【ネタバレ】 映画「ゴールデンボーイ」

APT PUPIL (1998)



ゴールデンボーイ [DVD]
パイオニアLDC
1999-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




ゴールデンボールは2つ、ドキドキのナチス体験

スティーブン・キング、部活やめるってよ。
つーわけでキング原作映画祭り第2弾。
これはホラーといってもオカルトでなくサイコな方で、キング映画としてはちょっと地味か。
知名度の低い「ゴールデンボーイ」(原題:あぷと・ぴゅーぴる)をお送りします。
監督は「ホモのヒゲオッサンがランニング姿で歌う」映画が大ヒット中のブライアン・シンガー
ぼーん・とぅ・らぶゆー!

成績優秀な主人公の少年(ブラッド・レンフロ)は、ナチスの収容所で行われた残虐行為に興味津々だよ。
要するに異常者なんだね。
そんなある日、バスの車内で見かけたジイさん(イアン・マッケラン)が・・・ あれ、あのジイさん、どこかで見たことあるぞ・・・ なんとかつての収容所所長、ユダヤ人に対する残虐行為でイスラエルに追跡されている戦犯だった!
ナチス・マニアの少年だからこそ、見抜くことができた。

少年はジイと接触、「あんたの正体を秘密にするから、そのかわり収容所時代の話を聞かせて」と取引。
孤独な老人と友達になって、戦時中の苦労話を聞いてあげる優しい少年・・・ なんてホッコリする話ではない。
少年が聞きたいのは毒ガスで苦しんで死んでいく犠牲者の詳細な描写・・・ うーん、やっぱり異常者!
ジイの方も最初はイヤがっていたが、昔の記憶が甦り、だんだんノリが良くなっていく。
少年に無理やり着せられたナチスの制服で行進するシーンはショッキング。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=ErfzhJjeH5A

だがジイも脅されてばかりではない。
「これまでの経緯やお前の言動を記録して貸金庫に保管した。わしが死ねば弁護士がこれを公表する。お前が異常者であることが世に知れて、お前の人生ジ・エンド」
こうなったらジイに強要したり、ジイを殺すこともできない!

そんなこんなでジイの話に夢中になってるうち、成績がダダ下がりの少年。
学校のカウンセラーから、「両親を呼び出すでー」と脅かされる。
だが両親の代わりに、ジイが祖父のフリをしてカウンセラーと面会。
「両親の離婚とかいろいろあって、勉強に集中できなかったんじゃよ、かわいそうな孫じゃよ」と話を取り繕ってくれる。
あとは猛勉強して成績を元の水準に戻すだけ。
ジイの家で必死に勉強する少年、だんだんホッコリする話になってきました。
成績もみるみるアップ!
めでたし、めでたし・・・

が、ここから怒涛の展開。
ナチスのコスプレして楽しんでるところを近所のホームレスに目撃されるジイ。
ホームレスを自宅に誘いこんで殺害、少年に死体を始末させようとするが、無理がたたって心臓発作を起こし入院。
ジイの病室で隣りのベッドに寝ていた患者が、偶然にも収容所の生き残りのユダヤ人だった!
イスラエルの警察もやって来て、ジイは退院したら即逮捕されることに。
学校のカウンセラーがニュースを見て、「あれ、この戦犯ジジイ・・・ あの生徒の祖父と名乗っていた男じゃないか!」
少年の家を訪れるカウンセラー、「私をだましたな、両親にすべてを話すぞ」
大ピンチの少年だが、悪の機転を利かせて、「お前がホモで、性的行為を強要されたと言いふらす」と逆に脅し返す。
カウンセラーはスゴスゴ退散。
そして観念したジイは、ついに自殺するのだった。(貸金庫にウンヌンという話は作り話で、少年はセーフ)
ジイが死んでも、少年は1人でたくましく生きていける!

なんかパリッとしないラストですが、原作では少年が銃を乱射して狂い死にするみたいな?
少年を演じた俳優は25歳でヘロイン中毒死だって。
なむなむ


この他の「ナチスが現代に甦る」系作品のネタバレ
「ブラジルから来た少年」
https://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_36.html
「ザルツブルク・コネクション」
https://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_2.html
「オデッサ・ファイル」
https://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_4.html
「マラソンマン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_19.html
(小説)「不死鳥(フェニックス)を倒せ」 アダム・ホール
https://puripuriouch.at.webry.info/201608/article_18.html

スティーブン・キング作品(小説)のネタバレ
「シャイニング」
https://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_6.html
「ランゴリアーズ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201511/article_8.html

スティーブン・キング原作の映画化作品のネタバレ
「キャリー (1976年)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_16.html
「ショーシャンクの空に」
https://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_15.html
「シャイニング」
http://puripuriouch.at.webry.info/201401/article_11.html
「クリスティーン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201401/article_12.html
「ミスト」
http://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_8.html
「バトルランナー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_20.html



ユージュアル・サスペクツ[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
パラマウント
2018-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ワルキューレ [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ジャックと天空の巨人 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2014-03-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2018年12月26日 22:33
本作の後にあの「XーMEN」シリーズが始まり、
ナチスによるホロコーストの生き残りであるミュータントのマグニートーははまり役でしたなあ。マグニートーもXーMENを代表する悪役ですが、人類によるミュータントへのホロコーストを阻止しようとする決意の現れのようです(XーMENのアニメ版を昔観てましたが実写版はあまり…)そういや、原作者の一人、スタン、リーさん今年亡くなったんですね…イアン、マッケランさんゲイ差別反対運動の第一人者でもありまして、本人もゲイを公表してます。
あうち
2018年12月27日 14:32
アメコミはほとんど見たことないのですが、そういえばスタン、リー亡くなったとニュースやってましたね・・・

ところで家の者が倒れまして、しばらく更新休むかもです・・・
くうーこの年末の忙しい時期に><

この記事へのトラックバック