ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200(36位)

<<   作成日時 : 2019/04/30 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

コマンド部隊も無重力には困んど



ムーンレイカー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「アクション」とは・・・

かつて「アクション映画の王者」と呼ばれた007シリーズ
特殊装備を満載したボンドカーのチェイスやスキーアクションに水中アクション、空中アクション、列車アクション、ボート・アクション、動物アクションなどなど・・・
007ならではのオリジナリティーあふれる数々のアクションは、後発の映画に多大な影響を与え、ハリウッドのアクションすら凌いできました。
そんな007アクションが「影響を受ける側」に回ってきたのは、いつからでしょうか?
「ブリット」に始まる本格的カーチェイス、ブルース・リーの肉体を駆使したアクション、スタローンシュワさんのムキムキ・アクション・・・
世界的なアクションの進化に置いてきぼりにされそうな007・・・ しかし、負けずに抗います。
「私を愛したスパイ」のスキーダイブ、「ゴールデン・アイ」の戦車チェイス、「カジノ・ロワイヤル」の工事現場チェイスなど、映画史上に残るアクションで「まだまだ終わらんぞ」という意気込みを感じさせる。
そんな輝かしいアクション名場面をランキングするこの企画。
その膨大な名場面の圧倒的数量に目がくらむ!
これぞまさに人類が成し遂げた偉業ですぞ!
やっぱり007はすごい!



【36位】 宇宙バトル・シークエンス
「ムーンレイカー」より
https://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_10.html

*** 直前までのあらすじ ***
宇宙ステーションジョーズに捕獲されるボンドグッドヘッド
だがジョーズも恋人を始末するよう迫られ、ドラックスへの反旗を翻すのだった。


画像

わーい 宇宙ステーション大図解だワーイ

平成最後の更新となります!
さて、この宇宙での戦闘シーンですが・・・ 小学生の時、初めて劇場で見た際、前作「私を愛したスパイ」のクライマックスの焼き直し感(しかも劣化版)がハンパなかった。(監督が同じ人だし)
中学生になって級友や担任教師といっしょに「私を」「ムーン」2本立てを見に行った時も、「レーザー光線だと銃撃戦より迫力ないねえ」というのが全員の一致した感想だった。
そんなわけで長らく自分の中では低い順位だったのですが・・・
歳月は流れ、ようやく「私を」の呪縛を逃れて、フレッシュでくもりのないマナコで見てみると、これはなんとまあ007アクションとしてはともかく、SF映画史上に残る名場面ではありませんか。
CGのない時代、よくぞこれだけの特撮映像を作り上げた!(これがCGだったら興ざめよ)
ま、レーザービーム発射音が当時人気のあったインベーダーゲームそのまんまなのは笑いどころですが。
ということで35位まで急上昇!

接近するアメリカのスペースシャトル、それに狙いを定めるステーションのレーザー砲。
ボンドは隙を突いて緊急停止ボタンを押すと、ステーションの回転が止まって無重力状態に!
この多人数をワイヤーで吊るした無重力シーンが驚異の映像。

シャトルの荷室が開いて宇宙コマンド部隊が出撃、ステーション側も迎撃部隊が発進。
ジョン・バリーの「宇宙レーザー戦のテーマ」が荘厳に鳴り響き、ピコピコピーと戦闘が始まった。
個人的に「スターウォーズ」よりイイ!と思うんですけど・・・
太陽まで飛ばされていく隊員の死にざまが悲惨!

画像

SF映画として見れば、史上もっとも現実味のある宇宙戦闘シーン(火花や煙はご愛嬌)

シャトルはステーションにドッキング、ボンドも合流して内部でのレーザー戦に突入。
ボンドジョーズの共闘が実現、胸が熱い!(でもジョーズは大して活躍しない)
ステーション、もうダメぽ・・・
逃げるドラックスを追うボンド、この後の対決は別アクションとしてランキング済。

無重力で集団浮遊の動画がない・・・
https://www.youtube.com/watch?v=PIHSxLYzc6Q



キズナアイ 1st写真集 AI
KADOKAWA
2018-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ねんどろいど キズナアイ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY)
2018-10-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



キズナアイ 1/7 完成品フィギュア
Tokyo Otaku Mode Inc.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはナッシュです。

ムーンレイカー、初めて映画館で見た007映画なんで思い入れがあったりします。

レーザーガンはオモチャっぽい戦闘シーンでしたが、当時は満足して楽しんでいたなぁ。

強敵だったジョーズが仲間になったんで、安心出来ましたし(笑)。

ロジャーボンドは基本的に楽しく「面白かった〜!」とニコニコして映画館を出ていたなぁ・・・今で言う、中2病だったんですかね(笑)。
ナッシュ
2019/04/30 22:10
どうでしょうね笑
でも007映画をニコニコ楽しむのは健全な若者だと思いますよ笑
私はムーンレイカーは大人になってからのほうが楽しめるようになりましたね。
特撮がやっぱりすごいです。
ジョーズが死ななくてよかった笑
あうち
2019/04/30 22:54
このシークエンス好きです♪
クレイグボンドじゃ観ること無さそうなアクションですねえ…
平成最後の夜に観てる映画は「ダイヤモンドは永遠に」です。
BSーTBSさんブラボー!
綾小路清隆(仮名)
2019/04/30 23:10
あ、そうそうダイヤモンド今やってるんですよね。
平成最後に、これはまた微妙な作品を笑
あうち
2019/04/30 23:13
生前退位が1817年以来というので今更ながらWikiで1817年調べたら、ウォール街の証券取引所が開設された年だったみたいですね。
この年に亡くなった大物歴史人物では、「解体新書」で教科書にも載ってた杉田玄白、女流作家のジェイン、オースティンがいるみたいですね。ちなみに、ジェイン、オースティンの作家生活は後半の1810年代のわずか数年程度だったようです。
綾小路清隆(仮名)
2019/05/06 22:38
「上皇」という存在が今おられる、というのが不思議ですよね笑
後白河上皇とか平家物語の世界みたい・・・
1817年というと明治維新の50年くらい前か・・・
必殺仕事人が悪人を殺しまくってたころですね笑
当時は皇室の存在感が薄かったから、庶民は退位のこととかほとんど知らなそうですね。
ジェイン、オースティンって誰だっけ・・・ あ、嵐が丘か。
あうち
2019/05/06 23:05
「嵐が丘」はエミリー、ブロンテでした。オースティンは「高慢と偏見」の人ですねえ(映画の「嵐が丘」は若い頃のローレンス、オリヴィエが主演、監督にウィリアム、ワイラーというスゴい面々が揃った映画!)「高慢と偏見」は読んだこと無いですねえ…この小説のリメイク?に「高慢と偏見とゾンビ」というゾンビが絡んだ妙な小説があり、しかも映画化されています♪
綾小路清隆(仮名)
2019/05/06 23:21
あ、ブロンテ・・・失礼しました(汗
「高慢と偏見」、絶対に読む気が起きないタイトル笑
ゾンビなんだそりゃー
あうち
2019/05/07 09:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200(36位) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる