頼」があった。
姉のヴィヴィアンラスティ・リーガンという酒の密売屋(禁酒法時代)と結婚していた。
この男がしばらく前から行方不明なのだ。
リーガンには若いころから愛し合っていたモナという恋人がいたが、ギャングの親分エディ・マースが自分の女にしてしまった。
失意のままリーガンヴィヴィアンと結婚したようだが、ついに思いきってモナと駆け落ちをしたのでは・・・ という噂がある。(モナも同じころに姿を消しているから)
リーガンを気に入っていた将軍は、「あの男がいなくなって寂しいわい」と漏らしており、脅迫事件にひと区切りつけたマーロウは依頼されてもないのにリーガンの行方を探し始める。(後に正式に依頼される)

さて、いきなりラストで明かされる真相をネタバレ。
実は頭のおかしい妹のカーメンが姉の夫であるリーガンを誘惑。
が、断られると逆恨みしてリーガンを射殺、死体を古い石油井戸に投げこんだ・・・
これを知った姉のヴィヴィアンは賭博場のオーナー、エディ・マース親分に相談、援助を求める。
これをネタに大金をふんだくれると踏んだマースは全面的に協力。
まず殺人犯カーメンの父親である将軍がどの程度まで事件を知っているのか観測気球的な意味で、手下(エロ本屋オヤジ)を使い冒頭のような脅迫状を送りつけたのである・・・(将軍はまったく何も知らなかった)
が、これがきっかけとなり、カーメンを愛する運転手がエロ本屋オヤジを殺害したり、エロ本屋オヤジ(ホモ)の男性の愛人がカーメンのエロ写真を入手したチンピラを仇と間違えて射殺したり、事件が立て続けに起こることに。

一方マースは、自分がリーガンを殺したと世間に思われては困るので、妻のモナを隠れ家に引きこもらせ、「リーガンモナが駆け落ちした」という噂を流す。
が、マーロウモナを見つけ出してしまったことから、殺し屋との命がけの戦いに・・・
カーメンリーガンの時と同じくマーロウを誘惑、断られると射殺しようとするが、それを見抜いていたマーロウは彼女の銃弾をすべて空砲弾に入れ替えておいた。

死期の迫る将軍に真実を告げるのは酷だ・・・ と感じたマーロウは、姉のヴィヴィアンに「3日の猶予を上げるからカーメンを遠くへ連れてくんだ、そして目を離すんじゃない」
リーガンは見つからなかったと、将軍には報告しておこう。
石油井戸に放りこまれたままのリーガンは気の毒だが、死という「大いなる眠り」を貪っている者には、土の中だろうと石油の中だろうと違いはあるまい・・・

というエンディングだよ。
あれ? ギャングの親分エディ・マースは別に悪いことしてないな・・・
殺し屋は無駄死にだったな笑


レイモンド・チャンドラー作品のネタバレ
「かわいい女(リトル・シスター)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_9.html
「さらば愛しき女よ(さよなら、愛しい人)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201702/article_13.html
「高い窓」
https://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_2.html
「湖中の女」
https://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_5.html
「長いお別れ(ロング・グッドバイ)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_4.html
「プレイバック」
https://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_4.html

レイモンド・チャンドラー原作映画のネタバレ
「ロング・グッドバイ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201506/article_10.html
「さらば愛しき女よ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_12.html



長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))
早川書房
レイモンド・チャンドラー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



水底の女
早川書房
レイモンド チャンドラー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
レイモンド チャンドラー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック