ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」

<<   作成日時 : 2018/11/02 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

PAT GARRETT AND BILLY THE KID (1973)



ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




逃げるビリーをバンバン、意外な大物アーティストも出演

西部劇祭り第3弾、前回に引き続いてサム・ペキンパー監督。
いつもコメントくださる蟷螂の斧さんにオススメいただいた映画で、教えてもらわなければペキンパー作品と知らずにスルーしていたところです。

21歳で生涯を閉じた伝説のアウトロー、ビリー・ザ・キッドクリス・クリストファーソン)の最後の日々を、わりと史実に忠実に映画化したっぽい。
単なる強盗のような気もしますが、公開当時はアメリカン・ニューシネマ全盛期、社会なんてブチこわせ、法律なんてクソくらえ、大人はわかってくれない、自由バンジャーイみたいな空気があって、若者たちはビリーに感情移入したようです。
そんなビリーを追いつめる保安官、大人の代表、社会の代弁者がパット・ギャレット
実際にビリーを仕留めた人物で、ビリーの伝記も執筆したそうな。
もともとはビリーの友人らしいが、歳の離れたビリーとどうやって知り合ったのか、作中でも描かれないし、調べてもちょっとわからんかった。(ビリーギャレットのことを「父親のように思っていた」と語るシーンがあるが)
演じるは渋いジェームズ・コバーン、こういうダーティーな役柄は珍しい?

そしてアッと驚くキャストが、ノーベル文学賞も受賞したミュージシャン、ボブ・ディラン
学生街の喫茶店ですよ!(でも顔を知らないので、どの人物がディランなのか、調べないとわからんかった笑)
音楽ももちろんディランが担当。
風に吹かれて転がる石のような主題曲
https://www.youtube.com/watch?v=ZaTCYNOVmnI

ウイキで確認したら、実はもう1人、意外なアーティストが出演していてビックリ。
それは「007/オクトパシー」の主題歌を歌ったリタ・クーリッジ
森高千里「雨」も英語でカバーしてるんぞ!
こちらも誰がリタなのかわからんかったが、たぶん娼婦の1人だろう。


かつては無法者だったパット・ギャレットは、今や法の側に立つ保安官となり、ビリーを逮捕する。
が、トイレに隠した銃を使って脱走するビリー
「あいつを捕まえるんやー」とギャレットに圧力をかけるえらい人は、やはりペキンパー作品で流れ者を演じたジェイソン・ロバーズ
ギャレットが新たな助手としてスカウトする悪党アラモサ・ビルを、怪奇映画常連のジャック・イーラムが演じて、今回もすごい顔。
アラモサ・ビルビリーと決闘して敗れた!
https://www.youtube.com/watch?v=l9wi-GifcxM

で、ボブ・ディランビリーの友人のナイフ使いとして登場。
外見は普通の人ですね・・・ これといって活躍場面はない。
ボブはよく、この店(酒場)に来たものさ
ギャレットに脅され)わけもなく読み上げた缶詰ラベル
https://www.youtube.com/watch?v=c_rlfS2QYow

ビリーはなじみの町に舞いもどり、なじみの娼館でなじみの娼婦に癒やしを求めるが、夜に小腹がすいて「スニッカーズでもないかな(嘘)」と台所をあさっていたところを、待ち構えていたギャレットに撃たれ死亡。
ビリーを愛していた町の人々は怨みの眼差しでギャレットを見送る。
そして数年後、ギャレットもまた土地をめぐるトラブルで背後から撃たれ絶命するのだった。(今回見た特別版では、このシーンが冒頭に来る)

最後はちょっとあっけない感じですが(史実だから仕方ない)、珍しい映画を見たなー、という感想。


サム・ペキンパー監督作品のネタバレ
「荒野のガンマン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201811/article_1.html
「砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード」
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_11.html
「ゲッタウェイ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_21.html
「ワイルドバンチ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_15.html

ジェームズ・コバーン出演作ネタバレ
「荒野の七人」
http://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_8.html
「大脱走」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_6.html
「夕陽のギャングたち」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_14.html
「イレイザー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_15.html

ジェイソン・ロバーズ出演作品のネタバレ
「砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード」
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_11.html
「ウエスタン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_7.html
「レイズ・ザ・タイタニック」
http://puripuriouch.at.webry.info/201507/article_7.html



ダンディー少佐 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード 特別版 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ディレクターズカット ワイルドバンチ 特別版 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-02-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

>いつもコメントくださる蟷螂の斧さんにオススメいただいた映画

こちらも、ありがとうございます

>学生街の喫茶店
>ボブはよく、この店(酒場)に来たものさ
>(ギャレットに脅され)わけもなく読み上げた缶詰ラベル

笑わせてもらいました

>こういうダーティーな役柄は珍しい?

酒場でジェームズ・コバーンに撃たれた男が倒れる場面。スローモーション。
これもまたペキンパー監督らしいです
蟷螂の斧
2018/11/03 19:13
こんばんは!
こちらこそいつもありがとうぎおざいます。
そういえばコバーンはけっこう悪人も合いそうな顔なのに、完全な悪役は見たことないなあ。
今回も厳密には正義の側ですしね。
あうち
2018/11/03 21:20
おはようございます。

>「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」

邦題の副題で要らない例です。
大体この映画のクリストファーソンは21歳には見えないし・・・

>こちらも誰がリタなのかわからんかったが、たぶん娼婦の1人だろう。

ビリーが射殺された時に傍にいた娼婦役。
実生活では、その後二人は夫婦に。
しかし7年後に離婚・・・

>今回も厳密には正義の側ですしね。

なるほど
蟷螂の斧
2018/11/07 05:33
えっリタはビリーと結婚したですか!
あの最後のシーンの娼婦がリタでしたか・・・

たしかに余計な副題(笑
でも「ボブディラン/青春のナイフ」みたいな題になってた可能性も・・・
それを考えればマシ?
あうち
2018/11/07 10:46
>「ボブディラン/青春のナイフ」

ディランを崇拝する人たちが喜んだかも

>あの最後のシーンの娼婦がリタでしたか・・・

そうです。でも私生活ではその後離婚
何でもいいけど、「007/オクトパシー」の主題歌。
今でも大好きです
蟷螂の斧
2018/11/12 21:02
オールタイムハイいいですよねえ。
ところで私は森高さんのラジオ番組にハガキを出してリタの「雨」をリクエストしたことがあります。
ハガキ読まれました!
そういうこともあったのでリタは思い出の歌手です。
あうち
2018/11/12 21:17
>森高さんのラジオ番組に
>ハガキ読まれました!

この幸せ者

>オールタイムハイいいですよねえ。

仰る通りです
また映画「オクトパシー」も良い作品です

>ジャック・イーラム

この人も色々な映画で印象に残る演技をする役者さんです
蟷螂の斧
2018/11/13 19:24
懐かしい思い出・・・
当時はすでにリタ雨は廃盤になっていてリクエストするしか聴く方法がなかたんですねえ。

オクトパシーはシリーズでベスト13に入るくらい好きですね。
ジャック・イーラムは本作以外だとキャノンボールしか見たことないなあ。
あうち
2018/11/13 20:35
>オクトパシーはシリーズでベスト13に入るくらい好き

第13作ですね
それと今思ったのは蛸の足は8本。そして13番目の作品
西洋人にとっては不気味な数字

>ジャック・イーラム

ブロンソン主演の「ウェスタン」
最初に妙な3人組が登場する
そのうちの1人です。
蟷螂の斧
2018/11/15 05:42
シリーズ全体(番外2本も含め)好きな順で真ん中より上、みたいな・・・
8は日本人にとってはめでたい数字ですのにー

あ、あのオープニングの3人の中にイーラムがいたとは!
言われてみれば、そんな顔が・・・
あ、ハエの人だ!
あうち
2018/11/15 09:00
>あ、ハエの人だ!

その通りです
ジャック・イーラムは「ララミーから来た男」にも出ています

>好きな順で真ん中より上、みたいな・・・

僕にとってはかなり上の順位です。
初めて映画館で見た007作品だし
蟷螂の斧
2018/11/16 05:24
イーラムの顔は強烈ですよね。
ララミーというとあの「ららみー」の主題歌で有名なララミーかしら

池波正太郎先生もエッセイでオクトパシーをほめてましたね。
ただどうしても前作のユアアイズから落ちた感じ・・・
ああうち
2018/11/16 15:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる