【ネタバレ】 映画「冒険者たち」

LES AVENTURIERS (1967)



冒険者たち [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2011-12-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




お宝を探してる時間にバイトでもすれば金たまるよ?

懐かしの名画祭り第2弾、久々のフランス映画「冒険者たち」をお送りします。
原作はガチの犯罪者上がりのジョゼ・ジョヴァンニ。(アラン・ドロンも似たようなものか)
監督はこの映画以外はまったく知らないロベール・アンリコ
フランソワ・ド・ルーベの印象的なテーマ曲がこちら
https://www.youtube.com/watch?v=7Ip6NRMhY58
とくに哀愁を帯びた口笛は日本のドラマ音楽にも影響与えたんではないか

「レティシアのテーマ」のヴォーカル付きバージョンがあったけど
アラン・ドロンが歌ってるんか?
https://www.youtube.com/watch?v=xv7dRSEcLSI

冒険アクション青春映画といったおもむきの本作、やはりハリウッド製にはない独特の味わいがあって忘れがたい映画です。
今回で3回目くらいかな?
また何年かしたら見てみたいですね。

夢を追い続ける1人のオッサンと2人の若者がいた。
オッサンは優秀なメカニックのローランリノ・ヴァンチュラ)、世界最速エンジンの開発を夢見ているが、完成したエンジンは走行テスト中に出火してしまう。(フェラーリだったら日常茶飯事だし、そういうエンジンを平気で売ってるよ? 石田純一フェラーリ炎上事件参照)
彼の親友、世界的ハンサムのマヌーアラン・ドロン)は複葉機のパイロット。
日本企業からの依頼を受け、パリ凱旋門の下を飛び抜けようとするが、これが条例違反でライセンスを取り上げられてしまう。
しかも企業からの依頼というのは真っ赤なウソ、彼をこころよく思わないパイロット仲間がでっち上げた偽の依頼だった。
このヤロー! と怒りのマヌー、だましてくれた仲間をボコボコにするが、「許してマヌー! かわりに金になる情報を教えるから!」
そいつが言うには、アフリカ沖合にお宝を満載した飛行機が沈没してるそうだが・・・ 正確な位置はイマイチわからん。

さらにもう1人、鉄くずを求めてローランの資材置き場に迷いこんできたオブジェ芸術家のレティシア、なかなかかわいい子。
演じるジョアンナ・シムカスは後にシドニー・ポワチエの奥さんになったそうだよ。
レティシアマヌーに惚れるんだろうと思ったら、意外にもオッサンのローランに恋してしまう。
マヌーは彼女に気があるので、。なんとなく三角関係。
そんな中、コンクールに出品したレティシアの鉄くずアートは酷評され、ドヨヨーンと落ちこむ。

このように3人とも挫折を味わうが、こうなったら心機一転、ヨットを手に入れてお宝を探しに行くぞ! という冒険ロマン。
だが現実は厳しい。
怪しい男の協力でお宝は発見したものの、横取りを企む悪党一味に狙われる。
銃撃戦となり、流れ弾に当たったレティシアは死亡。
「海底2万マイル」のように遺体に潜水服をつけて、海底に葬るのであった。

お宝を大金に替え、ローランマヌーレティシアの故郷の村を訪ねる。
彼女は両親を早くに亡くしており、残された弟(甥っ子?)に分け前を渡す2人。
村の沖合には大戦時に使用された要塞島が廃墟のまま残っており、ここを海上ホテルに改装するのがレティシアの夢だった。(この要塞がカッコいい! ロケ地はラロシェルから往復2時間半のボワイヤール要塞)
その遺志を引き継ぎ、大金を元手に計画を進めるローラン
島には拳銃やサブマシンガン、手榴弾などもドッサリ残されている・・・

そこへお宝を狙う悪党一味が再び登場。
廃墟の島で銃撃戦、今度はマヌーがやられた!
悪党を1人残さず片づけ、ローランは親友の最期を看取る。
レティシアはお前が好きだったんじゃー」と嘘をつくローラン
お宝はゲットしても、2人の仲間というかけがえのない宝を失ってしまったのでした。

ドロンの死亡率けっこう高いな・・・
当ブログで取り上げたドロン出演9作品のうち、死亡ENDが6作、逮捕されて人生おしまいENDが2作・・・
無事にラストを迎えたのは「エアポート'80」だけか笑
次のドロン映画は「仁義」「山猫」などを予定しておりますが、最後はどうなるやら楽しみ。


アラン・ドロン出演作のネタバレ
「太陽がいっぱい」
http://puripuriouch.at.webry.info/201412/article_3.html
「サムライ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201701/article_5.html
「地下室のメロディー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201803/article_24.html
「暗黒街のふたり」
https://puripuriouch.at.webry.info/201901/article_17.html
「世にも怪奇な物語」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_12.html
「ビッグ・ガン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_22.html
「レッド・サン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_2.html
「エアポート'80」
http://puripuriouch.at.webry.info/201508/article_5.html






けいおん! 秋山澪 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
Max Factory
2011-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2019年04月15日 19:28
こんばんは。

>ドロンの死亡率けっこう高いな・・・

そう思いますでもハリウッド映画のようにハッピーエンドよりいいかなと思う事もあります

>遺体に潜水服をつけて、海底に葬る

悲しさ倍増です

>日本はよくこれだけの空母を作りましたよねー

低賃金の僕が、なけなしの金を叩いて車を買った時のようです

>この結果はこれでよかったのかもしれません。

負けるが勝ちと言う事もあります
あうち
2019年04月15日 20:56
私もハッピーエンドよりバッドエンドが好きです!
あ、そういえば「死刑台エレベーター」見ました!
主人公が運悪すぎて笑ってしまうような笑
いずれサスペンス特集で取り上げまーす

車を買えるだけ上級市民ですよー
私は一生車を持つことなく終わりそうです(泣
綾小路清隆(仮名)
2019年04月15日 23:54
大分前に冒険映画特集でBSテレ東でやってたけど見忘れた映画でした。
二本立て放送してて、もう一本が「宝島」だったような…
「宇宙戦争」(50年代映画の方)のバイロン、ハスキン監督の代表作であり、小学生の時に親父が水野晴男映画セレクションで激安DVDで買ってきてたけどほとんど観ることなかった映画だったような…
あうち
2019年04月16日 10:58
宝島の映画版があるとは初めて知りましたね!
アニメ版は有名ですけどね・・・(見てはないですが)
原作小説は子供のころワクワクしながら読みました。
今読んだらどうだろ・・・
宇宙戦争はスピルバーグ版が好きかなあ。
蟷螂の斧
2019年04月16日 17:47
この映画の日本版と言われてのが「黄金のパートナー」らしいのですが、まだ未見です

>「死刑台エレベーター」

犯人が予想もつかない不運に

>ジョアンナ・シムカス

ご主人のシドニー・ポワチエはまだ健在なんですね。92歳。
「野のユリ」が良かったです
あうち
2019年04月16日 20:40
黄金のパートナーという映画は初めて知りました!
調べたら三浦友和人気絶頂期の作品ですね。
ストーリーは確かに冒険者のパクリっぽい・・・

シドニー・ポワチエは夜の大捜査線の人ですね。
あ、野の百合で黒人初のアカデミーとったですか。
チェックしておきましょう。
蟷螂の斧
2019年04月17日 16:46
>三浦友和人気絶頂期

僕が子供の頃。若い女性達の評価。三浦友和派と草刈正雄派に分かれていた記憶があります
今でも二人は現役の役者として活躍してます。素晴らしい

>夜の大捜査線

アメリカ南部が舞台だけど、実施は中西部で撮ったとか
あうち
2019年04月17日 21:13
私はそのころ小学生でしたからねー。
女子に人気があったのは西城秀樹とか?

中西部も人種差別酷そうだから問題ないのかもしれません。
でも南部は独特の雰囲気がわりと好き。
蟷螂の斧
2019年04月18日 21:25
>女子に人気があったのは西城秀樹とか?

歌手ならば、そうでしょうね。

>南部は独特の雰囲気がわりと好き。

南部を舞台にした映画と言えば・・・
今ウィキで調べたら、「イージー・ライダー」?「メジャーリーグ3」?
あうち
2019年04月18日 21:47
そこはやっぱり・・・死ぬのは奴らだ
あとは見てないけどミシシッピーバーニング?
欲望という名の電車とか?
蟷螂の斧
2019年04月19日 22:07
>欲望という名の電車

あの映画いいですね。
ヴィヴィアン・リーは、やっぱり大女優です
キム・ハンターが妹役

>死ぬのは奴らだ

フロリダ州ですね
あうち
2019年04月19日 23:14
死ぬのは奴らだ、原作ではフロリダだけど映画ではルイジアナではないでしょうか。
「ルイジアナ州のペッパー保安官」ってさんざん言ってますし笑

欲望という名の電車はこんどTVでやったら録画します!
蟷螂の斧
2019年04月20日 18:29
ありゃりゃ・・・ルイジアナでしたか

>ペッパー保安官

クリフトン・ジェームズ。先日見た映画「ウィル・ペニー」に交易所の主人役で出演していました2年前に96歳の天寿を全うしました。

>欲望という名の電車

マーロン・ブランドも好演しかし・・・
あうち
2019年04月20日 20:41
おや「ウィル・ペニー」のような名画にも出てたんですか。
「大陸横断超特急」ではペッパー保安官そのままの役で出てきた笑えました・・・

おやマーロンどうしたのか、それは見てのお楽しみですか

この記事へのトラックバック