【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200(56位)

落ちて滑る飛行機! ごめんよ受験生



007 スペクター [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




*** 007最新作ニュース ***
シリーズ最新作(BOND25)のロケ地のひとつがノルウェーに決定、撮影が始まったようです。(ノルウェー政府が助成金を出して誘致したらしい)
スカンジナヴィア半島の国がロケ地となるのは初めてです。
原作ではボンドが「スカンジナヴィア産のスモークサーモンはパサパサしてイヤ」とディスってましたが笑
ダニエルがスモークサーモンを食べて、「ノルウェーのサーモンもイケるねー」なんてシーンがあれば笑えるのに。
なんといってもサーモンのスシを発明した国、がんばれノルウェーサーモン!

その他のロケ地として、世界遺産の洞窟住居が有名なマテラ(イタリア)、同じく世界遺産の海洋都市ドヴロブニク(クロアチア、ここは管理人も行った)の名があがっております。
残念ながら日本ロケはない! 無念じゃ・・・


「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「アクション」とは・・・

かつて「アクション映画の王者」と呼ばれた007シリーズ
特殊装備を満載したボンドカーのチェイスやスキーアクションに水中アクション、空中アクション、列車アクション、ボート・アクション、動物アクションなどなど・・・
007ならではのオリジナリティーあふれる数々のアクションは、後発の映画に多大な影響を与え、ハリウッドのアクションすら凌いできました。
そんな007アクションが「影響を受ける側」に回ってきたのは、いつからでしょうか?
「ブリット」に始まる本格的カーチェイス、ブルース・リーの肉体を駆使したアクション、スタローンシュワさんのムキムキ・アクション・・・
世界的なアクションの進化に置いてきぼりにされそうな007・・・ しかし、負けずに抗います。
「私を愛したスパイ」のスキーダイブ、「ゴールデン・アイ」の戦車チェイス、「カジノ・ロワイヤル」の工事現場チェイスなど、映画史上に残るアクションで「まだまだ終わらんぞ」という意気込みを感じさせる。
そんな輝かしいアクション名場面をランキングするこの企画。
その膨大な名場面の圧倒的数量に目がくらむ!
これぞまさに人類が成し遂げた偉業ですぞ!
やっぱり007はすごい!



【56位】 軽飛行機でローバーを追え
「スペクター」より
https://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_10.html

*** 直前までのあらすじ ***
山頂の医療センターからマドレーヌ・スワン博士が拉致された!


追うボンドはセンター入口で小物2人を倒すが、マドレーヌヒンクスの乗るレンジローバー(プラス、手下のランドローバー2台)に押しこめられ、バイナラ~

画像

ミスター・ヒンクスマドレーヌが乗る新型レンジローバー
正直言って初代がいちばんカッコいい

画像

手下が乗るランドローバー、こんなにカッコいいのに性能はスズキ・ジムニーに及ばない(らしい)


一方、ロープウェーに乗ったも、怖いおじさんにつけ狙われる。
それでもなんとか、ボンドから預かった指輪をスキャンすると・・・

画像

指紋からDNAまで、なんでも読み取ってしまう万能スキャナー(ドラえもんの道具か!)にタコリングをのせると・・・

画像

なんと!タコリングの持ち主スキアラのみならず、ダニエル時代の悪役3人の情報が!
彼らは「ナンバー・ワン」によって操られるザコにすぎなかった!

途中駅でスキを見て、スタコラ逃げる
そのころ、山道を走る車内で怪しい注射を打たれそうになるマドレーヌ
そこへ安っぽい飛行機を操縦してボンド登場!
この飛行機はどこから調達したの?
上映時間長いくせに、そういうところを省略するから作りが雑になるんだよ・・・

ヒンクスがダブルバレル・ハンドガンをブッぱなし、飛行機を追っい払う。
この銃は相当持ちにくいし、反動もすごそう・・・
ふつうは悪人が空から、主人公サイドは陸の乗物というパターンのアクションが多いのに、逆になってるところがおもしろいですね。

第2ラウンドは、林の間の狭い空間を無理やり降下する飛行機、車輪を降ろしてランドローバーの1台にヒットさせる。
敵は残り2台!

第3ラウンドは無理し過ぎて、両翼をボキッとへし折ってしまう。
「死ぬのは奴らだ」を思い出す、なつかしいギャグです。
翼を失った飛行機は雪の斜面を滑降。
スキーチェイスでなく、雪山を飛行機で滑るという新発想ですが、それでもなんか新鮮味がないんだよなあ。
「スペクター」のアクションは、どれこもれも目新しさがなくマンネリを感じてしまう・・・

材木置き場の小屋をブチ破って、悪人たちの前に躍り出る飛行機。
残ったランドローバーを跳ね飛ばすと、後続のレンジローバーがそれに激突、ヒンクスはボンネットに飛び出して失神KO。(ここで殺しておけば・・・)
ボンドは無事にマドレーヌを救い出すのであった。

これ
https://www.youtube.com/watch?v=IoatiXYa11Q











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年02月28日 01:57
日本はロケ地にならず…って言うと多分ネットでは「ジェームズ、ボンドは来ない」って騒がれるのかあ…
「ジェームズ、ボンドは来ない」という青春小説は実際にあります。
007を地元に呼んで活性化を♪みたいなものをやろうとした話らしいですなあ(確かそんな書評があったような)
あうち
2019年02月28日 11:06
あ、その「ジェームズ、ボンドは来ない」って本、以前ナッシュさんという方に教えていただきました。
大変興味そそられるけど、あまり007関係なさそうな気もするし・・・
瀬戸内海の小さい島に誘致しようなんて、ちょっと無理でしょう笑
綾小路清隆(仮名)
2019年03月01日 21:44
瀬戸内海の島にスペクターとかブロフェルドのアジトがあったらそれはそれでロマン有りそうですね♪
ボンドガールが村上海賊の子孫だとか平家の武将の子孫という設定も何となく面白そうですな(中二か高二の時にそんな小説思い付いたことあったw)
あうち
2019年03月01日 21:58
村上海賊の子孫www
瀬戸内海はいいところですが、どうしても「二度死ぬ」の海女の島の二番煎じっぽい・・・
ナッシュ
2019年03月02日 22:45
こんにちはナッシュです。
このシーン、迫力有って楽しんで見てました・・・ダニエルボンド!アクション自体凄いんだけど、やっぱり昔のニヤリと出来るアクションが懐かしく感じたり。

ジェームズボンドは来ない

レイモンド ベンスンの小説「007 赤い刺青の男」で北海道の登別や香川県の直島が出たんですよね。

嫁からも「007が日本ロケに来るの?」

と聞かれましたが

「イアン フレミング以外の作品は映画化はしないと思うよ」

と・・・あ、レイモンド ベンスンは来たとか?。
あうち
2019年03月02日 23:11
ベンスンは香川県が出してる助成金で来日して、接待されたんだと思います。(そういうニュースを見ました)
アホな役人たちは次の007映画のロケ地になると思ってたんじゃないのかなー
無知な田舎者をだまして接待を受けたベンスン、ゆるせん笑
直島って今はアートの島として世界的に有名になってますが、現代アートってどうもインチキ臭くて好かないんですよね・・・
いずれにしろ007には似つかわしくない島です。

この記事へのトラックバック