【ネタバレ】 映画「スターリングラード」

ENEMY AT THE GATES (2001)



スターリングラード [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2013-06-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




俺は石田・・・ 石田純一・・・

平和祈願の戦争映画祭り第2弾!
(でも名前に「平和」とか「ピース」がついてる団体は、しばしば闘争大好き過激な暴力組織だったりしますので要注意!)
今回はスナイパー(狙撃手)同士の対決・・・ かたやソ連の実在する伝説のスナイパー、ヴァシリ・ザイツェフジュード・ロウ)!
あ、でも映画自体はフィクションだって。
対するはドイツ軍の英雄ケーニッヒ少佐
この少佐がえらくシブかっこいいんですが、演じるはエド・ハリス
あー、「ザ・ロック」ハメル准将かー、シブいはずだわ。
監督は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」で中国に睨まれてしまったフランス人のジャン=ジャック・アノー
「薔薇の名前」もチョー見たい!(でも、その前に原作小説読みたい)

今回も壮絶な戦闘シーンが目白押し。
ソ連とナチス・ドイツが戦争していたんだね。
狂ったイデオロギーに支配された国の兵士は悲惨だな・・・
スターリングラード(現ヴォルゴグラード)をめぐる攻防に駆り出された、若き羊飼いザイツェフ
狙撃はじっちゃに仕込まれた。(羊を狼から守るため)
「石になるんじゃ、ヴァシリ!」
「俺は石だ・・・ 俺は石だ・・・」バキューン、みたいな感じ。

そんなザイツェフも戦場では単なる一兵卒、武器が不足でライフルすら与えられない。
ヴォルガ川を渡ってスターリングラードの街へ!
https://www.youtube.com/watch?v=8yOBCGwMpeo

悲惨な消耗戦、ナチスも共産主義者も死に絶えればいい
https://www.youtube.com/watch?v=oJ3bzg-Tvt4

そんな戦闘のさなか、ザイツェフは新聞記者出身の政治局員ダニロフと出会う。
演じるはレイフ・ファインズ007のM)の弟、ジョセフ・ファインズ
https://www.youtube.com/watch?v=Oz8Azyjllwo

ザイツェフの狙撃の腕にド肝を抜かれるダニロフ、2人は親友に。
ある日スターリングラードに、後に書記長となるフルシチョフがやってくる。(ケネディ大統領とキューバ危機で張りあった人)
「戦局を打開する何かいい手はないかちょふ?」
ここでダニエルが提案、ザイツェフを我が軍のスゴ腕スナイパーとして宣伝、士気を鼓舞したらどうだろふ?

こうしてザイツェフのスナイパー伝説は始まった。
彼の戦果を報道する新聞を刷りまくるダニロフ
だがドイツ軍も最強の狙撃手ケーニッヒ少佐を召喚、なんとしてもザイツェフを仕留めるのだ!
スターリングラードの戦場を舞台にスナイパー同士の戦いが始まるが、実力が一枚上手のケーニッヒに追い回され、ザイツェフは自信を無くしていく。

ザイツェフの相棒クリコフケーニッヒに殺られた!
https://www.youtube.com/watch?v=BF-sTHMVoOc

さらに私生活でも、ザイツェフダニロフが同じ女を愛してしまったことから、友情に亀裂が入る。
恋の勝負はザイツェフが圧倒的有利、ダニロフは悔しくてムキーッ
女とザイツェフを引き離そうと画策するダニロフだが・・・ そのために女は砲撃を受け死亡。
俺はなんてことをしてしまっただー、と後悔、今まさにケーニッヒとの最後の対決に挑むザイツェフのもとへ駆けつける!

罪を償うため、自ら囮となって狙撃され、ケーニッヒの隠れ場所を示す・・・
さらばダニロフ
https://www.youtube.com/watch?v=93tR96egox4

帰還命令に背いてまでザイツェフとの勝負にこだわったケーニッヒだが、ついに姿を現したところを撃たれる。
さらばケーニッヒ
https://www.youtube.com/watch?v=Giom5_byviI

こうしてスターリングラードの戦いはソ連軍の勝利に終わった。
ザイツェフはたまたま訪れた病院で、愛する女性が生きてるのを発見。(納得いかないぞ)
抱きあう恋人たち、そしてEND。
無理にハッピーエンドみたいにするな!


ジュード・ロウ出演作品のネタバレ
「ガタカ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_2.html
「A.I.」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_5.html
「ヒューゴの不思議な発明」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_7.html

エド・ハリス出演作品のネタバレ
「ビューティフル・マインド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201810/article_14.html
「ザ・ロック」
https://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_24.html
「アポロ13」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_12.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年03月19日 00:50
ドイツが統一して最初のオールスター映画にも「スターリングラード」という映画がありましたが、ハリウッド映画の本作よりも戦争映画オタクから絶賛されてますね。ドイツ映画のスターリングラードはボロボロの負け戦を描いてます…ソ連の国策映画の「スターリングラード大攻防戦」はいかにもソ連の国費を使ったとおもしき物量の戦争映画ですが、以外にも大苦戦の様子を描き、ソ連も苦労したんやという思いが伝わりそうな作品です…
あうち
2019年03月19日 11:04
スターリングラードの映画、いろいろあるんですねー
ドイツとソ連のどちらも見てみたいけど、無料放送ではやらないだろうな・・・
特に「スターリングラード大攻防戦」はコンバットマガジンでレビューを読んで以来、ずっと見たいと思ってるのですが

この記事へのトラックバック