【ネタバレ】 映画「ドラキュラ(1992年度版)」

BRAM STOKER'S DRACULA (1992)



ドラキュラ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




こっぽらのドラキュラ・・・ どらきゅっぽら

こっぽら3連弾!
1本目はフランシス・フォード・コッポラ監督が今さらで新鮮味のない「吸血鬼ドラキュラ」を映画化したコレ!
他にネタがないのか、いやもうホント、ドラキュラは飽きたよ・・・
しかもドラキュラ役がゲイリー・オールドマン・・・ いい役者ですよ、嫌いじゃないですよ。
でもドラキュラ伯爵としては気品というかカリスマがないいうか・・・ やっぱりベラ・ルゴシクリストファー・リーがいい!

原題でわざわざ「ブラム・ストーカーのドラキュラ」と謳ってるくせに、冒頭からいきなりオリジナル・エピソード。
昔々トルコと戦争していたルーマニア、ご存知ブラド公は敵をめっさ殺しまくって大勝利。
だが、「公が戦死した」という誤報を信じた若い妻(ウィノナ・ライダー)は自殺。
しかも司教が「自殺した者は天国に行けないから」というので、ブラド公は神に怒った! キリスト教会に怒った!
こうして神に反逆する者、ドラキュラが誕生。(原作にはないエピソード)
ドラキュラは生まれつき吸血鬼なわけではなく、錬金術の研究などによって不死の怪物へと変身したらしいね。

物語が19世紀へと移ってからは原作通りに進みそうですが。
ルーマニアのドラキュラ城を訪れた弁護士(原作では弁理士)のジョナサンキアヌ・リーブス)、城主のドラキュラ伯爵がロンドンへ移住するための事務手続きを代行。
やがて伯爵の恐るべき正体を知って監禁され、脱出・・・ という流れは原作と同じ。
ゲイリー・オールドマンが変態っぽくて、やっぱりイヤだなあ・・・

ロンドンに現れた伯爵は、ジョナサンの妻ミナに出会う。
なんと、400年前に自殺したウィノナ・ライダーにソックリだ。(おそらく輪廻転生)
こうして伯爵ミナのロマンスが始まるが・・・
このロマンスも原作にないオリジナル、ぜんぜん「ブラム・ストーカーの」じゃないよ!
別に原作ファンじゃないからいいけどさ。

ミナの親友ルーシーが吸血鬼に血を吸われ、ヴァン・ヘルシング教授に助けを求める展開は原作と同じ。
アンソニー・ホプキンスヘルシング教授だ!うおー!ちょっと燃える。
このヘルシングが実は、「自殺したら天国に行けない」とおっしゃってた、あの司教の転生という余計な設定も付加されている。(輪廻転生が存在する時点でキリスト教は全否定ですが)

ルーシーは死亡、吸血鬼として甦った!
原作では一番こわかったシーン
https://www.youtube.com/watch?v=8rlohOLUi9k

さらにミナのもとを訪れる伯爵、正体を現した!
「仮面ライダー」コウモリ男じゃないですか
https://www.youtube.com/watch?v=X1rnBQJxfdk

追いつめられイギリスを脱出する伯爵
ヘルシングのチームはそれを追ってルーマニア、ドラキュラ城へ。
最後は伯爵への真の愛に目覚めたミナが彼の胸を串刺し、首チョンパしてトドメを刺す。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=1ag4IhsMckU

いや、もうジョナサン完全に妻を寝取られたな・・・
やっぱりドラキュラクリストファー・リーがいい!
という結論になってしまうんですが。


ブラム・ストーカーの原作小説「吸血鬼ドラキュラ」ネタバレ
https://puripuriouch.at.webry.info/201810/article_10.html

フランシス・フォード・コッポラ監督作品ネタバレ
「ゴッドファーザー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201701/article_6.html
「ゴッドファーザー PART II」
https://puripuriouch.at.webry.info/201702/article_10.html
「ゴッドファーザー PART III」
https://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_5.html
「地獄の黙示録」
https://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_14.html

ゲイリー・オールドマン出演作品のネタバレ
「裏切りのサーカス」
https://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_4.html
「JFK」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_13.html
「トゥルー・ロマンス」
https://puripuriouch.at.webry.info/201901/article_15.html

アンソニー・ホプキンス出演作品のネタバレ
「遠すぎた橋」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html
「羊たちの沈黙」
http://puripuriouch.at.webry.info/201709/article_15.html
「マスク・オブ・ゾロ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_16.html
「ザ・ワイルド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_10.html

ウィノナ・ライダー出演作品のネタバレ
「シザーハンズ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_22.html
「エイリアン4」
https://puripuriouch.at.webry.info/201807/article_17.html

キアヌ・リーブス出演作品ネタバレ
「マトリックス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_13.html
「マトリックス リローデッド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201803/article_13.html
「地球が静止する日(2008年版)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201810/article_5.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年02月24日 00:43
この映画、確か日本人のデザイナーの石岡瑛子がアカデミー賞を受賞した映画で話題だったそうですね(実はこの方、デザイナーでは日本人初のグラミー賞受賞者だった!)後、この映画はホラーではなく壮大で悲しい愛の物語として観ましょう♪何て多くのレビュアーが言ってますな…石岡瑛子氏の遺作となったのは「白雪姫と鏡の女王」でした。
ドラキュラといい、白雪姫といい、ハリウッドはネタ切れかいなww
ゲイリー、オールドマンがアカデミー賞受賞した映画「ウィンストン、チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」ではゲイリー、オールドマンが推薦したメイクアップアーティストの日本人がメイクアップ賞を受賞しました!(この映画のタイトル、どうにかしてw)
あうち
2019年02月24日 09:43
あ、衣装デザインが日本人だったみたいですね。
特に注意してなかったので、どんな衣装だったか覚えてませんが・・・
壮大で悲しい愛の物語ですか笑 うーん・・・
つねづね「ホラーに恋愛要素はいらない」と思ってるのですが(男に裏切られて怨霊になった、みたいな場合は別として)
やはり女性客を呼ばないとならないんでしょうねえ・・・

日本人のメークの人はワイドショーとかにも出てたのを覚えてます。
オールドマン、ドラキュラよりはチャーチルのが合いそう。

この記事へのトラックバック