【ネタバレ】 映画「バニラ・スカイ」

VANILLA SKY (2001)



バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ジャパン
2006-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




P・K・ディックのパクリ・・・ 冷凍保存されてトム狂うず

5月なのに暑くて死にそう。
ニヤケないでよトム・クルーズ祭り第3弾!
話題作「バニラ・スカイ」を予備知識一切なしで見たよ!
見てから半年くらいたってしもたので、記憶や印象がだいぶセピア色に・・・
監督は「初体験/リッジモント・ハイ」キャメロン・クロウ

デイヴィッドトム・クルーズ)は父の会社を継いで、お金持ちでプレイボーイ。
キャメロン・ディアスという恋人もいるのに、パーティーで知り合ったペネロペ・クルスにも手を出すという贅沢ぶり。
ペネロペかわいいという評判で、たしかにかわいいですが、画像で見るとオバサンなんだよな・・・
これは三角関係ラブストーリーなのか?(タイトルはラブストーリーっぽいが・・・)

突然、キャメロンが狂った!
「他の女にアンタを取られるくらいなら、このまま2人で心中や!」
デイヴィッドを車に乗せ、猛スピードで暴走、これは怖い!
そうか、「危険な情事」みたいな映画なんだな?
クラーッシュ! キャメロン死亡、デイヴィッドは顔に大火傷。

醜い顔面を隠すため、白い謎マスクを装着するデイヴィッド・・・ まるっきり「犬神家の一族」ですよ!
この後はミステリー展開なのか?
ギャラの一番高い人が犯人なのか?
マスクを外した顔は、ちょっと怖い顔・・・ 
会社は乗っ取られるし、さすがのトム・クルーズもニヤケてる余裕はない。(ザマーミロ!)

***** しおり *****

が、ペネロペデイヴィッドを見捨てなかった!
外見で人を判断しない、いい子やペネロペ・・・
整形手術も成功して、デイヴィッドは本来のニヤケ顔に戻った!(チッ・・・)
新しい恋人ペネロペとの幸せな生活が始まりんこ。
だが、だが・・・ やがて襲いくる悪夢。

ふと鏡を見ると、デイヴィッドの顔が・・・ 整形手術前の醜い顔に戻ってる!(という幻覚)
そしてベッドに寝ていたのは、ペネロペではなくキャメロン・ディアス
これは悪夢なのか幻なのか?
そうか、この映画はサイコ・サスペンスだったんですね・・・
ムキーッとなってデイヴィッドキャメロンを殺してしまう・・・ 殺されたのは、やっぱりペネロペだった・・・ デイヴィッドは殺人罪でタイーホ。
やはり殺人事件が起きたし、犯人は一番ギャラの高いトムクルだった。

というような経緯を、デイヴィッドは逮捕後に精神科医のマッケイブカート・ラッセル)に語るのであった。
トムカート・ラッセルの共演は初めて?
カギを握る人物かと思われたマッケイブだが、何も握ってなかった。
そして最後に明かされる衝撃の真実・・・

デイヴィッドと面会したLE社の男は告げる。
「あなたは死後、LE社の技術によって冷凍保存されており、ここはあなたが見ている夢の世界なのです。あなたの良心の呵責もろもろの精神的理由により世界が崩れかかっており(それが幻覚を見た理由)、私はそれを調整しに参りました。調整が済んだら、このまま夢の世界で暮らしても構いませんが、解凍して現実の世界に戻ることもできますよ。現実世界では、あなたの死後150年が過ぎています」

どひゃーSFだった!
しかもモロにP・K・ディック「ユービック」・・・
1、主人公が死後(というか死の寸前)に冷凍保存され、その冬眠状態で見た夢の世界が物語の舞台(現実世界から夢の世界へと移行するポイントは読者に伏せられる)
2、その世界の崩壊が始まり、悪夢へと変わる
3、現実世界から救済者がやってきて、主人公に決断を迫る
という点が完全に「ユービック」からマルッといただいてます。
そもそも本作はスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」のリメイクらしいので、ということはスペイン人がパクッたんだな。

物語のどの段階から夢だったかというと、「***** しおり *****」の後から。
会社を乗っ取られ、親友ともケンカして、ペネロペにも顔が醜いので見捨てられ(外見で人を判断するクソビッチ!)・・・ LE社と契約した後、自殺したらしい。
150年後の技術で顔も元通りになるし、それじゃー現実へ戻るべー
と、デイヴィッドはビルの屋上からダイブするのだった。

途中までは面白いんだけど、SF部分はやはりディックのような深みはない。
SF要素抜きで作れなかったものか。
いつもなら予備知識なしで映画を見てSFだったらうれしいものなんだけど(怪獣が出てくると、なおうれしい)、今回ばかりはガッカリです。
あ、そういえばトムディック原作の「マイノリティー・リポート」でも主演してたな。


トム・クルーズ出演作品のネタバレ
「トップガン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_16.html
「ミッション:インポッシブル」
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_17.html
「マイノリティー・リポート」
http://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_16.html
「宇宙戦争」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_13.html
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201803/article_7.html
「アイズ ワイド シャット」
https://puripuriouch.at.webry.info/201807/article_12.html
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_11.html

カート・ラッセル出演作品のネタバレ
「ユーズド・カー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201709/article_7.html
「ニューヨーク1997」
http://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_7.html
「遊星からの物体X」
http://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_7.html
「バックドラフト」
http://puripuriouch.at.webry.info/201709/article_6.html
「ゴーストハンターズ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_2.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年05月30日 00:02
キャメロン、ディアスの映画のおすすめは、初めて観たキャメロン、ディアス映画の「チャーリーズエンジェル」と、ジム、キャリーと共に出世する事になった「マスク」ですね。
「マスク」はほぼジム、キャリーのハイテンションにキャメロン、ディアスが付き合わされてる?感があったけど楽しい映画でしたね。
「チャーリーズエンジェル」では、本格派のアクションシーンに挑んでました。一部、「ミッションインポッシブル」っぽい場面もあるけど、
ドリュー、バリモアとルーシー、リューら3人の掛け合いも楽しい映画でした。こんな傑作を撮ったマックG監督は後に「ターミネーター4」という大爆死作を撮ってキャリアがパアに…
綾小路清隆(仮名)
2019年05月30日 00:15
「マイノリティ、リポート」は元々スピルバーグではなく、「ツイスター」等のヤン、デ、ボン監督がメガホンの予定だった(スピルバーグとそういう約束まで取り付けてたらしい…)が…
ヤン、デ、ボンの自信満々の映画だった「ホーンティング」が微妙な興業成績だったり、「スピード2」も微妙な興業成績だったりしてスピルバーグから約束を反故にされたらしいです…
その代わりにメガホン撮ったアンジェリーナ、ジョリーの「トゥームレイダー2」もやはり微妙な興業成績…結局、「トゥームレイダー」は10年以上続編が製作されずになる結果になるんですな…(プロデューサー陣には「バイオハザード」シリーズの対抗馬になるシリーズ映画の可能性を確信してたとか…)
あうち
2019年05月30日 09:33
あ、マスクは見たい! 放送待ちですね。
長いこと勘違いしてたのですが、昔の映画で、顔がライオンマスクのようになってしまった奇病の少年が強く生きていく実話(これもマスクみたいなタイトルだった)と混同してましたwww

チャーリーズエンジェルは子供のころTV版が放送してましたが、夜10時からと遅い時間だったので親が見せてくれませんでした笑(ファラフォーセットが出てたので見たかった!)
映画はおもしろいんですか、今度やったら見てみよ。

ホーンティングというとアレが原作の映画ですね。
ダメ監督によって映画化されてしまったですか。
「トゥームレイダー」は見てませんが、ゲーム原作にはどうも興味湧きません。
といいいつつバイオハザードとサイレントヒルだけは見てますが。
あうち
2019年05月30日 09:36
今確認したら、奇病の映画もマスクというタイトルでした。(1984年製作)
ライオン病という病気だそうです。

この記事へのトラックバック