【ネタバレ】 映画「フューリー(2014年)」

FURY (2014)



フューリー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




戦車を止めるな! 中でゲロ吐くの勘弁

戦争はイヤ!
戦争は地球上から消滅してほしい。(そして北朝鮮はアメリカの核攻撃で地球上から消滅してほしい)
平和祈願の戦争映画祭り第1弾!
久々に戦車ものだワーイ、デヴィッド・エアーという知らない監督の「フューリー」をお送りします。
壮絶な戦闘シーンは大迫力、あまりCGを使ってないっぽいのが好感もてる。
人間ドラマとかどうでもいい、戦闘がすごければいいんだよ!

コリアー隊長ブラッド・ピット)が指揮する戦車フューリー号に欠員が出たから補充したら、戦闘経験のない若造のタイピストが配属されたよ。
戦車内では死体が腐っていたりゲロったりンコ漏らしたり、とにかく臭くて息が詰まりそう。
この新米、見張りをしても役立たず、敵兵への攻撃も拒否するし、まったく使い物にならん。
コリアーは新米に捕虜のドイツ兵を射殺させたり、戦場になじませようと苦心する。
あんまりブラピに面倒かけるな!

瓦礫と化した街で生き残ったドイツ人女性に料理を作ってもらったら、ドイツ軍の砲撃が女性の家を直撃、女性は無残な最期・・・ といったツライ体験を経て、新米は戦士へと成長していく。

平原でドイツ軍戦車とバトル!
https://www.youtube.com/watch?v=L8vFGQ0uJQc

悪運強いフューリー号は数々の修羅場を生き残るが、ついに街道で地雷を踏んで立ち往生。
しかも前方から300人のドイツ兵が接近中。
逃げるか? だがコリアーは戦いを選ぶ。
動かなくなった戦車内で死んだフリをして、ドイツ軍に待ち伏せ攻撃。
が、やはり多勢に無勢、クルーは次々と倒れていく。
ついにコリアーもスナイパーに狙撃され・・・ 新米を脱出用ハッチから逃がし、自らは手榴弾で爆死。

最後の戦い、ここまで来ると戦車戦というよりゲリラ戦
https://www.youtube.com/watch?v=RLIsJN5Lt4E

フューリー号の下に隠れた新米は、いったんはドイツ兵に見つかるが、見逃してくれる敵兵の温情。
やがてアメリカ軍が到着、新米は救助され、英雄扱いされるのだった。
生き残れてよかったねー。

なんとソフト販売時に、日本の戦車アニメ「ガールズ&パンツァー」とコラボしてたそうです。
戦車バトルという点は共通してますが、作風ちがいすぎるだろ笑
ところで「ガルパン」公式ブログは当ブログと同じくウェブリブログに所属してまして、いつかアクセス数でガルパンさんとワンツーフィニッシュを決めたいなあ、なんて夢を持っていたのですが・・・
あるバズった日、ついにガルパンさんを超えた!
画像

ま、この時、1回限りですけどね・・・


ブラッド・ピット出演作品のネタバレ
「リバー・ランズ・スルー・イット」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_4.html
「セブン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_1.html
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
https://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_10.html
「ファイト・クラブ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_9.html
「デビル」
https://puripuriouch.at.webry.info/201901/article_14.html
「トゥルー・ロマンス」
https://puripuriouch.at.webry.info/201901/article_15.html
「バベル」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_10.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年03月18日 00:44
親父が劇場で観たそうで、ソフト化してすぐに借りてこい言うもんでレンタルして観たの覚えてますが、この映画まあまあ面白かったですね。
確かに多くのブロガーの評価は良いみたいですが、
終盤戦のss大隊の描き方はドイツ軍ファンからは否定的らしいですなあ(別にドイツ軍のファンでも米軍ファンでも無いからあまり気にしなかったけどね…)戦争映画のおすすめは「Uボート」、「日本のいちばん長い日」(脚本はあの橋本忍、監督は岡本喜八)「ひめゆりの塔」(観たことあるの吉永小百合版)「戦没学徒兵の手記 きけ、わだつみの声」(戦後初の戦争映画)です.Uボートと日本のいちばん長い日は歴史系のサイトでもオススメされてた映画でした。
吉永小百合版のひめゆりの塔は昔、NHKBS映画の吉永小百合特集で放送してました(その前週は山口百恵引退うん十年記念だったっけ?中学生の俺にゃあ山口百恵の魅力も吉永小百合の魅力も全然分からんかったけど「ひめゆりの塔」は火垂るの墓位強烈だったなあ…)
あうち
2019年03月18日 09:42
ss大隊・・・ 何がまちがってたんでしょうね?
ドイツ軍はマニアが多いからなあ。
戦争映画といっても、「ひめゆりの塔」は「Uボート」とは別ジャンルの反戦映画という感じでは笑
「日本のいちばん長い日」は終戦の日のお話でしたっけ、見たいですねー。
私も山口百恵の魅力も吉永小百合の魅力はわからんのです・・・
本田翼のが好きです笑

この記事へのトラックバック