【ネタバレ】 映画「ピンクの豹」

THE PINK PANTHER (1963)



ピンクの豹 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




ピンクパンサーとは世界最大のダイヤのことなんじゃよ

懐かし名画祭りも第4回。
誰もが知るコメディ・シリーズでありながら、今見るとギャグとかちょっとキツイよね・・・
と感じてしまう「ピンクパンサー」シリーズ第1作目をお送りします。
でもドリフのコントとかにも影響を与えてそうで、その存在は無視できません。
監督は「ティファニーで朝食を」ブレイク・エドワーズ
音楽はヘンリー・マンシーニ、前回の「ある愛の詩」が「難病のテーマ」の定番なら、本作テーマ曲は「忍びこみテーマ」定番として、幾多のTV番組で使用されてきましたね。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=Jpmrd_GdddI

なんかアニメのピンクパンサーのキャラがムカつくなー笑と、子供の頃から思ってました。
(この第1作では登場しませんが)ケイトークルーゾーのドタバタなやり取りとか、好きでなかったです。
「新春かくし芸大会」でよくパロディーをやってましたね・・・ 懐かしいけど好きじゃない!
ちなみにピンクパンサーのキャラが出てくるのは、このオープニングだけなのですよ。

とある国の王室が保有する世界最大のダイヤモンド。
中心にある天然の傷がピンクの豹に見えることから「ピンクパンサー」と呼ばれるそのダイヤは今、革命の際に国を脱出したダーラ王女クラウディア・カルディナーレ)がどこかに隠し持っている。
そのダイヤを狙う怪盗ファントムことチャールズ・リットン卿デヴィッド・ニーヴン)、その甥っ子で詐欺師の素質があるジョージロバート・ワグナー)、そして執念でファントムの行方を追うクルーゾー警部ピーター・セラーズ)は、北イタリアのスキーリゾートで休暇をすごすダーラ王女のもとに集まってくるのだった。

この第1作ではデヴィッド・ニーヴンが主人公なので、どこなく品がいい。
クルーゾールパンを追う銭形警部のようなポジション。
彼の新妻シモーヌキャプシーヌ)は、実はファントムが送りこんだスパイなので捜査情報がダダ漏れ。
ファントムは計画通り女王に接近、ダイヤの隠し場所をつきとめようとする。
後に番外編「カジノロワイヤル」ジェームズ・ボンドを演じるニーヴンロジャー・ムーアに先駆けてコルティナ・ダンペッツォをスキーで滑ってます・・・
そういえば「カジノロワイヤル」でもニーヴンセラーズは共演してましたね。
「名探偵登場」でも共演してたね。

いろいろドタバタあって、ダイヤはローマの女王の屋敷にあると判明。
舞台はローマへ!
女王邸では仮装パーティーが開催され、クルーゾーたちもアホな仮装で警備にあたる。
あ、この展開はヒッチコック「泥棒成金」に似てるな。
隠し金庫の前でバッタリ出会うファントムジョージ、だがダイヤは金庫にはなかった!
実はダイヤは革命政府から返還を求められており、女王は怪盗に盗まれたことにしてごまかそうと画策、2人の盗人をおびきよせたのだった。
実際にはダイヤは女王の首にかけてあったんだっけ?

警察に追われてローマ市内を右往左往する怪盗甥っ子、ついにお縄に。
裁判にかけられる愛人を助けようとシモーヌ女王に嘆願。
ファントムに好意を寄せる女王は、一肌脱ぐ決意。
で、裁判が始まると・・・ ファントム側の弁護士はなんとクルーゾーを追求してきた!
彼の妻シモーヌは贅沢好きで毎月かなりの出費をしてるが、たかが警官の給料でまかなえるのか?
ファントムの正体はクルーゾー警部ではないのか?
汗を拭こうとハンカチを出すクルーゾー、なんと「ピンクパンサー」がハンカチの中に・・・(シモーヌ女王から預かって、警部のポケットにこっそり入れておいたのでしょう)

こうしてクルーゾーは有罪、本物のファントム甥っ子は釈放される。
気の毒な警部だが、ファントムは世間から大人気なので、女性に囲まれたりすると悪い気はしないのであった。
おしまい。
ま、機会があったらいずれ続編も・・・


デヴィッド・ニーヴン出演作品のネタバレ
「八十日間世界一周」
https://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_16.html
「ナイル殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_9.html
「名探偵登場」
http://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_5.html
「007/カジノロワイヤル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html
「北京の55日」
http://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_3.html
「ナバロンの要塞」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_9.html
「太陽にかける橋 ペーパー・タイガー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201808/article_11.html

ピーター・セラーズ出演作品のネタバレ
「博士の異常な愛情」
https://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_1.html
「007/カジノロワイヤル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html
「名探偵登場」
http://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_5.html

ロバート・ワグナー出演作品のネタバレ
「史上最大の作戦」
https://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_1.html
「ミッドウェイ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_14.html
「動く標的」
https://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_2.html
「タワーリング・インフェルノ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_2.html
「エアポート'80」
https://puripuriouch.at.webry.info/201508/article_5.html
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_11.html

クラウディア・カルディナーレ出演作品のネタバレ
「ウエスタン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_7.html






けいおん! 秋山澪 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
Max Factory
2011-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ナッシュ
2019年04月18日 18:38
ピンクパンサーシリーズ、好きでよく見てました。

このクルーゾー警部、ラストはかわいそうでしたね(笑)。

裁判で奥さんの浪費を指摘され

「やりくり上手なんだ!」

とか言ったり。

ラストのパトカーの中でも

「なかなか大変だったよ」

みたいなセリフを(笑)。

また見てみたいですね。
あうち
2019年04月18日 21:09
今回は銭形警部ポジションだから、ロクな目にあわないですよね笑
私は第1作はこれで2回見たのですが、この後は子供の頃にボケーッと見たきりで記憶がない・・・
ケイトーと戦っていたのはなんとなく覚えてます笑
ナッシュ
2019年04月19日 22:37
こんにちはナッシュです。

ピンクパンサーシリーズ好きで、昔はLDで持ってましたよ。

召し使いのミスターカトウとのドタバタも
子供ながらにウケてました(笑)。

このカトウ氏、007にも出ましたよね。
二度死ぬのスペクター基地のメンバーで。

5ではロジャームーアが整形したクルーゾー警部役で出てましたよ・・・少しだけですけど。
あうち
2019年04月19日 23:07
ええっ5は見たい!
そうそう昔はカトーって言ってたと思うけど、今ウイキを見るとケイトーになってるんですよね。
たしか新春かくし芸大会では加藤茶がカトーをやっていたような笑

彼は2度死ぬだけでなくゴールドフィンガー、さらに旧作カジノロワイヤルにも出てるんですよ。
ナッシュ
2019年04月20日 00:15
こんにちはナッシュです。

ロジャー・・・現役ボンドの頃でしたもんね。クルーゾー警部がやってた事をロジャーがやってましたもん(笑)。

ほんの数分位ですけどね。

でも、当時は字幕にもロジャーの名前は無かったんですよ。

ケイトー、テロップはKATOってなってたからてっきりカトウだと思ってました(笑)。
あうち
2019年04月20日 11:42
なんと! ロジャーはいわゆるカメオ出演というやつですね。

いや確かに日本ではカトーと呼ばれてましたね。
まあアメリカではカラオケがキャラオーキーになってしまうし、ミヤギさんがマイヤジになってしまうし、アニメもアナイムと発音する人がいるらしいですし笑
ナッシュ
2019年04月23日 08:57
こんにちはナッシュです。

そういやバックトゥザフューチャー2でも、ナイキのスニーカーをニケーって言ってましたね。

こちらでは「せ」を「しぇ」と発音しますねぇ(お歳の方)

だから千円(せんえん)を(しぇんえん)と。

ジャパ◯ットの元社長がサッカーの
「J1」を(ぜいわん)と言うのがこちらでは話題になってましたよ。
あうち
2019年04月23日 11:54
ナイキはむしろナイキが英語発音のような?
「サモトラケのニケ」みたいに日本語では従来ニケだったような???

江戸っ子もそんな感じでしたよ。
特に歳を取ると息が歯の間から漏れるので笑
ジャパネットのCMはよく耳にしてたけどゼイワンには気づかなかった!
最近、トウキックをトゥーキックみたいに言う人もいますよね笑(たしかにつま先は2つですけど)
太郎
2020年11月07日 15:11
誰もが知る有名コメディでありながら、今見るとギャグとかちょきとキツイよね…という訳で、「リアル・ピンクパンサー」について投降します。
世界を股にかける宝石や貴金属専門の盗賊団!
今年の8/14まで2007年に銀座の宝石店から2億8000万円のジュエリーを奪った二人組の片割れは服役していたはず(懲役10年、ICPO手配でモンテネグロで逮捕。スペイン経由で日本へ送還)
2004年・銀座の35億円ジュエリー強奪は逮捕されてない!
彼らはユーゴ内戦のセルビア軍OBを中心にした200人あまりで構成さらる。経歴から武装強盗な気配ですが、実は爽快なまでに手口はクリーン!
これまでに10年で128億円相当の宝石を盗み、しかして行方は知れない。
格好良いのは、絶対に人殺ししない。(軽症はある)暴力を極力に用いず、
ストップウオッチギャングと呼ばれる数分の犯行で宝石を盗み逃げる。
まさに怪盗集団!
さらに仲間が逮捕されると脱獄や逃走を助ける特徴ある。
You Tube上の映像で、素顔さらして宝石を奪っていたが、なんとその顔は特殊メイクを用いた他人の顔で、捜査は撹乱されたと言う。
テロリストとか皆殺ししろですが、こういう怪盗だと応援したくなっちゃう!
まんまルパン三世のルパン帝国みたいで楽しくありません?
因みにメンバーの大半は捕まってない。思うのですが、こういう集団を日本政府で密かに雇い、陸上自衛隊幕僚監部調査室二部別班とかに入ってもらったら、
国益になる気がしますがね。もともとボンドだすら政府内のアウトローみたいな話で、国家にはそういう存在は必要ですからね。せっかく日本に服役していたのだから、死人としてピンクパンサー団に引き渡す代わり、日本の裏仕事を引き受けてもらえば良いのに!
日本の埋蔵金研究の草分けである畠山氏は、もともとは軍の依頼で、中国の軍閥の将校から文書を盗み出す為に招集されたスリ見習いでした(笑)
今の日本てリベラル頭の悪影響で、清濁合わせ飲む度量がないですな!
太郎
2020年11月07日 15:14
ちなみにピンクパンサー一味は、映画と同じく香水瓶にダイヤを隠していた事があり、スコットランドヤードからICPOへ派遣された刑事がつけたニックネームらしいですね‥と、ウイキに書いてありました。
まー、今回はウイキ頼りで、それ以上の情報ないのですが。スマソ。
太郎
2020年11月07日 15:24
しかし不思議なんだなぁ。
ジュエリーは1カラット0,2グラムで100万円こえるのがあるから、かさばらず額が大きい。金塊とか重いです。ただ……葦が付きやすい。
バレないように優れた研磨師に頼み、カットを変える必要があり、それたけで手間と予算かかる。美術品とくに絵画泥棒と同じで、専門家の協力抜きには捌けないです。金塊みたく溶かしてインゴットに偽刻印で済む訳でない!
そう考えると、相当なコネクションがあり、背後に国家機関が存在してもおかしくはないですね??
あうち
2020年11月07日 15:34
こんにちわー。

そういえばピンクパンサーってどろぼう、いましたね!
暴力は使わないのか・・・
犯罪者を雇って国家の秘密の仕事をさせる、ワイルド7みたいですなあ。
ただ、こういう奴ら信用できるのか、忠実に任務を遂行してくれるのか疑問・・・
教官として採用するのはいいかもしれませんね。

セルビア軍OBか、もしバックに大国がいるとしたらロシア?
太郎
2020年11月07日 15:46
ああ、なるほど私と、あうち様は互いに極右的な部分が似ていると思いますが、
異なる点が出ましたね(笑)
私は、共同体の延長として軍旗の下にあるのは構わぬのだせが、基本的に愛国心とか信じてないの出すね。なから……
カネなら金とはっきり「欲望が明確な奴」の方が信用できると思ってます。
カネ目当ての奴の方が、ある意味でスッキリするし、信用できる。
理想や信念は、狂信者か、独裁者か、ブッダやイエスなみの宗教家でもない限り変わる。故にカネ目当ての方が信用でこるし、裏切られるのは組織としてのコントロール能力が低いからだと思います。
あうち
2020年11月07日 17:43
ふうむ、私も金目当てでぜんぜんかまわないのですが、どろぼうってやっぱりお金だけもらって仕事しないでバイナラーとか、敵側により高い報酬をもらって裏切るとか、そういうのありそう・・・
たとえ金目当てでも契約は守るみたいな、映画に出てくるようなカッコいい人ならいいのですが、どうでしょうねえ。
もし日本政府が秘密裏に泥棒を雇ったとして、よほどしたたかな担当者が管理しないかぎり、政府がカモにされて終り、という未来が見えます。
太郎
2020年11月07日 20:54
ふうむ。だとしたらバイナラした奴を消去まするサンクション(制裁)部隊を作るか、雇えば良いと思いますが。
外部委託でも良し。ただ証拠で脅される可能性があるから、やはりサンクション部隊は必要ですね。諜報機関を持てば謀略つまり破壊工作や暗殺は必要です。
ただ自前の暗殺部隊は大量にはでこないので、外に委託しつつ、祖でも…な案件を処理する部隊が必要という事ですが。PMCがこれだけ発達していれば可能だと思うのてわせね。
あうち
2020年11月07日 21:41
おお、サンクション部隊かっこいい・・・
「新必殺仕置人」にも死神という、裏切った仕置人を処刑する専門家がいましたな。
でもサンクション部隊を組織できるんだったら「プロどろぼう部隊」いらないかも???
サンクション部隊が動けない時だけチョコッと外部のプロに委託する、みたいな使い方でいいかもかも?
「新必殺仕置人」でも、「死神がそんなに強いなら、はじめから死神が悪人を仕置しろよ笑」みたいに思う時もありました笑
ま、いずれにしろ現実には難しいファンタジーみたいな話ですが

この記事へのトラックバック