ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「オデッセイ」

<<   作成日時 : 2018/11/30 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

THE MARTIAN (2015)



オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




火星に1人取り残されても自撮りに夢中

SF映画一気片づけ祭り第5弾!
こないだ公開されたばかりの最新作を、もう放映してくれた、どっかのTV局!
当ブログでは、これほど新しい映画を扱うのは珍しいことです。
わーい、リドリー・スコット監督だし、わーい。
あれ? いつも暗いリドリー監督が妙に明るいノリで、なんかムカつく。

人類はついに火星に到達したよ。
だが、突如恐ろしい砂嵐が吹き荒れるし、火星人の怒りか?
火星に近づくなという警告か?
巨大な人面石か?(それはデ・パルマ監督)
今回の探検隊は無理せず、危険が迫ったらサクッと火星脱出。
ただ1人、主人公(マット・デイモン)は風で飛んできた部品に直撃されて死亡したので、そのまま置いてきた。
火星よ、バイナラ〜

だが実は、主人公は生きていた。
1人取り残されたと知ってガチョーン、が、めげずにサバイバル生活を始める。
太陽パネルで発電し、電気分解で水を作り、有機肥料(乾燥ウンコ)でイモを栽培・・・
さらに火星に放置された機器を使って地球との通信に成功。

NASAの良い人(珍しく悪人でないショーン・ビーン)は、なんとか主人公を救おうと頭をヒネる。
なんといっても心配なのは食糧の不足だ。
次の火星行きロケットをムリムリに急がせ、食料を積んで打ち上げるが、あせりすぎてドッカーン。
急がば回れ、という言葉を知らんのか!

こうなったら地球に帰還する途中の、主人公を見捨てた探検隊に、もう1回火星に戻ってもらうしかない。
地球の軌道をグルッと回って勢いをつけ(アポロ13号が月を回って勢いをつけたのと同じ原理?)、途中で食料を拾ってバック・トゥ・ザ・マーズ!
「2012」同様、今回も中国が出しゃばってきて、なんかムカつく。

いよいよ探検隊の宇宙船は火星に接近。
主人公は火星に残されたアポロ・チョコみたいな離陸用宇宙船で火星軌道上まで一気に上がるが、まだ高度が足りまいので、機体に穴を開けて空気をジェットおならのように漏らして、さらに上昇。
宇宙船からも乗組員ががんばって手を伸ばして、どうにか主人公をキャッチ。

主人公を一本釣り
https://www.youtube.com/watch?v=4uLViM50EeM

こうして主人公は無事に救助されたが、長い間フロに入ってないので・・・
「くさっ! お前ゲロみたいな匂いがする!」と、ヒンシュクを買うのであった。

主人公はその後、宇宙学校の講師として自身のサバイバル体験を語り継ぐ。
救出されて以来、1度もフロに入っていない・・・(ウソ)
あれ? リドリー、火星人は?
火星人が出てこないよ、ブーブー!
原題が「ザ・火星人」なのに・・・


リドリー・スコット監督作品ネタバレ
「ブレードランナー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_10.html
「エイリアン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_6.html
「ブラック・レイン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_13.html
「グラディエーター」
https://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_21.html

マット・デイモン出演作品のネタバレ
「ボーン・アイデンティティー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201811/article_4.html
「プライベート・ライアン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_4.html



ゲティ家の身代金 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店
2018-09-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブラックホーク・ダウン[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
パラマウント
2018-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



プロメテウス [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはナッシュです。

この映画、映画館で予告編だけ見た事があります。

惑星の重力を使って加速させるスイングバイ航法の事ですよね???。

ボイジャーもスイングバイ航法を使って加速して、太陽系外に脱出して行きましたねぇ。

火星で自給自足していたから火星人なんでしょうか???。
ナッシュ
2018/12/01 07:35
そうそう、そんな感じの航法です。

おっしゃる通りマット・デイモンが「火星の人」(原作小説の邦題)ということらしいです。
ですが1年足らず火星にいただけで火星人を名乗るとは、たとえば外国人が1年日本に住んで「俺は日本人だー」と言ってるみたいで笑
あうち
2018/12/01 14:13
こんにちはナッシュです。

昔、アルゼンチンが南極の領有権を主張するために妊婦を南極で出産させ、子供は南極人だ!って言う事がありましたよね???。

ナッシュ
2018/12/01 16:24
うおー何それ初めて聞きました笑
なんでそれで領有権主張できるのかわかりませんが、公海上で生まれた子供は海人(うみんちゅ)なんだろか
あうち
2018/12/01 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「オデッセイ」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる