【ネタバレ】 映画「ある愛の詩」

LOVE STORY (1970)



ある愛の詩 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-04-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




愛とは決して愛と死を見つめないこと

懐かし名画祭り第3弾は「難病もの」の先駆的作品「愛と死を見つ・・・」ではなくて「ある愛の詩」でーす!
原作はこの作品のみの一発屋エリック・シーガル、監督はこれと「大陸横断超特急」のみの二発屋アーサー・ヒラー
しかしなんといっても本作における殊勲賞は音楽を担当したフランシス・レイでしょう。(アカデミー作曲賞受賞)
超ド定番の主題曲は「難病のテーマ」としてTVでさんざん流れましたね。(最近はあまり流れないかな?)
幸せそうなカップルがいたら、背後からラジカセでこの曲を流してやると・・・ ククク・・・ 悲しい別れが待っている!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=r-ZyYmrr514

映画では使用されなかったがアンディ・ウィリアムスによるボーカル付きバージョンもある
涙ちょちょぎれる超超超ちょー名曲
https://www.youtube.com/watch?v=w6w0cy_1HY4

フランシス・レイといえば「白い恋人たち」テーマ曲も有名ですが、「ある愛の詩」と似ててゴッチャになりませんか?
これ
https://www.youtube.com/watch?v=8ACUW8a4FbE

ところが、そんな超名曲「ある愛の詩」にパクリ疑惑が浮上した!
フランシス・レイ本人も認めたらしいが、ステルヴィオ・チプリアーニ作曲「ベニスの愛」のテーマからいただいてしまったー!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=jMql0OjxIg8

これまで何度も書いてますように、チプリアーニ先生は管理人が一番好きな映画音楽作曲家です。
幸いにも、レイが謝罪をして2人のグレート・コンポーザーは和解したのであった。
オマケですが「ベニスの愛」にもボーカル付きバージョンがあり、日本語版はザ・ピーナッツが!
うーん、これも超超超ちょー名曲!
https://www.youtube.com/watch?v=TBY2tsM4WMw

とまあ、音楽の話題をひとしきり書いてしまうと、あとはあんまり書くことないんだよね。
ライアン・オニールアリ・マッグローもそれほど好きじゃないので、さほど感情移入できないし。
特にマッグローは、もうちょっとかわいければなー・・・ 「かわいそう」という気持ちも湧いてくるんだけどなー。
失礼なことをズケズケと書きましたが、「ソーリーと言ってはいけない」そうなので、謝りません笑

一応あらすじ
金持ちのボンボン大学生オリバーは図書館で知り合った南沙織・・・ じゃなくてジェニーと恋に落ちる。
オリバーの実家は大富豪で由緒正しいので、貧乏な家のジェニーとの交際は認めんぞプンプン
しかしオリバーは親子の縁を切ってまでジェニーと結婚、貧乏な新婚生活をスタート。
そういえばオリバーの愛車MG-TCが元気よく走り回って、MGファンの方には必見の作品かもしれません。
いくらなんでも引っ越しの荷物運びに使うのは無理ありすぎだろ笑

ジェニーの病が発症するのは、後半に入ってから。
今の難病物語とちがい、入院してからお亡くなりになるまで、本当にあっという間です。
病名はハッキリ明かされませんが、たぶん白血病でしょう。
新婚間もないのに妻に死なれたオリバー、1人でションボリEND。
原作も映画も続編があるらしい。


アーサー・ヒラー監督作品のネタバレ
「大陸横断超特急」
https://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_13.html

ライアン・オニール出演作品のネタバレ
「遠すぎた橋」
https://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html
「バリー・リンドン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_15.html

アリ・マッグロー出演作品のネタバレ
「ゲッタウェイ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_21.html






けいおん! 1/8 中野 梓 (1/8 PVC塗装済み完成品)
アルター
2010-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



けいおん! 秋山 澪 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
アルター
2010-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年04月15日 14:41
映画「ラストキャッスル」の音声解説で、監督のロッド、ルーリーが「このテーマ曲は僕が大ファンのジェリー、ゴールドスミスによるものです。あの「パットン大戦車軍団」は軍隊経験ある僕が一番好きだったんだ。だから、70年のアカデミー賞で音楽賞が「ある愛の詩」には納得いかないです」って熱く語っています。この年のアカデミー賞では「パットン大戦車軍団」が7部門受賞してます。映画「ラストキャッスル」はまた、テーマ曲の録音中にあの9、11が起こっていて、テーマ曲のタイトルに「2001年9月11日~ラストキャッスルのテーマ」って付いてます(サントラ盤の解説と映画の音声解説から)
「ある愛の詩」のテレビ放送時の吹き替えが三浦友和と山口百恵だったって親が言ってました…テレビで初めて観たそうです。
あうち
2019年04月15日 15:43
なんと三浦友和と山口百恵が!?
そういわれてみると、なんとなく遠い記憶が甦って・・・ あー、そうだったかもしれない・・・
たしか「赤い疑惑」の放送直後くらいでしたっけ!
かすかな記憶が残ってるようです笑

その2人の間に生まれた息子が、今では「邪神ちゃんドロップキック」EDを歌ってるという不思議な運命www

パットンのテーマ曲も悪くはないけど「ある愛」とはちょっと勝負にならないような・・・
あ、映画自体はパットンの方が好きです。

この記事へのトラックバック