【ネタバレ】 映画「ニキータ」

NIKITA (1990)



ニキータ [Blu-ray]
角川書店
2013-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




にきにきにー 今日から私も殺し屋デビュー

今日からはリュック・ベッソン3連発をお送りします。
ハリウッドとフランス映画のハイブリッドっぽい作風のベッソン監督、正直に告白しますと、たった今ウイキを見るまで、ずっと「リュック・ベンソン」だと思ってました笑
彼が初ブレークしたのが本作「ニキータ」、この頃はまだフランス映画だったんですね。
なかなかの良作です。
ニキータがもうちょっとかわいい女優さんだったら・・・ でもアクションをパキパキこなす方が重要だし、仕方ないですね。

エリック・セラの哀愁漂うテーマ曲
https://www.youtube.com/watch?v=CwW_qLoRPSc

パリの薬局を襲う麻薬中毒の若者グループ、かけつけた警官隊によって次々射殺される。
が、グループの一員、クソビッチのニキータアンヌ・パリロー)がたまたま手にした拳銃で反撃、警官を射殺。
こいつ、拳銃使いの素質があるな!
捕まったニキータは終身刑を宣告されるが、政府の秘密機関によって極秘裡に釈放。
「訓練を受けて殺し屋になるか? ノーなら刑務所に戻す」
選択の余地のないニキータ、秘密機関の男ボブに命じられるまま、射撃・格闘からプログラミング、メークにいたるまで、暗殺者に必要なひととおりを習得。
柔道の訓練があるところがフランスだな。

さて、いよいよ卒業が迫り、誕生日なのでボブが高級レストランでごちそうしてくれる。
「誕生日プレゼントだよ」
ボブに渡された包みを開けると・・・ 中身はデザートイーグル.44マグナム!
男性なら「ワーイ!ありがちょー」と大喜びする贈り物ですが、楽しい気分を壊されたニキータは泣きそうに。
これは卒業試験、レストランで食事中のマフィア大物を殺せ!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=Hxg_DjlkaMA

しかし華奢なようでも、さすが白人女性、バカでかいデザートイーグルを手にしても、あまり違和感ないな・・・
日本の女優さんで、こういうアクションのできる人いる?

こうして無事、訓練は終了。
ニキータは表向きの職業と偽名を得て、街で暮らし始める。
ボブから呼び出しがあれば、ただちに出動してターゲットを始末するのだ。
うーん、映画じゃなくて連続TVシリーズにしたら、現代版「必殺」みたいでおもしろそう!
そんなこんなでスーパーのレジ打ちで生計を立てるダメ男・マルコにナンパされ、やがて恋人同士に・・・
ボブも2人を祝福、ヴェネツィアへの新婚旅行をプレゼントしてくれるサービスぶり。

だが、結婚を認めたのはニキータの表向きの偽装に役立つから。
新婚旅行自体、ヴェネツィアでの殺しの任務の偽装に過ぎなかった。
こういう非情な展開がイイ!
ここでニキータが狙撃に使用するSFチックなデザインのアサルト・ライフル「ステアーAUG(英語発音ではシュタイアー)」が印象的。
この頃から「ブルバップ方式」という弾倉がグリップより後ろにくるタイプのアサルトライフルが大流行、AUGはその代表格でしたよね。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=MUCjn4qWmJ4

マルコはうすうす、というかハッキリと「彼女は何か隠してる」と感じていたようだ。
この後、ソ連大使館からテープを盗み出す仕事を命じられるニキータ、これが失敗してグダグダに。
こんなところでジャン・レノが登場・・・
任務が失敗した際に証拠を隠滅する(死体を含めて)「掃除人」の役だが、彼がブレークするのは次の「レオン」からか。

ここにいたってマルコはついに、「なんかヤバイことしてるんやろ? イヤならやめなさい」
自分の正体を明かすニキータ、そして愛ゆえに彼の前から姿を消す。
翌日、ボブマルコを訪ねてくる。
ニキータから預かっていたテープ(ソ連大使館から盗んだ)を彼に渡すマルコ
もしかしてマルコ、消されてしまうん? と心配したが、それはなかった。
2人の男はションボリしながら、「彼女はもう帰ってこないだろうねー」
なんか、しみったれたラストです笑


リュック・ベッソン監督作品のネタバレ
「マラヴィータ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201806/article_10.html

ジャン・レノ出演作品のネタバレ
「RONIN」
https://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_12.html
「ダ・ヴィンチ・コード」
https://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_2.html









1/350スケール 太陽の塔 PVC&ABS製 塗装済み 完成品
海洋堂(KAIYODO)
2019-04-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年03月24日 00:06
ジャン、レノの出世作の「レオン」は完全版と劇場版で印象が変わりすぎる映画の一つになってるようです。
実際によく漫画のネタにも完全版好きか嫌いか論争があり、よく「貴様には〇〇の完全版がお似合いだ!」って言うようなセリフになってた記憶が…(完全版で観たことある映画は今のところ「エイリアン」と「エイリアン2」、「ターミネーター2」、「アビス」位かなあ…「エイリアン2」の場合はリプリーの家族の存在とか、セントリーガンによるエイリアンの撃退が追加されてる程度)「ターミネーター2」の場合は特別編、「エイリアン」はディレクターズカット版というタイトルですが、「ターミネーター2」は特別編しか観たこと無いです…
あうち
2019年03月24日 11:09
レオンは次回取り上げる予定ですが、完全版だと何がちがうんだろ・・・
ナタリーポートマンのその後とか入ってるのかな?
完全版はダラダラ長いだけで余計なシーンが入ってる場合が多いので、あまり好きではないです。
アクションシーンが追加されるのはいいですが、ドラマ的なものは娯楽映画にあまり求めてないので笑

この記事へのトラックバック