【ネタバレ】 映画「ミッション:インポッシブル」

MISSION: IMPOSSIBLE (1996)







おはよう、フェルプス君。このトムは自動的にニヤケる

5月なのに暑くて死にそう。
ニヤケてんじゃねーよトム・クルーズ祭り第2弾!
管理人は007シリーズは子供の頃から大好きでしたが、そのブームによって派生したパチモン作品群、すなわち「ナポレオン・ソロ」「アイ・スパイ」「スパイ大作戦」などなどには大して興味が湧きませんでした。(でもイタリア映画の「077」シリーズだけはガッカリするのは承知で見てみたい・・・ とくにダニエラ・ビアンキが出演する「レディー・チャップリン」

そんなパチモンの中で「スパイ大作戦」だけは、アクションよりもトリックの面白さで見せる集団劇ということで、独自の個性がありましたな。
「このテープは自動的に消滅する」というセリフも大流行しましたね。
でもワンパターンだから3回くらい見たら飽きちゃったけどね・・・
(ところで昔は「アイフル大作戦」とか「サイボーグ大作戦」とか、タイトルに「大作戦」がつく番組が多かったですよね)

ま、そんなわけでトムクル主演で「スパイ大作戦」がよみがえった!
という話を聞いてもフーンという感じで、ハナクソほじほじ
つい最近、有名作品だし一応押さえておくか、ということで初めて見ました。
おもしろかったですけどね、当然ながら007に感じるような愛情はぜんぜん感じないよ・・・ これから続編も見るけどね。ま、おいおいと。

冒頭、機内で指令を受けるフェルプス君(ジョン・ヴォイト)。
「なお、このビデオは自動的に消滅する」
あ、やっぱりちょっと懐かしいな・・・ ちょっとワクワクするな・・・
ちなみに本作はトムクル自身がプロデューサー。
監督はヒッチコックの後継者」という評価も昔はあったブライアン・デ・パルマ

ラロ・シフリンのテーマ曲もよみがえった!(全体の音楽はダニー・エルフマン
https://www.youtube.com/watch?v=PeKW0stTThk

昔と同じく、ファイルから1人1人メンバーを選んでいくフェルプス
イーサン・ハントトム・クルーズ)も最初はチームの一員だったのな。
今回の任務は「アメリカ大使館の金庫からCIAのリストを盗み出す」というものだが、衝撃の展開!
仲間がフェルプスを含め、次々と殺されていく!(ああTVシリーズ・・・)

ただ1人生き残ったイーサンはCIAの男と接触。
男が言うには、「あのリストは敵をおびきよせるためのニセモノ。今回の任務は、組織の中の裏切り者を炙り出すのが目的。ただ1人生き残ったイーサン、お前が裏切り者だということだ」
身に覚えのない裏切りの烙印を押され、イーサンは逃走。
ここからはもう「スパイ大作戦」ではなく、ふつうのスパイ・アクションだ。

フェルプスの美しい妻(エマニュエル・ベアール)と合流したイーサン、なんとしても真の裏切り者を見つけ出してやる!
2人の協力者(そのうち1人はジャン・レノ)を雇い、ラングレーのCIA本部から本物のリストを盗み出してやる!
ちょー警戒厳重な部屋にエアーダクトを通って侵入するという、ちょー古典的な手法でアタック。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=k-oVuQpjG3s
https://www.youtube.com/watch?v=ar0xLps7WSY

この本物リストを使って、もともとリストを狙っていた裏社会の大物と取引。
彼(実は彼女だった)なら、裏切り者の正体を知っているはず、それをリストと引きかえに教えてもらうのだ。
が、CIAもイーサンの母(カーサン・ハント)と叔父(オジサン・ハント)を不法逮捕、圧力をかけてくる。
さらに死んだはずのフェルプスとバッタリ再会してしまうイーサン
これはもうフェルプスが黒幕で裏切り者確定だ・・・

フランスが誇る高速鉄道TGV、その車内にて取引に臨むイーサン。(リストは渡すが、妨害電波で送信できないよう細工がしてある)
裏切り者はもちろんフェルプスだが、案の定その妻もグルだった。
フェルプスに変装して妻にいっぱい食わせるシーンは、本作では数少ない「スパイ大作戦」のエッセンスを感じるところ。(妻は本物フェルプスに殺される)
いよいよフェルプスと一騎打ち(新旧主人公の対決!)、だがヘリコプターでジャン・レノが追ってくる。
こいつも敵やった・・・ トンネル内での高速鉄道とヘリのチェイスはCG丸見えで、ちょっと興ざめ。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=4WaXuRWGrvw

それにしても旧作では主人公のフェルプスを非道な極悪人に仕立て上げ、悲惨な最期で葬り去るとは・・・
旧作の出演者が不満を示したののも無理はない。
トムクル、実は「スパイ大作戦」にあまり愛情がないのでは・・・
本当にやりたかったのは「007」なんじゃないの?
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」に出演したトムの満面の笑顔を見るに、やっぱり007が好きなんだろうなー。

こうして事件は解決、リストも取り戻したしイーサンの無実も証明されたし。
彼としては引退するつもりだったが、例の指令が・・・
「おはようハント君、なお、このビデオは自動的に消滅する」
おもしろかったけど、やっぱり「007の亜流」という印象はぬぐえない。
ぬぐえないんんだよ・・・


ブライアン・デ・パルマ監督作品ネタバレ
「キャリー (1976年)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_16.html
「殺しのドレス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_1.html
「アンタッチャブル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201711/article_8.html
「ファム・ファタール」
https://puripuriouch.at.webry.info/201803/article_21.html
「ミッション・トゥ・マーズ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_6.html

トム・クルーズ出演作品のネタバレ
「トップガン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_16.html
「マイノリティー・リポート」
http://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_16.html
「宇宙戦争」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_13.html
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201803/article_7.html
「アイズ ワイド シャット」
https://puripuriouch.at.webry.info/201807/article_12.html
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_11.html

ジョン・ヴォイト出演作のネタバレ
「オデッサ・ファイル」
https://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_4.html
「暴走機関車」
https://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_10.html
「ヒート」
https://puripuriouch.at.webry.info/201806/article_8.html
「エネミー・オブ・アメリカ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201809/article_1.html

ジャン・レノ出演作品のネタバレ
「ニキータ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_15.html
「レオン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_16.html
「ダ・ヴィンチ・コード」
https://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_2.html
「RONIN」
https://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_12.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年05月26日 01:07
確かにこの映画、面白かったけど新作が公開されるたびにちょっと地味な感じになりますねえ…
このシリーズ、全部に出演してるのがトムと黒人俳優のヴィング、レイムスだけなんですね。
このシリーズは一応3までは観ましたが、チョイ酷評され気味な2の方が好きですわ♪ジョン、ウーの映画ってのもあるけど…
ナッシュ
2019年05月26日 08:07
おはようあうち君、このコメントはいつもうろ覚えな知識で書いている(爆)。

こんにちはナッシュです。
この作品、シュワルツェネッガーのイレイザーと同じ脚本みたいで、どちらを先に見たか忘れましたがデジャブ感満載で話が進んで行きました(汗)。

このシリーズ「ローグネーション」までしか見てないけど、いつも身内に裏切り者がいますね。

あうちさんの言うとおり、トムは007をやりたかったんでしょうね。とてもイギリス人には見えないヤンキー顔だったから諦めてMIシリーズ始めたのかしら?。

ダニエルボンドに変わってからは、こちらの方が007(映画)みたいだなぁ!(笑)と。
あうち
2019年05月26日 11:04
>綾小路さん

2の頭だけちょっと見ましたがロッククライミングすごい迫力ですね。
ジョンウーか・・・
3までは録画済なので、いずれまた。

そういえば6/3深夜から6/4までブログ会社のリニューアルでコメント投稿できないらしいので、よろしくお願いします。
あうち
2019年05月26日 11:08
>ナッシュさん

ひーナッシュさんから指令が!笑
イレイザーよりはこっちのが先じゃないですかねー、確認してませんが。

トムは背が低いのもボンドに選ばれなかった理由かも。
174センチくらい?でしたっけ

ほうダニエルボンドより面白いですか。
3まではとりあえず見て、後はまた考えます・・・

そういえば6/3深夜から6/4までブログ会社のリニューアルでコメント投稿できないらしいので、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック