ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「2010年」

<<   作成日時 : 2018/11/25 21:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010 THE YEAR WE MAKE CONTACT (1984)



2010年 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2010年 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




あの衝撃のラストから9年、「素晴らしいことが起こる(ウソ)」

年末だし、たまったSF映画を一気に片づけ祭り第2弾!
今回は本物、アレの続編です。
監督は管理人が大好きな「カプリコン・1」ピーター・ハイアムズ。(かといってハイアムズが好きなわけでもない)

前作「2001年宇宙の旅」のネタバレはこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201602/article_10.html

感想を先に言いますと・・・ 前作ほど退屈でもないし意味不明でもない。
が、前作のように映像と音楽に圧倒されることもない。
だいぶ普通のSF娯楽映画に近づいた感じ。
ま、管理人は「ワケワカランけどすごい映画」よりも「そこそこ楽しめる娯楽映画」の方が好きな凡人ですので、今回の「2010年」に軍配!
あ、そーそー、前作で反乱を起こしたコンピューターのハルさんですが、今回も再登場して活躍。
矛盾した命令を受けたのが原因で「分裂症」状態になってしまい、それで反乱を起こした・・・ と今回は説明がありました。
なんかワケワカランですけど、前作の謎は前作の中で説明してほしかった。

2010年になってもソ連が存在してる世界・・・ ディスカヴァリー号で何が起こったのか、米ソ共同で調査することに。
主人公(ロイ・シャイダー)はソ連チームとともにソ連の宇宙船で木星へと出発するよ。
途中で木星の衛星エウロパを通りかかった時、謎の攻撃を受ける。
実はエウロパでは生命が発生しており、進化していくのを楽しみにしていたモノリス星人たちが「エウロパに近づいてはイカン!」と地球人に警告したんだね。

いよいよディスカヴァリーに乗りこんでハルを再起動。
なんとそこに幽霊となったボーマン船長も登場。
https://www.youtube.com/watch?v=HUT4ua-D33Y

いや、幽霊ではなく実体のない精神のみの存在となって、モノリス星人の使い走りをしてるようだ。
「2日以内にここから立ち去れ。あ、それと素晴らしいことが起こるから」
急に言われてもソ連の宇宙船は帰還する準備ができていない。
こうなったらディスカヴァリーのエンジンを点火して、燃料が無くなるまでソ連宇宙船を押してもらうしかない。
その後はディスカヴァリーは宇宙を漂うゴミとなってしまうが、ハルは納得してくれるだろうか。
ハルにしてみれば「自殺しろ」と言われるに等しい命令、また反乱を起こすんじゃなかろうか。
しかし丁寧に説明したらハルはわかってくれた。
ディスカヴァリーを動かすハル、ソ連宇宙船をプッシュプッシュ。
間一髪、木星から離脱した時・・・ 木星の表面がモノリスに覆われ、そして大爆発。

モノリス増殖中
https://www.youtube.com/watch?v=DYvvPZ6zwPE

木星が太陽に生まれ変わった!
https://www.youtube.com/watch?v=0zKqAbfxFsQ

天空に輝く2つの太陽・・・ これが「素晴らしいこと」なんだそうです。
1つでも暑くてたまらんのに、太陽が2つになったら地球は干上がってしまう!
ビール会社は商売繁盛ですね。
アーサー・C・クラーク、まったくロクなこと考えないなー。

最後にもう1度、「エウロパに近づいたらアカン」というモノリスからのメッセージが届く。
エウロパの地表にはモノリスがスタンバイ、地球人類のような知的生命体が誕生する日も近い。
こうしてみるとモノリス星人は趣味で生命を進化させたり文明を誕生させたりしてるみたい。
一種のゲームなのでしょう。


ピーター・ハイアムズ監督作品のネタバレ
「カプリコン・1」
https://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_3.html
「ハノーバー・ストリート/哀愁の街かど」
https://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_11.html
「プレシディオの男たち」
https://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_4.html
「カナディアン・エクスプレス」
https://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_6.html

ロイ・シャイダー出演作品のネタバレ
「フレンチ・コネクション」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_3.html
「マラソンマン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_19.html
「ジョーズ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201406/article_8.html
「ブルーサンダー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_14.html
「ロシア・ハウス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201503/article_1.html



カプリコン・1 [Blu-ray]
キングレコード
2018-07-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



アウトランド [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



シカゴ・コネクション/夢みて走れ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-06-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原作と映画どっちも思い出深いですね。
特撮はまあ、今の目で見ると古くさいけど好きです。
ロイ、シャイダーをSF映画で観たのは意外でした。映画観る前にアーサー、C、クラーク先生もロイ、シャイダーもこの世を去った後だったので初めて観た際は妙に悲しかったなあ…
綾小路清隆(仮名)
2018/11/25 23:51
私もこの時代のミニチュア特撮大好きですね。
あ、でも木星は初期のCGなんだそうです。
シャイダーは名前が宇宙刑事っぽいので笑
SFとあうようなイメージあるかも?
あうち
2018/11/26 13:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「2010年」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる