【ネタバレ】 映画「ミニミニ大作戦(1969年)」

THE ITALIAN JOB (1969)



ミニミニ大作戦 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ジャパン
2006-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




街の遊撃手ミニがチマチマ走るチビチビマシン猛レース

令和最初の洋画祭り第1弾!
カルト人気のカーチェイス映画「ミニミニ大作戦」古い方をお送りします。
TVは新しい方しか放送してくれないので、やむをえず久々にブックオフで中古DVD買いました。(安売り)
新しい方はミニがBMW製のやつだからイヤ!
あれ、ミニじゃなくて「デカ」ですよね笑(でも車自体はいい車らしい、まあBMWだし)

監督は他に「そして誰もいなくなった」くらいしか知らないピーター・コリンソン
おしゃれな音楽はクインシー・ジョーンズ
原題は「イタリアン・ジョブ(イタリアん仕事)」ですが、邦題の「ミニミニ大作戦」がオシャレでかわいくてイイ!
これが最近のセンスのない配給会社がやるように、原題そのまま「イタリアン・ジョブ」だったら誰も見に行かないでしょう。

さてオープニングですが、スイスの峠を走るランボルギーニ・ミウラに胸が熱くなる!
スーパーカー世代だから!
東京晴海のスーパーカー・ショーで1度だけ本物を見たよ!
このミウラという車、交差点でいったん止まって、青になって発信する時、エンジンをふかす音が次の交差点まで響くんだって笑
そんなミウラが、いきなりトンネル内でスクラップにされたウギャー!
ミニチュアとかでなく本物のミウラが潰された・・・
ショックのあまり、この後のストーリーに集中できません。
もちろん運転手は死亡、すべてはイタリアン・マフィアの仕業だった。(でもイタリア人はイタリアの誇りミウラを潰したりしないよ)

おしゃれなオープニング主題歌は「ロシアより愛をこめて」「慕情」「野生のエルザ」など、名曲を多数レパートリーにもつマット・モンロー
https://www.youtube.com/watch?v=cgJuVOrXv68

刑期を終えて出所してくるプロの泥棒チャーリーマイケル・ケイン)が主人公。
日本語吹き替えでは見たことないんだけど、彼の音声は自動的に広川太一郎さんで脳内再生されます。
先だって死亡した仲間の泥棒(ミウラの運転手)が彼に、メッセージを残していた。
生前にプランを練っていた、イタリアの銀行から莫大な金塊を奪う大仕事・・・ これをチャーリーに引き継いでほしいんじゃー。

あまりにスケールの大きい計画のため、チャーリーは刑務所内に君臨する悪の帝王ブリッジャーノエル・カワード)にスポンサーになってもらおうと接近。
当初はチャーリーをウザがって制裁しようとしたブリッジャ-だが、イタリアにひと泡吹かせられると聞いて協力することに。
いろいろな分野のプロ、ドライバー、コンピューターに詳しい変態教授など、メンバーがチャーリーのもとに集まってくる。

だがイタリア入国の時点でマフィアに阻止され、計画は前途多難。
ここでアストンマーチンやジャガーEタイプも潰されるが、ミウラのショックに比べれば・・・
それでも計画は着々と進み、交通局のコンピューター・プログラムを入れ替え、監視カメラを妨害装置で不能にして、史上空前の大渋滞を発生させる。(でもイタリアの都市って、いつもこんなんじゃない?)

金塊を輸送するトラックを襲撃、それを3台のミニ・クーパーに積みこんで歩道や地下街を逃走!
追ってくるのはイタリア警察のアルファロメオ、これも「醜いジュリア」と呼ばれる名車ジュリア・スーパーですね。
ここはカーチェイス史上に残る名場面。
結婚式に乱入するところなんか、007映画にも影響与えてますね。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=AI1lZq3S6HM

いいなあ、ミニ・クーパー・・・
ちなみに「クーパー」はレース仕様のミニで、すべてのミニが「クーパー」なわけではありません。
実際のミニは海辺を走っただけで(潮風を浴びただけで)エンジンが止まってしまう、ヤワな車らしいです・・・

ところで「青きドナウ」の演奏に合わせてミニとアルファがワルツを踊る?というCMのようなシーンがあったのに、脚本家が激怒してカットされたらしい。(そんなことでいちいち怒る脚本家もカルシウムが不足してるな)
これなんだけど
https://www.youtube.com/watch?v=wFDiYvqyecg

で、無事に逃げ切ったミニ、金塊をバスに積み替えてトンズラ。
計画成功、バンジャーイ と思ったら・・・
峠の急カーブで金塊がズレたせいで重心が移動、バスが半分崖から飛び出したまま、かろうじてバランスを保っている・・・
後部に固まってる金塊を取りに行こうとすれば、バランスが崩れて転落・・・
どうする、どうする・・・ というところで終わってしまう、お茶目なEND。
これなんだけど
https://www.youtube.com/watch?v=HZCaSyid4m0

うーん、おもしろいんだけどミウラのショックが最後まで尾を引いてる・・・
今思いついたけど、冒頭で3台のミニを潰して、クライマックスは1台のミウラに金塊を積んで逃走する「ミウラミウラ大作戦」でもよかったね?(ミウラのどこに金塊を積むんじゃー)

マイケル・ケイン出演作のネタバレ
「鷲は舞いおりた」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_22.html
「勝利への脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html
「殺しのドレス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_1.html
「遠すぎた橋」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html
「王になろうとした男」
https://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_14.html
「トゥモロー・ワールド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_4.html
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_11.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ
2019年05月05日 00:11
こんにちはナッシュです。

この映画大好きです(  ̄▽ ̄)
この頃は不法投棄なんて言葉も無かったのか?ボンボン車を壊して捨ててましたよね。

最初のミウラ破壊は衝撃的でしたねぇ・・・大好きな車なんですよ、ミウラ。

ボブ ウォレスがミウラをレース用にカスタムしたイオタがお気に入りです。

散々カスタムして、最後は金持ちに生産証明出して売っちゃったみたいですけど。

ミウラベースは止めて、完成形はカウンタックだったようですけど。

ああ、ミニミニ大作戦でしたね。

カースタント、CGを使わず、テクニックだけでここまでやれるんだ!と、CG嫌いな私に再認識させてくれました。

デブ専の博士も笑わせてくれましたし、渋滞の中、フィアット500の屋根に腰掛け、新聞を読みながらクラクションを足で鳴らしてる男性とかも(笑)。
あうち
2019年05月05日 11:17
そうなんですよね、ミウラもったいなさすぎる・・・
スカイフォールでのDB5潰しはミニチュアだったと判明しましたが笑

イオタありましたねえ、というか京商の1/43ミニカーもってます。
最終のイオタはカウンタックだったんですか?
イメージ変わりすぎ・・・

CGのアクションは私も嫌いです・・・
ま、さすがにカーチェイスまでCGでやるような映画はそんなにないと信じたい。
フィアット500の人、気づきませんでしたね笑
イタリアでは日常茶飯事なんでしょうね笑

この記事へのトラックバック